News

阪神2位・椎葉剛(徳島インディゴソックス)はあの「石直球」呉昇桓の再来だ!

2023.10.26


大学生投手の上位指名が相次いだ今年のドラフト会議。そんな中で、阪神から2位指名を受けたのが、独立リーグ・徳島インディゴソックスの椎葉 剛投手である。
独立リーガーとしては、過去最高順位での指名(2013年の又吉 克樹に並ぶ記録)となる。
この高評価の源は、彼のストレート。今年のドラフト候補の中で、最速となる159キロをマークしている。ただ速いだけでなく、手元で一気に伸びる。このストレートを武器に、今年は39回を投げて、51奪三振、防御率2.31と好成績を収めている。
投球フォームをみると、体の使い方が上手い。左足を高く上げたあと、右足の膝を適度に伸ばしてバランスよく立つ。その後、左足をショート方向へ伸ばしていきながら重心を下げて、軸足にしっかりと体重を乗せる。最後に内回りのテークバックをしていきながら、トップを作り、力強く腕を振っていく。
投手としての総合力は高く、年齢も今年の大学4年生と同世代。メディアを賑わせてきた今年の大学生投手の逸材たちと、同レベルの力を持つことが順位面で評価された。
阪神は石井 大智投手(秋田高専→四国ILplus・高知)、茨木 秀俊投手(帝京長岡)ら、フォーム技術の高い速球投手を育成するのが上手い。椎葉もこのカテゴリーに入る投手だ。そして適正はクローザーにある。将来は、2014年~2015年に無双の活躍をした「石直球」呉 昇桓投手のような球界屈指のクローザーへの成長が期待できる。

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?