Column

6年連続甲子園出場を狙う花咲徳栄。選手の進化を支える独自のアイテムとは

2021.02.20

 センバツ甲子園出場32校が決まったが、3000校以上の学校が夏へ向けてスタートを切っている。その中で楽しみな学校なのが、花咲徳栄だ。2015年から続く6大会連続の夏の甲子園出場を目指す花咲徳栄は、140キロ台の速球を投げる主力投手が5名おり、さらに打線も巧打者、強打者も揃い、スキがないチーム構成となっている。

 花咲徳栄の恐ろしさといえば、夏にかけてさらに最強チームに仕上がるということだ。長年、花咲徳栄を支えるアイテム。そしてその真相に迫る。

なぜ花咲徳栄の選手たちは足袋をはくのか?

6年連続甲子園出場を狙う花咲徳栄。選手の進化を支える独自のアイテムとは | 高校野球ドットコム
浜岡陸主将(花咲徳栄)

 「選手が一番伸びる時期といえば、この12月から2月。だから選手たちには『一冬超えて成長した』と実感してもらいたい。そういう練習のプログラムを作るのが指導者の役割だと思っています」

と語るのが花咲徳栄を全国トップクラスの名門へ育てた岩井隆監督だ。1992年に花咲徳栄のコーチに就任し、2001年に監督に就任。2015年から続く6年連続で甲子園に出場。まさに一冬超えて夏に強い選手、チームを作り上げている。

 では何があるのか。そのヒントは足元にあった。

 選手たちの練習を見ると、スパイクをはいていないことに気づく。花咲徳栄の選手たちは足袋をはいているのだ。

6年連続甲子園出場を狙う花咲徳栄。選手の進化を支える独自のアイテムとは | 高校野球ドットコム
花咲徳栄の選手たちが履く足袋(花咲徳栄)

 オフ限定で12月~2月の3か月間で、雨などでグラウンドが使えない日以外は足袋を履いたまま、トレーニング、投球練習、打撃練習、守備練習といった技術練習をこなす。
なぜ足袋で練習するようになったのか?それは岩井監督が足袋をはいて練習した経験者だからだ。

 桐光学園出身の岩井監督は現役時代、遊撃手として活躍。その時、師匠として慕う稲垣 人司監督の勧めで桐光学園では同時期に足袋をはいて、岩井監督も効果を実感したという。

 その後、稲垣氏は花咲徳栄の監督に就任し、継続して足袋を導入し、現在に行きついている。一見、古典的なトレーニング。近年はトレーナー主導でメニューを組むチームがある中で、ある意味、斬新的だ。実際に花咲徳栄はウエイトトレーニングが取り組めるウエイトルームもあり、多くの強豪校でアスレティックトレーナーをしている方からサポートを受けるなど、花咲徳栄のトレーニングは多岐にわたる。

 その中でも岩井監督が足袋をはいてトレーニングする理由は効率性だ。最後の夏にかけて選手たちの技量がピークに持っていくためには、計画的な練習計画、絶対的な量が必要となる。昨秋は選手たちのミート力を高めるために、徹底とした打撃練習を行っていた。

 岩井監督も長い指導者生活で、いろいろな練習を試してきた。その中で足袋を履きながら普段の練習をすることで、技術力向上をしながら、足の指を鍛え、踏ん張る力を身に着けることが選手たちのポテンシャルを引き出すうえで、効率性が高いと考え、オフ期間に限定して取り組んでいる。

 では選手たちはどう感じているのか。その効果とさらに注意点についても説明をしていきたい。

[page_break:選手たちの感想は??]

選手たちの感想は??

6年連続甲子園出場を狙う花咲徳栄。選手の進化を支える独自のアイテムとは | 高校野球ドットコム
富田隼吾(花咲徳栄)

 今年の守備の要であり、堅守を誇る遊撃手・浜岡陸は効果を実感している。

「この冬でスムーズに足が運べるようになったと思います。軽いのもそうですし、薄いので裸足で走っている感覚です」

ただ最初は地面を強く前方への打球処理には苦労したようだ。

「とにかくどうすればうまく動かせるのか、苦労しました」

そこで足の指をどう踏ん張ればいいのか、地面にかむ感覚を養っていったところ、次第に動けるようになったようだ。

 また4番・富田隼吾も打撃の時に効果を実感している。

「このままでやると最初は滑ります。自分は軸足で踏ん張って、その力を使って回転を与えるタイプなので、滑って苦労しました。それでも指で土をかむ感覚でいくと、振れることができました。たまにシューズを履いて練習をするのですが、強いスイングができます」

 そして身体能力の高さはチームトップクラスの外野手・飛川は「一塁の駆け抜けでは、これがすべてではないですが、コンマ何秒かは速くなりましたし、スパイクをはいてみると、本当に体のキレが出てきたことを実感します」

 効果てきめんな足袋練習がオフ限定なのは、故障のリスクがあるからだ。スパイクと比べてフィット感がないため、足の骨折を招くケースがある。そのため足袋の下にあるソックスを二重に履いたり、テーピングをしたりしているようだ。

 

 はっきりいえば、高負荷なトレーニングになるため、誰もがお勧めできるメニューではない。それでも花咲徳栄の選手たちは上達のために、故障を防ぎながら、パフォーマンスアップしてきたのはこれまでの歴史が証明している。

 意欲的に自分の課題に向き合い練習してきた選手たちを見ると、今年の花咲徳栄は怖い。そう実感できるものがあった。

 花咲徳栄の選手たちがが打撃、守備、投球で大事にしていることはテーマ別でコラムでお届けします。お楽しみに!

(取材=河嶋 宗一

関連記事
【速報】センバツ出場校発表!32校の顔ぶれは?
140キロ以上が4人の投手陣、強打者、巧打者揃いの強力打線を誇る花咲徳栄の逸材を徹底分析
清水達也、高橋昂也など埼玉5連覇を支えた花咲徳栄の好投手列伝

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.19

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.19

【千葉】銚子商、光英VERITASの初戦の相手は?<春季大会地区予選組み合わせ>

2024.02.19

野球界にもやってきた「厚底」の流れ 超一流選手も注目の一足「革新をもたらしそうなスパイク」

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.02.17

センバツ出場・豊川の練習環境がスゴい!公営球場並のグラウンド、雨天練習場、寮も完備! 注目スラッガー・モイセエフ擁して春に旋風を巻き起こす!

2024.02.17

名門・日立製作所が新人5人を発表!慶大のトップバッター、東海大の主将などが実力派が加入!

2024.02.17

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】

2024.02.20

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.02

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.01.22

【2024年度大学野球新体制一覧】注目大学の野球部主将・新体制はどうなったか?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!