News

【学校訪問】武蔵越生が実践する「4種類のキャッチボール」! 送球ミスが激減し「悪送球で負けたことがない」

2023.12.07


埼玉県にある武蔵越生(むさしおごせ)高校。ここでは、他の高校ではやらないような練習を取り組んでいる。4種類の投げ方で行うキャッチボールである。
ただ単に相手の胸に投げるキャッチボールとは違い、さまざまな角度から投げたり、身体のリズムを使いキャッチボールを行うのだ。
いろいろな角度から投げることによって指先の感覚が身に付き、試合中の難しい場面でのプレーの際にも、このキャッチボールを行うことによって、指先の感覚が養われているため積極的にアウトが取れるようになる。

泉名 智紀監督は語る。
「全部で4種類のキャッチボールを行っているんですが、キャッチボールというのは基本的に身体の使い方なので、右投げ右打ち・左投げ左打ちの選手はどうしても体の軸がブレてしまいます。そこで投げてしまうと感覚がズレてしまうので体全体を使って投げることを覚えるためにやっています。
この練習を取り入れてから悪送球で負けたことがないのですね。試合中ピンチの場面などで練習もしたことのない角度から投げる場面っていうのはありますが、このキャッチボールを取り入れてからしっかりとアウトにできるところに投げれるため非常に良い練習だと思います」

武蔵越生は主将の谷澤 裕太内野手を中心に守備でのリズムを作り、攻撃に持っていくチーム。選手一人ひとりの高い送球スキルで勝利を引き寄せる。

一冬越えて武蔵越生はどこまで成長できるのか、来年の春の大会での活躍を期待したい。

この記事の執筆者: 鎌田 光津希

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.24

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.23

【春の千葉一次予選展望】木更津総合、拓大紅陵ら強豪校も登場!全8ブロックの注目カードを一挙紹介!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!