News

徳島インディゴソックスのロドルフォ・マルティネス投手が、驚愕の最速164キロをたたき出す!

2023.06.25


坊っちゃんスタジアム開設以来最速となる164キロを叩き出し喜びのポーズを取る徳島インディゴソックスのロドルフォ・マルティネス(撮影:山田次郎)

<四国アイランドリーグplus2023:徳島インディゴソックス10-4愛媛マンダリンパイレーツ>◇24日◇愛媛・坊っちゃんスタジアム

 日本独立リーグのパイオニア的存在である四国アイランドリーグplusの2023後期シーズンが開幕。前期2位の愛媛マンダリンパイレーツが前期優勝の徳島インディゴソックスを愛媛県松山市の坊っちゃんスタジアムに迎えた一戦では、驚愕の「164キロ」が観客をどよめかせた。

 その主はドミニカ人右腕・29歳のロドルフォ・マルティネス投手。188センチ、95キロのパワフルな身体で、前期シーズンの時点で最速158キロをマークしていた剛腕は、10対3とリードした6回から3番手でマウンドに上がると、初球から160キロ、163キロと来日最速を更新。そして3球目には自己最速タイとなる「164キロ」をたたき出した。

 この数字はもちろん2005年にスタートした四国アイランドリーグplus所属選手史上最速。また、2000年にオープンした坊っちゃんスタジアムでも、昨年7月27日のNPBオールスターでロッテ・佐々木 朗希投手(大船渡高出身)がマークした161キロを上回る開設最速となる。

 この日のマルティネスは2回を投げ1安打1四球無失点。28球のうち19球を投じた(うち1球は計測されず)ストレートの平均球速は159.3キロ。試合後には「今日はとてもコンディションがよかったので、164キロが出たのは嬉しい。アリガトウゴザイマス」と満面の笑みを浮かべたマルティネスに対し、某NPB球団スカウトも「椎葉君なども含めて以前より球速が速くなっているのはさすが」と徳島インディゴソックスの球団としての育成能力を含めて高い評価を下した。

 その某NPB球団スカウトが触れたように、この日8回から4番手のマウンドに上がった右腕・椎葉 剛投手(21=島原中央~ミキハウス)も、自己最速となる157キロをマークした。「前期と後期の間にも交流戦があってコンディションも維持できているし、選手個々の意識が高まっている。あとはトレーニングをしっかりできればもっと状態が上がってくると思う」と岡本 哲司監督も大きな期待をかけるタレント集団は、NPB入りへ向けていよいよ本格化の気配を漂わせている。

徳島インディゴソックスのロドルフォ・マルティネス投手が、驚愕の最速164キロをたたき出す! | 高校野球ドットコム

自己最速157キロをマークした徳島インディゴソックス・椎葉 剛

徳島インディゴソックスのロドルフォ・マルティネス投手が、驚愕の最速164キロをたたき出す! | 高校野球ドットコム

徳島インディゴソックスのロドルフォ・マルティネス投手が164kmを出した際のリリース時(撮影:山田次郎)

徳島インディゴソックスのロドルフォ・マルティネス投手が、驚愕の最速164キロをたたき出す! | 高校野球ドットコム

坊っちゃんスタジアム開設以来最速となる164キロを叩き出し喜びのポーズを取る徳島インディゴソックスのロドルフォ・マルティネス(撮影:山田次郎)

この記事の執筆者: 田中 裕毅

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード