News

躍進の徳島インディゴソックス シーズン報告会で感謝を贈る!

2023.11.07


10月26日(木)に行われた「2023年プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」において11年連続、かつ創設19年目となる独立リーグ・四国アイランドリーグplus史上初となる1チーム6人(支配下指名3人・育成指名3人)が指名を受けるなど躍進著しい徳島インディゴソックスが、11月6日(月)徳島県徳島市のJRホテルクレメント徳島にて「2023シーズン報告会」を開催した。改めて徳島ISからの指名選手を紹介しよう。

阪神タイガース2巡目指名・椎葉 剛(島原中央~ミキハウス・投手)
埼玉西武ライオンズ5巡目指名・宮澤 太成(長野~北海道大・投手)
横浜DeNAベイスターズ6巡目指名・井上 絢登(久留米商~福岡大・三塁手兼外野手)
埼玉西武ライオンズ育成1巡目指名・シンクレアジョゼフ 孝ノ助(ジョンオリバー高~コチス短大~メアリー大・投手)
埼玉西武ライオンズ育成2巡目指名・谷口 朝陽(広陵・内野手)
福岡ソフトバンクホークス育成7巡目指名・藤田 淳平(川島~東亜大)

報告会には、上記6名を含む徳島ISの選手たちや、岡本 哲司監督、橋本 球史コーチら球団首脳陣が出席。100名を超える盛況となったスポンサー、ファンの皆さんと和やかに語り合いながら一年間の感謝の想いを贈った。
会の最後には増田 将馬(徳島商~中部学院大<中退>~ジェイプロジェクト)が主将としてあいさつ。改めて関係各所への感謝を述べるとともに「このユニフォームをみんなで着るのは最後になるので、目に焼き付けてほしい」と万感の想いで最後を締めた。
これで徳島インディゴソックスは2023年の主たる公式行事は終了。今後球団はドラフト指名6選手をNPBの大海原へ送り出す準備をサポートしつつ、今年唯一成し遂げられなかった独立リーグ日本一と、12年連続ドラフト指名へ向け2024シーズンへの準備に入っていく。
取材・文=寺下 友徳
24年シーズンの新入団選手情報はこちら

この記事の執筆者: 寺下 友徳

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード