News

小倉全由U-18代表新監督を直撃! 「日本の高校野球のすばらしさを世界に伝える、そして勝つ!」

2023.12.04


日本高校野球連盟は1日、来年のU-18高校日本代表に今年の3月に日大三の監督を勇退した小倉 全由氏が就任することを発表した。
小倉氏は24歳という若さから監督としてのキャリアをスタート。関東一では1985年の夏の甲子園ベスト8、1987年の選抜では準優勝に導く成績を残した。1997年には母校の日大三の監督に就任すると、2001年には初の夏の全国制覇を達成し、2010年選抜では自身2度目の準優勝。翌年11年の夏には自身2度目の夏の甲子園を優勝するなど高校球界を代表する名将である。

そんな小倉氏に日本代表監督しての抱負を聞いた。
「前に大谷選手とか藤浪選手がいた豪華なメンバーのときに監督をやらしていただいていたんですけど、あの時、勝てなかったし、思うような試合ができなかったので当時を知っていた連盟の方に『前回悔しい思いをした小倉さん、もう一度U-18の監督をどうですか』っていうことで、あの時の試合というのは鮮明に覚えていますのでチャンスといいますか、それで引き受けました」

馬淵前監督はU-18を初の世界一に導いたが、プレッシャーは感じているのだろうか。
「自分はどっちかというと、関東一もまだこれからで、日大三も低迷したのを引き継いだので、1番いいとこから引き受けるって初めてなんですよね。でも馬淵さんが世界一になってくれたんで、もう一度世界一を目指します。その中で日本の野球の素晴らしさであったり、マナー、フェアプレーなど日本の野球はこうなんだっていうのを世界に伝えたいというか、見せつけたい。それで日本の高校野球の素晴らしさを改めて日本中の人たちにも伝え、高校野球っていいなと思われるような野球をやりたいですね」

目指すチーム像はどのようなものなのだろうか。
「それは、負けないチームですよ。その中でまずは投手ですね。自分の場合は日大三のイメージが強いので強打強打と言われますが、守備ももちろんやりますしバントもやります。ただ打つだけの野球ではなかったですからね。だから自分は長打もあり、小技もあるチームを作っていきます」

新生・小倉ジャパンの奮闘に期待したい。

この記事の執筆者: 鎌田 光津希

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.19

【福岡】福岡大大濠-福岡、西日本短大附-祐誠、東筑-折尾愛真など好カード<春季地区大会>

2024.04.19

【春季千葉大会展望】近年の千葉をリードする専大松戸、木更津総合が同ブロックに! 注目ブロック、キーマンを徹底紹介

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード