試合レポート

【関東】中央学院、プロ注目右腕を攻略してコールド発進!

2023.10.23


秋の県大会優勝の中央学院(千葉1位)は、地区予選から140キロ台の速球投手を攻略し、勝ち上がってきた。白鴎大足利(栃木2位)の最速148キロ右腕・昆野 太晴投手(2年)に対してもしっかりと攻略した。この日、昆野は調子が上がらなかったというのだが、それでも、140キロ前後の速球を投げ込む。中村は「140キロを超えている投手を打っているといっても、それぞれタイプが違っていて、良さがありました。昆野投手もストレートが伸びていました」と評する。ただ、県大会同様、高めに浮いたボールをしっかりとコンタクトして、着実に点を積み重ねていった。

2回表、7番小澤 遼大内野手(2年)の適時打で1点先制。3回表には中村 研心内野手(2年)の三塁打で2点目を入れた。4回裏に1点を返されたが、さらに6回表、蔵並 龍之介投手(2年)が2点二塁打で4対1とした。

6回裏、白鴎大足利は1点を返したが、7回表、中央学院は4番中村の中犠飛、5番森田 倫揮内野手(2年)、再び7番小澤の適時打で、3点を追加。昆野から10安打7得点を奪い攻略に成功した。

中央学院は秋季千葉県大会でも144キロ右腕・千葉 雄斗投手(2年)を攻略して勝ち上がっているように、関東大会でもプロ注目右腕に対応できる各打者のミート力は恐るべしものがある。そして8回表にも中央学院は3点を追加した。

中央学院は甘く入ったボールをコンタクトしただけではなく、ランナー二塁からしっかりと本塁に還れるハイレベルな走塁も披露。中央学院のスピードの速さに白鴎大足利の野手陣は慌てているように感じられた。中央学院は自分たちのリズムで試合運びができていた。

投げては蔵並が好投。130キロ後半の速球、120キロ前半のスライダー、フォークをコントロールよく投げ分ける好投。相馬監督も「長身の割に、器用に投げられるのが蔵並の良さです」と好投ぶりを評価していた。
プロ注目のスラッガーや、プロ注目になるような速球投手がいるわけではないが、隙を逃さない野球はハイレベルなチームが多い千葉で揉まれたものを実感させられる。

この記事の執筆者: 河嶋 宗一

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【群馬】センバツVの健大高崎がコールド発進、前橋育英、明和県央も初戦突破<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード