News

東海大が新入生を発表!入学予定の投手はここ10年ではNo.1

2023.01.22

東海大が新入生を発表!入学予定の投手はここ10年ではNo.1 | 高校野球ドットコム
金韓根(東海大浦安)、庄司裕太(東海大相模)、塩路柊季(智辯和歌山)、求航太郎(東海大相模)

 首都大リーグの盟主・東海大が新入生を発表した。投手陣の顔ぶれを見ると、今まで東海大の新入生と比較しても、これほど粒ぞろいだと思った年はあまりなく、ここ10年ではNo.1ではないだろうか。大学卒業後はNPB、社会人、独立リーグ、クラブチーム、軟式企業で継続可能な投手となりそうな新入生たちを紹介したい。

 大型左腕の金 韓根投手(東海大浦安)は、恵まれた体格から130キロ後半の速球と、縦に鋭く落ちるスライダーで翻弄する。探究心も強く、大学で速球派左腕へ化けそうな予感がある。

 昨夏、神奈川大会準優勝の東海大相模からは、投手陣の柱3人がそのまま入学する。

 庄田 聡史投手は右スリークォーター気味から140キロ前後の速球と、多彩な変化球を投げ分ける。ゲームメークの能力が高く、先発としても活躍できる。求 航太郎投手はスケールの大きさでいえば、この3人の中でNo.1。投手としては、恵まれた体格から振り下ろす140キロ超えの直球には角度があり、打者としてもパワフルなスイングで長打を量産する。どちらでもスケールの大きい選手になることは間違いない。大学で、その素質を開花させてほしい。  

 庄司 裕太投手は、昨夏の調子でいえば、この3人の中で最もよく、その投球は全国トップレベルだった。140キロ前半の速球と多彩な変化球を内外角にテンポ良く投げ分け、投手に求められるものをすべて満たしていた。

 山口 優星投手(東海大甲府)は、右サイドから丁寧に直球と変化球を投げ分ける。

 森木 千汰郎投手(東海大甲府)は、最速148キロを誇る速球派右腕。躍動感のあるフォームから繰り出す直球が武器で、ポテンシャルの高さではこの中ではNo.1だ。

 速球派右腕の岩切 瞳輝東海大大阪仰星)は、恵まれた体格から最速145キロを誇る。

 大型左腕の合志 光陽投手(東海大星翔)は、昨夏の熊本大会で140キロ中盤の速球と切れのあるスライダー、カーブを器用に投げ分けていた。ひざ元に決まる直球を大きな武器としている。

 豊岡 遥翔投手(東海大菅生)は速球派右腕で、荒削りではあるが、力強い速球を投げ込む。

 塩路 柊季投手(智辯和歌山)は、2年夏に甲子園優勝を経験した。完成度の高いフォームから140キロ前半の速球と切れのある変化球を投げ分け、ゲームメークに徹する。大舞台での経験も豊富で、自分の実力をしっかりと表現でき、即戦力としても期待できる。井上 雅基投手(大体大浪商)も本格派右腕で、しなやかなフォームから繰り出される切れのある直球が持ち味だ。

[page_break:【一覧】東海大の新入生]


【一覧】法政大、國學院大など 2023年度の主な大学野球部の新入生

【投手】
金 韓根東海大浦安
山口 優星東海大甲府
森木 千汰郎東海大甲府
庄田 聡史東海大相模
求 航太郎東海大相模
庄司 裕太東海大相模
岩切 瞳輝東海大大阪仰星
合志 光陽東海大星翔
豊岡 遥翔東海大菅生
塩路 柊季智辯和歌山
井上 雅基大体大浪商

【捕手】
笹田 海風東海大相模
神戸国際大附上田 聖也神戸国際大附
川田 海羽黒

【内野手】
能登 爽大朗東海大福岡
多井 耶雲東海大菅生
相原 海人東海大市原望洋
倉沢 大輔東海大諏訪
大前 圭右大阪桐蔭
内藤 大輔県立岐阜商
市橋 優大八王子
北戸 丈博金沢
背戸川内 晴哉(広島広陵)

【外野手】
星野 優輝東海大静岡翔洋
溝崎 悠貴星城
中曾根 大拓長野商
三本木 義将松商学園

【マネジャー】
竹田 翔生東海大静岡翔洋
安井 ひかり東海大札幌


【一覧】法政大、國學院大など 2023年度の主な大学野球部の新入生

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.22

【宮城】仙台育英は逆転勝ち、聖和学園が接戦を制して4強入り<春季県大会>

2024.05.22

【北信越】帝京長岡の右腕・茨木に注目!優勝候補は星稜、23日に抽選会

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?