Interview

宮崎にいた最速143キロの中学軟式屈指右腕・森陽樹(聖心ウルスラ学園聡明中)。全国の舞台で躍進に期待

2022.08.21

宮崎にいた最速143キロの中学軟式屈指右腕・森陽樹(聖心ウルスラ学園聡明中)。全国の舞台で躍進に期待 | 高校野球ドットコム
聖心ウルスラ学園聡明中・森 陽樹

 2022年8月22日、神奈川県の横浜スタジアムで開幕する第39回全日本少年軟式野球大会。各ブロック大会の代表となったチームが集う、まさに中学軟式最高峰の戦いだが、創部2年半足らずで初出場をつかんだ聖心ウルスラ学園聡明中学校(宮崎)には注目の大型右腕がいる。

 エース・森 陽樹投手(3年)は、187センチの長身から最速143キロの速球を投げ込む本格派右腕。しなやかなフォームから威力抜群の球を投げ込み、変化球もカーブ、カットボール、スライダーと多彩。体重は76キロと、まだまだ成長の余地も残している。初の全国の舞台でも「持ち味を発揮したい」と強い意気込みを見せる。

 小学生時代から、宮崎県内では名の知れた存在だったという。小学校6年生にして身長はすでに170センチ近くあり、少年野球チーム東海東少年野球では全国大会も経験。「うちに来てほしかった」と溢す県内のボーイズ、シニアの関係者も実際にいたほどで、その成長にも注目が集まっていた。

 そんな森が聖心ウルスラ学園聡明中への進学を決めたのは、中学軟式出身の憧れの存在がいたためだ。

「高知中だった森木 大智投手(高知高~阪神)に憧れていました。軟式で150キロを出したのを見て、僕も軟式野球で勝負をしたいと思いました」

 立ち上がったばかりのチームに入学、入部したことで、最初の1年間は野球以外の苦労も多かった。先輩も文化も何もないため、最初は練習を行うだけでも一苦労。当然、試合でも負けてばかりで、気持ちが折れそうになることもあったというが、指導スタッフの熱心な指導や恵まれた環境が心の支えとなった。

「創部したばかりの難しさはもちろんありました。でも石田 敏英先生(元聖心ウルスラ学園高野球部長・監督)や小泉裕之監督の指導や、聖心ウルスラ学園高校からトレーニング器具をいただいたりなどして、充実した環境の中で練習ができたと思っています」

 入学後から順調に成長を重ねた森は、2年秋には球速は130キロ後半にまで達し、冬場の下半身のトレーニングでさらにパワーアップ。6月の宮崎県大会では自己最速の143キロを記録し、全国大会への出場を懸けた7月の九州大会では、最速141キロを計測して完封勝利の活躍。少しずつではあるが、憧れの存在の背中が見えるようになってきた。

 22日に開幕を迎える第39回全日本少年軟式野球大会でも、森は持てる力を最大限に発揮したいと意気込む。

「調子は今のところ問題なくきています。中学校最後の大会になるので、全国の舞台でも自分の持ち味を貫いて、絶対にチームを勝利に導くピッチングをします」

 学校として初となる全国の舞台で、どんな投球を見せるのか注目だ。

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.23

【春の千葉一次予選展望】木更津総合、拓大紅陵ら強豪校も登場!全8ブロックの注目カードを一挙紹介!

2024.02.23

【熊本】昨夏優勝の東海大星翔がいきなり強豪・有明と対戦!さらに秀岳館と同ブロック!<春季大会組み合わせ>

2024.02.23

楽天1位の古謝樹を輩出した桐蔭横浜大の卒業生の進路を発表!徳島インディゴソックスに進んだ俊足野手はいきなり猛打賞の活躍!

2024.02.23

【宮崎】昨秋優勝の延岡学園は伝統校・宮崎商と対戦!昨秋4強の小林西vs昨夏甲子園出場の宮崎学園の好カードも!<春季大会組み合わせ>

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.18

春季愛知県全5地区の組み合わせが決定!東邦、中京大中京など強豪校の初戦の相手は?

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.02

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!