Interview

早実エース→早大アメフト部→独立リーグ入団 常識外れな挑戦のルーツは? vol.1

2022.01.09

 エンゼルス・大谷 翔平投手(花巻東出身)のMVP獲得の影響で、二刀流がこれまで以上に注目を集める時代となってきたが、他競技との二刀流、マルチスポーツの経験者として、プロの世界へ挑もうとしている選手がいる。

 最速150キロを誇る吉村 優投手。早稲田実業時代は中学軟式出身ながら、エースとして最後の夏はベスト8進出を果たした。早稲田大進学後は、野球から離れ、米式蹴球部に入り、アメリカンフットボールの世界へ進む。一からのスタートだったが、3年生からは主力選手として活躍。全国の舞台も経験した。そして2021年からは再び野球の道に戻り、2022年からは独立リーグの徳島インディゴソックスへ入団する予定でいる。

 高校、大学ともに華々しくスタートを切ったわけではない。それでも、地道な努力を通じて大舞台で活躍した。吉村投手が取り組んできた努力の仕方、積み重ね方は、厳しい練習に打ち込む現在の球児にも学べるところもあるはずだ。

早実エース→早大アメフト部→独立リーグ入団 常識外れな挑戦のルーツは? vol.1 | 高校野球ドットコムあわせて読みたい
■vol.1
早実エース→早大アメフト部→独立リーグ入団 常識外れな挑戦のルーツは?
■vol.2
アメフト経由でNPB挑戦 中等部出身組から「早実の背番号1」を勝ち取る
■vol.3
元早実エースはなぜアメフトに転向したのか?次の挑戦も「幻想」ではない
■コラム
2競技で「甲子園」経験 型破りな経歴でNPB入り目指す150キロ右腕が得たもの
■コラム
アメフト経由の150キロ右腕が明かす「早実野球」と後輩・清宮幸太郎の素顔

早稲田実業で「エースナンバーをつけて全国制覇する」

早実エース→早大アメフト部→独立リーグ入団 常識外れな挑戦のルーツは? vol.1 | 高校野球ドットコム
徳島インディゴソックスからNPB入りを目指す吉村優

 野球界へ足を踏み入れたのは、早稲田実業の偉大な先輩の姿が始まりだ。

「小学2年生の時、斎藤 佑樹さんが甲子園で優勝しました。それを見て、『早稲田実業に入学して、全国制覇をするんだ』と思って、4年生からはクラブチームへ入りました」

 友達のいたクラブチームで楽しく野球をやっていたが、6年生に進学したと同時に1度野球から離れる。中学受験をするために、小学校最後の1年は勉強に集中する時期になった。

 周りの友達が遊んでいる中、自分は受験勉強のために塾へ行く。「ストレスはありました」と苦笑いをしながらも、我慢できたわけをこう語る。

早稲田実業で全国制覇するんだ。エースナンバーをつけて、斎藤 佑樹さんと同じ景色を見たいと思って、何が何でもやるつもりでやっていました」

 その一心で苦しい受験勉強を乗り越えて、晴れて早稲田実業の中等部に合格。軟式野球部に入部し、「1年間のブランクもありましたので、とにかく3年間楽しんでやりました」と様々なポジションを経験しながら3年間を過ごした。

 そして、いよいよ高等部へ進学する際、吉村投手はあることを知った。

「その世代の戦力によって違うとは思いますが、中学の軟式から硬式へ進んでも、ベンチ入りするのが2人くらいだったんです」

 試合に出るどころか、ベンチすら難しい。厳しい現実を知った吉村投手は考えた。「中学生の時に硬式球に慣れておこう」と。そこで知り合いに相談していき、八王子ボーイズへ入部させてもらった。

 そんな八王子ボーイズで、出会った河合雄也氏の存在が人生を大きく変えた。

[page_break:2つの視点をもって目標を立てる大切さ]

2つの視点をもって目標を立てる大切さ

早実エース→早大アメフト部→独立リーグ入団 常識外れな挑戦のルーツは? vol.1 | 高校野球ドットコム
高校時代の吉村優(早稲田実業)

