Column

夏直前!高校生期待度ランキング2022 20位-11位 世代屈指のスラッガー、遊撃手、左腕、二刀流など実績豊富な超高校級の逸材がランクイン

2022.07.09

夏直前!高校生期待度ランキング2022 20位-11位 世代屈指のスラッガー、遊撃手、左腕、二刀流など実績豊富な超高校級の逸材がランクイン | 高校野球ドットコム
森山 暁生、榊原 七斗、武元 一輝、井坪 陽生、森下 瑠大、三塚 琉生

夏直前!高校生期待度ランキング2022 20位-11位 世代屈指のスラッガー、遊撃手、左腕、二刀流など実績豊富な超高校級の逸材がランクイン | 高校野球ドットコム夏直前!高校生期待度ランキング2022
50位-41位 超高校級右腕、大型スラッガーが続々ランクイン
40位-31位 全国レベルの左腕、速球派右腕、大型外野手、スラッガーをリストアップ
30位ー21位 全国実績十分のコンビ、春ブレークの強打者、復活傾向の大型右腕をピックアップ
20位-11位 世代屈指のスラッガー、遊撃手、左腕、二刀流など実績豊富な超高校級の逸材がランクイン
10位-1位 スタープレイヤーが揃う中、トップに輝いた逸材は?

 高校野球ドットコム人気企画の高校生期待度ランキング。今年も50人の選手をリストアップした。今回は20位ー11位の選手を紹介したい。今回紹介する選手たちもハイレベルな選手が揃っている。

20位〜16位

夏直前!高校生期待度ランキング2022 20位-11位 世代屈指のスラッガー、遊撃手、左腕、二刀流など実績豊富な超高校級の逸材がランクイン | 高校野球ドットコム
井坪 陽生(関東一)

20位 内海 優太外野手(広島広陵=広島)
 下級生の時から注目されてきた大型外野手。明治神宮大会ではメモリアル弾も放ち、そしてセンバツでも敦賀気比(福井)戦で、猛打賞を記録した。体のサイズに恵まれているだけではなく、高い打撃技術でどのポイントでも鋭いライナー性のヒットを打てることが特徴だ。
 芯で捉えて、打球に角度がつけば、簡単に本塁打にできる。木製バットへの順応も早いタイプといえるだろう。抜群の強肩が持ち味の外野守備も必見だ。高卒プロも狙えるのはもちろん、東京六大学、東都1部といった大学最高峰リーグも十分プレーできる。
 

アピールポイント 大型ながら打撃技術の完成度が一級品。どのコースでも鋭いヒットが打てる。さらに抜群の強肩も秘める

19位 光弘 穂高内野手(履正社=大阪)
 じわじわと評価を上げてきた近畿地区屈指の大型遊撃手。なんといっても抜群の動きを見せる守備は、守備範囲が広いだけではなく、複雑な動きもこなしてしまうフィジカルの強さがある。打撃も力強く、最終学年にかけて本塁打も量産中。攻守ともにバランスが取れて、走塁意識も高く、野球脳も高い逸材として大きく評価されている。

アピールポイント 全国レベルの守備、打撃を兼ね備えた超高校級遊撃手

18位 井坪 陽生外野手(関東一=東東京)
 U-15代表も経験した強打の外野手。下級生の時から注目されてきたが、最終学年にかけて、走攻守すべてにおいてパワーアップし、春季関東大会では、14打数6安打、1本塁打、6打点と大当たり。特に準々決勝・健大高崎(群馬)戦での本塁打はまさに圧巻だった。ベースランニングも速く、走塁を重視する関東一で鍛え込まれただけあって、無駄がない。
 ポテンシャル型の外野手の中でも、走塁技術、強肩を生かした外野守備が秀でている。

アピールポイント 関東圏の右打ち外野手では抜けた存在。夏では期待通りのパフォーマンスを発揮できるか

夏直前!高校生期待度ランキング2022 20位-11位 世代屈指のスラッガー、遊撃手、左腕、二刀流など実績豊富な超高校級の逸材がランクイン | 高校野球ドットコム
森下 瑠大(京都国際)

17位 森下 瑠大投手(京都国際=京都)
 2年春のセンバツ、選手権に出場した二刀流。今春のセンバツは優勝候補として注目されていたが、コロナの集団感染の影響で、出場辞退。それでも投打ともに能力を発揮すれば、やはり本指名は間違いない。140キロ前半の速球と切れ味鋭いスライダーをコントロールよく投げ分ける投球は超高校級。また打者としても勝負どころで一発を打てる勝負強さがあるのはもちろんだが、ここで目立てば、評価されるというところで気持ちにスイッチが入り、しっかりと結果を残せるのも強み。あとは万全の状態で昨夏以上のパフォーマンスを見せるだけ。春は不完全燃焼に終わった分、大暴れを期待したい。

