Interview

宮崎にいた最速143キロの中学軟式屈指右腕・森陽樹(聖心ウルスラ学園聡明中)。全国の舞台で躍進に期待

2022.08.21

宮崎にいた最速143キロの中学軟式屈指右腕・森陽樹(聖心ウルスラ学園聡明中)。全国の舞台で躍進に期待 | 高校野球ドットコム
聖心ウルスラ学園聡明中・森 陽樹

 2022年8月22日、神奈川県の横浜スタジアムで開幕する第39回全日本少年軟式野球大会。各ブロック大会の代表となったチームが集う、まさに中学軟式最高峰の戦いだが、創部2年半足らずで初出場をつかんだ聖心ウルスラ学園聡明中学校(宮崎)には注目の大型右腕がいる。

 エース・森 陽樹投手(3年)は、187センチの長身から最速143キロの速球を投げ込む本格派右腕。しなやかなフォームから威力抜群の球を投げ込み、変化球もカーブ、カットボール、スライダーと多彩。体重は76キロと、まだまだ成長の余地も残している。初の全国の舞台でも「持ち味を発揮したい」と強い意気込みを見せる。

 小学生時代から、宮崎県内では名の知れた存在だったという。小学校6年生にして身長はすでに170センチ近くあり、少年野球チーム東海東少年野球では全国大会も経験。「うちに来てほしかった」と溢す県内のボーイズ、シニアの関係者も実際にいたほどで、その成長にも注目が集まっていた。

 そんな森が聖心ウルスラ学園聡明中への進学を決めたのは、中学軟式出身の憧れの存在がいたためだ。

「高知中だった森木 大智投手(高知高~阪神)に憧れていました。軟式で150キロを出したのを見て、僕も軟式野球で勝負をしたいと思いました」

 立ち上がったばかりのチームに入学、入部したことで、最初の1年間は野球以外の苦労も多かった。先輩も文化も何もないため、最初は練習を行うだけでも一苦労。当然、試合でも負けてばかりで、気持ちが折れそうになることもあったというが、指導スタッフの熱心な指導や恵まれた環境が心の支えとなった。

「創部したばかりの難しさはもちろんありました。でも石田 敏英先生(元聖心ウルスラ学園高野球部長・監督)や小泉裕之監督の指導や、聖心ウルスラ学園高校からトレーニング器具をいただいたりなどして、充実した環境の中で練習ができたと思っています」

 入学後から順調に成長を重ねた森は、2年秋には球速は130キロ後半にまで達し、冬場の下半身のトレーニングでさらにパワーアップ。6月の宮崎県大会では自己最速の143キロを記録し、全国大会への出場を懸けた7月の九州大会では、最速141キロを計測して完封勝利の活躍。少しずつではあるが、憧れの存在の背中が見えるようになってきた。

 22日に開幕を迎える第39回全日本少年軟式野球大会でも、森は持てる力を最大限に発揮したいと意気込む。

「調子は今のところ問題なくきています。中学校最後の大会になるので、全国の舞台でも自分の持ち味を貫いて、絶対にチームを勝利に導くピッチングをします」

 学校として初となる全国の舞台で、どんな投球を見せるのか注目だ。

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

健大高崎に初優勝をもたらした「Wエース」と「Wエース」を許さなかった怪物江川と悲運の大橋 新連載・一志順夫コラム「白球交差点」vol.1

2024.04.09

高校日本代表・小倉全由監督が語る「世界大会連覇への秘策」! チーム構想、注目選手、木製バットの対応力は?

2024.04.10

浅野翔吾がノーヒットで二軍落ち 巨人高卒ドライチ野手5人の成長曲線

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>