試合レポート

大宮東に大型左腕現る! オリックス・田嶋を彷彿とさせる快投!<埼玉東西南北交流戦>

2023.11.05


富士大和投手(大宮東)

11月4日、埼玉高野連主催の東西南北の各地区25名(1校につき1名)の選抜チームを結成した交流戦がレジデンシャルスタジアム大宮 (さいたま市営大宮球場)で開催された。
まず第1試合は西部選抜と東部選抜の一戦。試合は5対4で西部地区が勝利を収めた。接戦となったこの試合は7回表に西部選抜は好左腕・西川 歩投手(山村学園)が最速137キロのストレートを武器に3回無失点に抑える完璧なリリーフ。敗れた東部選抜は145キロ右腕・上原 唯我投手(花咲徳栄)が8回裏に登板し、140キロのストレートで1回無失点に抑える好投を見せた。

第2試合は、南部選抜vs北部選抜の対戦。南部選抜の先発は冨士 大和投手(大宮東)。今年の埼玉を代表する大型左腕・冨士は3回5奪三振の好投を見せた。
最速140キロのストレートは切れ味抜群で、身長184センチと長身で、さらに手足も非常に長いのが特徴だ。投球フォームはオリックス・田嶋 大樹投手(佐野日大)と似ていて、若干サイド気味。肩関節が非常に柔らかく、リリース時に急に腕が出てくる投げ方ができるのはまさに天性。
球質が非常に良く、回転数の高いストレートは打者の手元でぐっと伸びていくので、打者は全く捉えることができない。冨士は「今日は良い調子で投げることができました」と笑顔を見せた。北部選抜の先発は中村 謙吾投手(熊谷商)。中学時代は冨士とともに軟式の選抜チームに選ばれた143キロ右腕である。中村も常時135キロ〜140キロの威力あるストレート、120キロ前半のスライダーのコンビネーションで、3回1失点の力投。その後、南部選抜打線が北部選抜の投手陣を捉え、9対1で勝利。それまで1点に抑えていた中村の力量が優れていたのかが分かる。

また、南部選抜は故障から復帰した速球派右腕・大竹 悠太投手(西武台)が8回から登板。1点を失ったが、常時130キロ後半の速球は威力十分で、最速140キロをたびたび計測。120キロ前半のスライダーの切れもよく、来春までどんな進化をしているのか楽しみな逸材だった。それぞれの地区を代表する投手が登板し、見応えのある交流戦だった。この試合をきっかけにどれだけ選手が伸びるのか、期待したい。

埼玉4地区選抜選手をチェック

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>