アピールポイント 投打の総合力に加え、勝負強さが魅力。夏は万全な調子で臨めるか

16位 三塚 琉生外野手(桐生第一=群馬)
 スケール型の大型外野手。今春の群馬大会では2本塁打を放った。特に準決勝の前橋育英(群馬)戦では特大本塁打を放ち、話題となった。打球の鋭さ、飛距離は世代トップクラスで、飛ばすだけではなく、変化球への対応力も高い。外野守備の意識も高く、後方の打球への対応もしっかりしており、走塁意識も悪くない。スラッガータイプでありながら、守備、走塁もしっかりと高めようという意識が見える。

アピールポイント 飛距離、打球速度は世代屈指でありながら、守備、走塁意識が高い

[page_break:15位〜11位]

夏直前!高校生期待度ランキング2022 20位-11位 世代屈指のスラッガー、遊撃手、左腕、二刀流など実績豊富な超高校級の逸材がランクイン | 高校野球ドットコム夏直前!高校生期待度ランキング2022
50位-41位 超高校級右腕、大型スラッガーが続々ランクイン
40位-31位 全国レベルの左腕、速球派右腕、大型外野手、スラッガーをリストアップ
30位ー21位 全国実績十分のコンビ、春ブレークの強打者、復活傾向の大型右腕をピックアップ
20位-11位 世代屈指のスラッガー、遊撃手、左腕、二刀流など実績豊富な超高校級の逸材がランクイン
10位-1位 スタープレイヤーが揃う中、トップに輝いた逸材は?

15位〜11位

夏直前!高校生期待度ランキング2022 20位-11位 世代屈指のスラッガー、遊撃手、左腕、二刀流など実績豊富な超高校級の逸材がランクイン | 高校野球ドットコム
森山 暁生(阿南光)

15位 大野 稼頭央投手(鹿児島大島=鹿児島)
 2年春から急浮上した好左腕。昨夏の時点で最速146キロをマーク。コントロールも安定し、カーブをうまく使った投球は完成度が高く、強打者相手にも空振り三振を奪えるほどのコンビネーションを持っている。センバツでは悔しい投球に終わった。どんな相手にも屈しない粘り強い投球ができるか。

アピールポイント 好調時の投球内容は文句なし。あとはどれだけ粘れるか

14位 榊原 七斗投手(報徳学園=兵庫)
 投打ともに優れた二刀流。投げては140キロ前半に切れのあるスライダーを投じ、兵庫県大会優勝に貢献した。好投手が多い兵庫県でも完成度の高さは随一。打撃も素晴らしく、元プロの葛城育郎コーチから打撃技術、タイミングのとり方、準備の仕方を学び、高校通算10本以上。抜群の脚力を生かした外野守備は世代屈指のものがある。
 報徳学園の選手らしい投打ともに完成度が高いエリートプレーヤー。投打で躍動することを期待したい。

アピールポイント 走攻守投と四拍子揃ったエリートプレーヤー。夏でも投打躍動なるか

13位 森山 暁生投手(阿南光=徳島)
 昨夏の甲子園にも出場した大型左腕。今春の県大会では20奪三振を記録するなど、圧倒的な投球内容が光った。切れ味鋭い変化球。終盤でも140キロ中盤の速球を投げ込む馬力の大きさなど魅力的な要素はたっぷり。今年の高校生左腕でスケールも大きく、完成度を持ち併せた投手ということで、この順位になった。

アピールポイント スケールの大きさ、完成度を兼ね備えた大型左腕

夏直前!高校生期待度ランキング2022 20位-11位 世代屈指のスラッガー、遊撃手、左腕、二刀流など実績豊富な超高校級の逸材がランクイン | 高校野球ドットコム
武元 一輝(智辯和歌山)

12位 戸井 零士内野手(天理=奈良)
 数多い強打型の右打ち遊撃手の中でもトップレベル。安定した構え、無駄のないスイングで速球、変化球も打ち返し、特にチャンスの場面では勝負強さを発揮。常に結果を残してくれる安心感がある。
 そして遊撃守備も磨かれ、一歩目の反応がよく、他の遊撃手では追いつけない当たりも追いついてアウトにしてしまうプレーもあった。
 攻守ともにハイレベルなパフォーマンスを見せながら、粗さがなく、高評価になって必然のショートストップではないだろうか。

アピールポイント スケールがありながらも、粗さがない完成度の高い遊撃手

11位 武元 一輝投手(智辯和歌山=和歌山)
 投打のスケールの大きさからいっても、ベスト10にいてもおかしくない。投手としては春季近畿地区大会で最速148キロの速球をはじめ、フォーク、カットボール、スライダーを武器に大阪桐蔭相手に封じる投球を見せた。打者としても多くの本塁打を記録するなど、近畿を代表する二刀流だ。
 ポテンシャルからすればこんなものではないので、夏では投打でパワフルな活躍を期待したい。

アピールポイント 昨夏から成長を見せたスケール型。夏次第ではさらに上位を狙える

(記事=河嶋 宗一

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.24

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.23

【春の千葉一次予選展望】木更津総合、拓大紅陵ら強豪校も登場!全8ブロックの注目カードを一挙紹介!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!