Column

初戦でコールド負け寸前からの日本一! 星稜が本命不在の大会で見せた「成長力」<明治神宮大会総括>

2023.11.23


佐宗翼(星稜)

絶対的な優勝候補が不在の神宮大会は、予想以上に波乱含みだった。
2年連続で優勝の大阪桐蔭、準優勝の広陵が軸になるとしながらも、両校を優勝候補に推す声は例年に比べて力強さを欠いていた。

「こりゃ、コールドかもしれんな」
12月並みの冬風が吹く11月15日、神宮大会初日の第2試合。星稜広陵の1回戦は、名門対決ながら一方的な展開になるかと思われた。先攻の広陵は初回、先頭打者・濱本遥大外野手が初球を振り抜いた左翼へのライナーは捕球ミスを誘い、二番・田村夏芽外野手のバントの構えからの遊撃ゴロは野選となる。続く三番・土居湊大内野手は投球がすっぽ抜ける死球で無死満塁。

星稜ベンチは伝令を送ったものの、流れは止められない。4番・只石貫太捕手は初球のストレートをフルスイングし、打球は弾丸ライナーで左翼を越えていった。走者一掃の二塁打で、早くも3点を先制。星稜は、打者を抑えながら一つのアウトもとれていない。三塁側で観戦していると、こんな声が聞こえるのも当然のように思えた。

星稜先発の佐宗翼投手は立ち直り後続を断ったが、初回の先制攻撃は重くのしかかる。広陵の先発は今春のセンバツでチームをベスト4に導いた髙尾響投手。調子を落とし気味とはいえ、今大会注目の右腕だ。星稜は1、2回と抑え込まれた。

しかし、星稜は3回、先頭打者を安打で出すと髙尾のバント処理の失策と連打で5対3と逆転。広陵の11安打に対し星稜は6安打にもかかわらず、終盤の反撃をしのぎ7対6で辛勝した。佐宗は先制二塁打を打たれた只石に対して、その後も走者を抱えながらの投球となったが、変化球で入りながら打ち気をそらし封じた。

そして17日、近畿大会3連覇、大会2連覇の大阪桐蔭が登場。140キロ超右腕4人を抱える大阪桐蔭は、関東一に序盤からリードを奪われ、中盤追いすがるも5失策が響き、5対9で初戦敗退した。「足りないところが露呈しましたね。総括して鍛え直さないといけない」と大阪桐蔭の西谷浩一監督は、チームの現状を分析した。

大阪桐蔭を破った関東一は、準決勝で作新学院の江川二世と評判が高い小川哲平投手のリリーフの前に6対8と敗退。星稜は、準々決勝でダークホースと目されていた青森山田に3対2で競り勝ち、準決勝では豊川に15対3と圧勝。星稜は決勝に駒を進め、作新学院との対決となった。

試合は、作新学院・小川、星稜・佐宗と両エースが先発。大会を通じて安定した投球を続ける小川と、コーナーを突く佐宗の投げ合いで0対0の緊迫戦となった。ともに3回まで1安打ピッチングが続く中、先制したのは星稜だった。

4回表に3、4番が打ち取られた後、服部航内野手が右翼席に本塁打を打ち込む。これまで相手野手の間を抜く打撃が多かったチームにとって、値千金の先取点となった。星稜は6回に追いつかれながら、小川から継投に入った作新学院に襲い掛かる。
8回に一死二、三塁とし、3番・芦硲 晃太外野手のタイムリー右前打で2点を勝ち越し、そのまま逃げ切った。

佐宗は、9回1失点完投勝利。星稜はあの松井秀喜を擁した1991年以来、32年ぶり3回目の優勝を果たした。広陵との初戦の初回、「コールド負けやな」と揶揄された投手は、決勝で強打の作新学院を6安打に抑え優勝投手になっていた。
松井を擁して優勝した山下智茂監督を引き継いだ息子の智将監督は、「全国の舞台で4試合できて大会に入る前とあとで違うチームになった」と語った。
文=合馬 龍一郎

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.24

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.24

都市対抗14回出場の日本製鉄東海REXが新人を発表!大阪桐蔭出身の強打者、常総学院出身の大型外野手に注目!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!