News

「めちゃくちゃうれしい!」北村弁護士が71年ぶり母校からプロ輩出に歓喜の声、偏差値トップの名門校→国立大→独立徳島の異色経歴投手が西武5位

2023.10.27


北村晴男弁護士

長野県内で偏差値トップの県立長野高校の卒業生から、およそ71年ぶりとなるプロ野球選手が誕生した。
現在、北海道大学に在籍しながら徳島インディゴソックスでプレーをする宮澤 太成投手(長野高校出身)が、西武から5位指名を受けたのだ。

この快挙に喜んだのが、宮澤と同じ長野高校野球部出身の北村晴男弁護士。編集部に喜びの声を寄せた。


「めちゃくちゃ、うれしいです。宮澤選手が指名されて、『まさかうちの母校から!』と驚きと喜びでいっぱいです。
大先輩には、戦後まもなくプロに行った町田行彦さん(国鉄スワローズ-読売ジャイアンツ)や、松橋慶季さん(阪急ブレーブス-国鉄スワローズ)、山岸静馬さん(高橋ユニオンズ・トンボユニオンズ・高橋ユニオンズ)がいましたが、長野高校からはそれ以来のプロ野球選手じゃないでしょうか。町田さんはホームラン王にもなられた方で現役時代は私の憧れの選手でした。宮澤選手の場合は投手ということで期待も大きく、155キロ投げられてフォークもいい投手ということなので、まずは中継ぎからでも活躍してくれそうですね。それに経歴を見ると、一浪して北海道大学に入って、大学に籍を置いたまま徳島インディゴソックスに入ったということなので、めちゃくちゃ気合いの入った選手ですよね。人生をかけて、徳島に行ったんだなと感じます。プロ入りしてからも、大きく花開くのを祈りつつ応援しています。もちろん、宮澤選手が投げる時は西武球場にも観に行きますし、関東で投げる時はすぐにでも応援に行きます」
プロ野球選手の代理人としても活躍する大先輩からの熱いエール。宮澤の活躍を期待したい。

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.14

【茨城】岩瀬日大が9回4点差を逆転、東洋大牛久も9回逆転サヨナラで県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.14

【山梨】日本航空、東海大甲府が初戦突破<春季大会>

2024.04.14

【奈良】高田商などコールド発進<春季大会>

2024.04.15

【春季東京都大会】日大豊山、注目の好投手を攻略し、コールド勝ち!指揮官「うちが東京を勝ち上がるには機動力しかない」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>