Column

アメフト経由の150キロ右腕・吉村優が明かす後輩・清宮幸太郎の素顔と「早実野球」

2022.01.14

 150キロの剛速球が光る吉村 優投手(早稲田実業出身)。1学年後輩には高校通算111本塁打を記録した清宮 幸太郎内野手(現日本ハム)がいて、2年生夏には甲子園ベスト4を経験した。最後の夏はエースとして名門・早稲田実業の看板を背負ってマウンドに登り、西東京大会ベスト8まで勝ち上がった。

 吉村をはじめ、1学年後輩の清宮や、2学年後輩の野村 大樹内野手(現ソフトバンク)に加え、吉村が憧れた斎藤佑樹さん(元日本ハム)など、数多くの名選手を輩出している早稲田実業と指揮官の和泉実監督の指導はどういったものだったのか。

アメフト経由の150キロ右腕・吉村優が明かす後輩・清宮幸太郎の素顔と「早実野球」 | 高校野球ドットコムあわせて読みたい
■vol.1
早実エース→早大アメフト部→独立リーグ入団 常識外れな挑戦のルーツは?
■vol.2
アメフト経由でNPB挑戦 中等部出身組から「早実の背番号1」を勝ち取る
■vol.3
元早実エースはなぜアメフトに転向したのか?次の挑戦も「幻想」ではない
■コラム
2競技で「甲子園」経験 型破りな経歴でNPB入り目指す150キロ右腕が得たもの
■コラム
アメフト経由の150キロ右腕が明かす「早実野球」と後輩・清宮幸太郎の素顔

気づきの野球こそが早稲田実業の野球

アメフト経由の150キロ右腕・吉村優が明かす後輩・清宮幸太郎の素顔と「早実野球」 | 高校野球ドットコム
吉村優、高校時代の清宮幸太郎

 1人のOBでもあり、1人の教え子である吉村は、「気づき」というキーワードを用いる。

「文化として、気づきの野球を大事にされています。監督も『日常から何かに気づく力は、野球に生きてくる』と何度も指導してくれまして、その辺りをかなり見られていました」

 吉村自身、2年生の夏に初めてベンチ入りを果たす。硬式のクラブチームで実績がある選手が多くいる中で、中等部の軟式野球部出身ということもあり、些細なところからアピールを始めていた。ボール渡しをはじめ、練習試合ではアナウンスやスコア記入など、和泉監督にインパクトを与えようと必死だった。そんな吉村の頑張りに和泉監督が気付いたからこそ、チャンスをもらい、ベンチ入りをつかんだ。

 要因として、余計な四球を出さない安定感抜群の制球力もあったが、何より「監督に評価されていました」というベンチワークが鍵を握っていたと振り返る。

 ベンチワークは、吉村のなかでも大事にしていたことだった。

「自分の武器は何なのかと考えた時に、周りを見るのが得意だったので、ベンチワークは大事にしようと無意識に気づいたんです」

 吉村の言う通り、周りを見て気づいて行動をすることがベンチワークでは求められる。早稲田実業の文化が垣間見える瞬間といっていい。

 「気づく力」をもって、どう目標を立てて、そこに向かって考えて行動したから試合で結果が出たのか、と自分ですべきことを日常生活から実行することが求められた。

 八王子ボーイズのときに河合雄也氏から教わった「目標達成に関する指導」に近いものだろう。それについて「すごくマッチしていた」と振り返るように、通ずる部分も多かった。そのうえで「野球以外の部分でどうあるべきか大事にするようになりました」と、恩師への感謝の思いを言葉にした。

[page_break:周りを巻き込む底抜けの明るさも111本塁打スラッガーの魅力]

周りを巻き込む底抜けの明るさも111本塁打スラッガーの魅力

アメフト経由の150キロ右腕・吉村優が明かす後輩・清宮幸太郎の素顔と「早実野球」 | 高校野球ドットコム
高校時代の清宮幸太郎(早稲田実業)

 「気づく力」を土台に、考えて行動する。これが和泉監督から求められる能力であり、できる選手ほど、「試合に出ていたと思います」と自身の経験談から早稲田実業の特徴を改めて語る。それは1学年後輩の清宮も例外ではなかった。

「清宮も自分の目標をしっかり持っている選手だったので、決めたことはぶれませんでしたし、考えて気づくことができる選手でした」

 清宮といえば早稲田実業とU-18の代表で主将を任されるなど、「優等生キャラ」の立ち振る舞いを見せていた。吉村は加えて「愛されキャラ」だともいう。

「当時は先輩に加藤雅樹さん(現東京ガス)がいて、練習から緊張感をもってやっていたんですけど、清宮はそのなかでも明るく盛り上げるんです。それに乗っかって周りも明るくなっていたので、甲子園でベスト4に行けたのは、チームを明るくしてくれたからだと思います」

 甲子園で初ホームランを放った東海大甲府(山梨)戦では、ベンチで笑顔の絶えない清宮の姿が何度もテレビに映されていた。

 大事な場面で見せる集中力の高さや、高校通算111本塁打のバッティングは、言うまでもない。それらに加えて周りを明るくする人柄もあり、吉村も「優等生キャラでもあり、愛されキャラですね」と目を細めた。

 可愛い後輩・清宮のいるNPBの世界へ入るため、吉村は2022年より独立リーグへ挑戦する方向で準備を進めている。先日、徳島インディゴソックスから特別合格を受け、これから入団に向けてチームとの話し合いをしたうえで、正式に決定することになる。

 最速150キロを計測する剛腕に変貌を遂げた吉村と清宮が、同じグラウンドに立ってプレーする。想像しただけでワクワクしてくる。

(文=田中 裕毅)

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード