Column

スローガンは「一意専心」タイガース杯連覇の強豪ヤングが取り組む「心」の教育とは?

2022.01.16

スローガンは「一意専心」タイガース杯連覇の強豪ヤングが取り組む「心」の教育とは? | 高校野球ドットコム
兵庫夢前ヤングの練習風景

スローガンは「一意専心」タイガース杯連覇の強豪ヤングが取り組む「心」の教育とは? | 高校野球ドットコムあわせて読みたい
スローガンは「一意専心」タイガース杯連覇の強豪ヤングが取り組む「心」の教育とは?
中学時代の恩師が語るDeNA2位・徳山壮磨の野球ノートから見えた高い意識
DeNAドラ2・徳山壮磨の後輩に最速138キロの快速中学生!大先輩との共通点とは?

 昨年12月に行われたタイガースカップ2021で見事優勝を果たし、大会連覇を達成した兵庫夢前ヤング。これまでDeNA2位の徳山 壮磨投手(大阪桐蔭出身)や元ロッテの宗接 唯人捕手(JFE東日本・神戸国際大附出身)と2人のプロ野球選手を輩出しており、毎年多くの選手が強豪校へと進んでいる。

 チームが設立したのは2007年。立ち上げ当初から監督を務める浄徳 一智監督は、「最初は野球教室のような感じで始まった」と振り返るが、部員は右肩上がりに増えていった。グラウンドにはライトもなく、保護者の車を並べて明かりを照らす時代もあったが現在は3学年で66人。練習は夢前スポーツセンターを使用して、練習に打ち込むことができている。

 プロ野球選手も輩出し、チームとしても関西地区の実力派として名を鳴らすまでになったが、兵庫夢前ヤングが長年掲げているチームのスローガンは「一意専心」。
 言葉としての意味は、「他に心を向けずに、一つのことに集中すること」だが、これは野球だけに集中しろといった意味合いではない。

 ここには「目の前にあることに集中して、野球にも勉強にも全力を注いでほしい」といった思いがあると浄徳監督は強く語る。

「選手たちに常に言っているのは、野球する時にはとにかく野球に集中して、勉強する時は勉強に集中しろ、ということです。目の前にあることに全力を注ぎ、ここで集まるときはとにかく野球する。
 自分一人でも追い込んで練習できて、指示待ちの選手にはなってほしくないなと思っています。そういった思いが、この『一意専心』のスローガンには込められています」

 現在3年生の選手たちはすべての大会を終えて、あとは推薦入試や一般受験と各々の道を進むことになるが、野球での推薦入試を受ける選手は、休むことなくグラウンドに姿を見せてトレーニングに打ち込んでいる。中学では目立たなかった選手でも、高校では主力選手へと成長するケースも多くあるといい、『一意専心』のスピリットは高校進学も選手たちの活躍の土台となっている。

(取材:栗崎 祐太朗

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】

2024.06.21

「10年後、日本の野球界は行きづまる」一人の野球指導者の危機感が、アマチュア球界を変える新リーグを生んだ~野球指導者・阪長友仁のビジョン前編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.6】

2024.06.22

【鹿児島】神村学園は鹿児島商と沖永良部の勝者と対戦、鹿児島実は大島と初戦で対戦<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.21

【長野】22日に抽選会!上田西と東京都市大塩尻の「2強」に長野日大が続く、松商学園はノーシードからの「逆襲」へ<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.21

【岐阜】22日に抽選会!今年の夏も「岐阜商対決」あるか、岐阜第一、関商工にもチャンスは十分<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】

2024.06.16

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.06.19

夏の兵庫大会のヒーロー候補21人!報徳学園・今朝丸、神戸弘陵・村上の「151キロ右腕二人」が筆頭格!投打にタレント揃いの東洋大姫路にも注目

2024.06.18

激戦区・兵庫の組み合わせ決定!センバツ準V報徳学園は舞子と明石北の勝者と、3連覇狙う社、プロ注目右腕・槙野遥斗擁する須磨翔風など注目校の初戦は!?【2024年夏の甲子園】

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.25

首都2部優勝の武蔵大の新入生に浦和学院の大型左腕、左の強打者、昌平の主軸打者など埼玉の強豪校の逸材が入部!

2024.05.24

春季近畿大会注目選手17人! 智辯和歌山の大型右腕、大阪学院大高の全国トップレベル遊撃手、天理のスラッガーコンビら逸材がこぞって出場!

2024.05.23

【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】