News

【学校訪問】武蔵越生が実践する「4種類のキャッチボール」! 送球ミスが激減し「悪送球で負けたことがない」

2023.12.07


埼玉県にある武蔵越生(むさしおごせ)高校。ここでは、他の高校ではやらないような練習を取り組んでいる。4種類の投げ方で行うキャッチボールである。
ただ単に相手の胸に投げるキャッチボールとは違い、さまざまな角度から投げたり、身体のリズムを使いキャッチボールを行うのだ。
いろいろな角度から投げることによって指先の感覚が身に付き、試合中の難しい場面でのプレーの際にも、このキャッチボールを行うことによって、指先の感覚が養われているため積極的にアウトが取れるようになる。

泉名 智紀監督は語る。
「全部で4種類のキャッチボールを行っているんですが、キャッチボールというのは基本的に身体の使い方なので、右投げ右打ち・左投げ左打ちの選手はどうしても体の軸がブレてしまいます。そこで投げてしまうと感覚がズレてしまうので体全体を使って投げることを覚えるためにやっています。
この練習を取り入れてから悪送球で負けたことがないのですね。試合中ピンチの場面などで練習もしたことのない角度から投げる場面っていうのはありますが、このキャッチボールを取り入れてからしっかりとアウトにできるところに投げれるため非常に良い練習だと思います」

武蔵越生は主将の谷澤 裕太内野手を中心に守備でのリズムを作り、攻撃に持っていくチーム。選手一人ひとりの高い送球スキルで勝利を引き寄せる。

一冬越えて武蔵越生はどこまで成長できるのか、来年の春の大会での活躍を期待したい。

この記事の執筆者: 鎌田 光津希

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.12

【茨城】明秀日立、霞ヶ浦などが県大会進出<春季県大会地区予選>

2024.04.12

【青森】春季の4ブロック大会の組み合わせが決まる

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?