「人生を振り返っていく中で早稲田実業に進学したわけを聞かれたときに、『エースになって全国制覇するんだ』ということを再認識しました。そのうえでベンチ入りすら難しい現実があるから、『計画を立ててやらないといけないぞ』ということになり、目標を明確に立て始めました」

 最終ゴールは3年生夏にエースで全国制覇。そこに基づいて2年生までにはどうなるべきか。考えられる大会、予定をすべてかき出し、その予定ごとにどんな選手になるのか。1つ1つ決めていき、そのうえで現時点やるべきことは何か。高校入学まで残された日数を確認し、毎月、毎週のテーマを決めて実行。できる限り細分化した目標をもって高校への準備を進めていった。そのとき大事にしたのは「2つの目標」を立てることだ。

「明確な数字や結果など、定量面の目標を書き出すことは大事ですし、そこにフォーカスしがちですが、それは相手に依存する部分です。相手によって変わってくるところなので、自分ではコントロールできません。だから、自分が仲間からどう見られているかなど、自分でコントロールできる部分、定性面の目標も作るようにしていきました」

 河合コーチの指導を受けながら1つずつ目標を決め、練習も着実に積み重ねてきた。「引き出してもらった要素を、繋げてもらった」と中学時代を振り返る。そしていよいよ高校野球が始まった。

[page_break:チャンスをもらえるようにアピール]

チャンスをもらえるようにアピール

早実エース→早大アメフト部→独立リーグ入団 常識外れな挑戦のルーツは? vol.1 | 高校野球ドットコム
最近のノート

 八王子ボーイズでの練習を経て、硬式球に十分慣れた吉村は「自信はなかったですが、スタートラインには立てたと思っています」と中学時代に懸念していた課題はクリアになっていた。

 次は試合に出場することだ。当初の予定では秋季大会でベンチ、試合出場のチャンスと捉え、当時の3年生がいる間は、「自分の技術を磨こう」と心に決めていた。

 しかし、スポーツ推薦で入学してくる仲間たちが多く、何かしなければプレーでアピールするどころか、監督に覚えてもらうこともできない。ふとした時に使ってもらえるようにするには、何かやらなければならなかった。

 そこで「頭に焼き付ける行動をしていきました」と、ダイヤモンドの外、グラウンドの外での行動を大事にしてきた。

「とにかく監督の近くにいようと思って、ノックの時にはボール渡しをしていました。あとは試合の際、監督室の近くにアナウンス室や記録室があったので、積極的に仕事をやって、まずは覚えてもらおうとしました」

 中等部の軟式からベンチに入るのは2人ほど。それだけ周りに比べると見劣りする立ち位置からスタートしたからこそ、「日常生活からアピールは始まっている」と言い聞かせ、些細なところからアピールしてきた。

 すべては自身が目指す、「エースで全国制覇」のために。チャンスをもらってから頑張るのではなく、チャンスをもらえるように頑張る。当時は「同じ失敗を繰り返さない」と定性面を中心に目標を立て、淡々とベンチ入りに向けてグラウンドの中でも外でも監督へ必死のアピールを続けた。

 すると、武器だった制球力の高さで徐々に登板機会を増やしていき、2年生春ごろにはベンチ入りの当落線上まで浮上。そして「想定よりも早かった」と驚きもあったベンチ入りが2年生の夏にやってきた。

(取材:田中 裕毅

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.23

【春の千葉一次予選展望】木更津総合、拓大紅陵ら強豪校も登場!全8ブロックの注目カードを一挙紹介!

2024.02.23

【熊本】昨夏優勝の東海大星翔がいきなり強豪・有明と対戦!さらに秀岳館と同ブロック!<春季大会組み合わせ>

2024.02.23

楽天1位の古謝樹を輩出した桐蔭横浜大の卒業生の進路を発表!徳島インディゴソックスに進んだ俊足野手はいきなり猛打賞の活躍!

2024.02.23

【宮崎】昨秋優勝の延岡学園は伝統校・宮崎商と対戦!昨秋4強の小林西vs昨夏甲子園出場の宮崎学園の好カードも!<春季大会組み合わせ>

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.18

春季愛知県全5地区の組み合わせが決定!東邦、中京大中京など強豪校の初戦の相手は?

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.02

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!