News

23年ドラフトでは育成含め122人が指名

2023.10.26


前田悠伍(大阪桐蔭)

23年ドラフト会議が26日行われ、支配下で72人、育成で50人、合計122人がドラフトで指名され、プロ入りへの1歩目を踏み出すことになった。各球団の指名数は以下の通り(カッコ内は育成)

中日 6人(4人)=10
日本ハム 5人(3人)=8
ヤクルト 5人(2人)=7
西武 7人(6人)=13
巨人 5人(7人)=12
楽天 8人(0人)=8
DeNA 6人(5人)=11
ソフトバンク 7人(8人)=15
広島 5人(3人)=8
ロッテ 5人(5人)=10
阪神 6人(2人)=8
オリックス 7人(5人)=12

支配下では楽天が最多の8人を指名。育成ドラフトには参加しなかった。12球団すべてが支配下で5人以上を指名。支配下、育成の合計最多はソフトバンクの15人、最少は7人のヤクルトだった。今年も巨人とソフトバンクが多くの育成枠指名を行い、来季から指揮を取る巨人の阿部監督は最後までテーブルに残って指名に関わっていた姿が印象的だった。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.21

【滋賀】近江、八幡商がコールド発進<春季県大会>

2024.04.21

【京都】龍谷大平安、塔南・開建がコールド発進<春季大会>

2024.04.21

【春季三重県大会】終盤の点の取り合いを凌ぎ、津田学園がタイブレークでいなべ総合を振り切る

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.17

青森大にソフトバンク2選手の弟、青森山田の4番打者、横浜創学館大型外野手らが加入!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード