Interview

負けん気の強いアンダースローの中川颯(桐光学園ー立教大)の投手人生の始まり vol.1

2020.12.14

 1998年世代は投手大豊作の1年。プロでは山本 由伸都城出身)、大学では早大の早川 隆久木更津総合出身)と実に多い。その中で異色の存在といえるのが立教大の中川 颯桐光学園出身)だ。高校時代から有名なアンダースローとして、二度の関東大会出場、最後の夏はベスト4。

 立教大進学後は1年春に大学選手権優勝を経験。61試合に登板し、10勝8敗、通算141奪三振と好成績を残し、今年のドラフトでは4位指名を受け、プロ野球選手になる夢を叶え現在、プロ野球界でアンダースローで実績を挙げたのはこの3人。

高橋 礼投手(福岡ソフトバンク)専大松戸出身
與座 海人(埼玉西武)沖縄尚学出身
牧田 和久(東北楽天)静清工出身

 中川はアンダースローで勝負出来る投手として評価され、夢を叶えることができた。では中川はいかにしてこの位置にたどり着いたのか。そのサクセスストーリーを振り返っていきたい。

負けん気の強いアンダースローの中川颯(桐光学園ー立教大)の投手人生の始まり vol.1 | 高校野球ドットコム続きはこちらから!
県内屈指のアンダースローのきっかけとなった帝京戦 中川颯(桐光学園ー立教大) vol.2
苦しみ抜いた中川颯(桐光学園ー立教大)が生み出したアンダースロー論 vol.3

渡辺俊介に憧れてアンダースロー人生がスタート

負けん気の強いアンダースローの中川颯(桐光学園ー立教大)の投手人生の始まり vol.1 | 高校野球ドットコム
中川颯

 中川が野球を始めたのは小学校1年生から。父親とキャッチボールをしているうちに自分に向いている投法がサイドスローだということに気づく。

 「もともと昔から平日に父親と投げ込みをしていて、投げている時に、リリースポイントが下がっていました。
 自然と、スリークォーター気味になっていて、小学5年生のときにプレーしていた少年野球のチームの投手がすごい良くて、彼もサイドスローでしたので、興味本位で真似したのがきっかけです。自分には結構合っていて、投げやすくて球威もコントロールも安定した覚えがあります」

 そして中学校では、横浜泉シニアでプレー。入学する前にアンダースローになる最大のきっかけを見つける。

 「日本シリーズで、千葉ロッテが日本一した時、渡辺 俊介さんが活躍されていて、それを見ていて、いざ中学にはいる時だと、身体も小さかったので、アンダースローにして、少しでも上で通用する可能性があるものを身に着けないと自覚があって、アンダースローにしました」

 中学生当初は150センチほど。渡辺が著した本も購入し、アンダースローの勉強を行い、投球フォーム、ストレートの投げ方などを学んだ。

 中学生になると成長期に入り、メキメキと身長が伸び、中学3年になる頃には180センチと高身長に。チームでは5番を打つようになり、チーム内では中心選手へ成長した。

 180センチと長身ならば、角度を生かしてオーバースローにする考えもある。しかし中川はアンダースローにこだわった。

[page_break:桐光学園入学後は挫折を痛感]

桐光学園入学後は挫折を痛感

負けん気の強いアンダースローの中川颯(桐光学園ー立教大)の投手人生の始まり vol.1 | 高校野球ドットコム
桐光学園時代の中川颯

 「変えたくなかったというか、プライドじゃないですけど、根っからのアンダースローと自負していたので、他のアンダースローの投手には負けたくない気持ちが強いですね」

 そして卒業後は桐光学園進学を決断する。

 「横浜泉シニアの先輩が桐光学園に進んでいて、桐光学園の良さを見聞きしていました。まず進学校で大学の進路も良い。自分自身、大学進学することは当時から考えていたので、そこは良いと思いました。

 一番の理由は、自主性を特化した練習環境です。僕自身、練習は自らとことんしますが、強制的で、いわゆる縛られた練習が嫌いでしたので、そういうのがない桐光学園の環境は一番合っていたかなと思いました」

 こうして桐光学園へ入学した中川だったが、入学する前年は松井 裕樹(東北楽天)がエースとして全国的な注目を浴びていた名門校。最初はレベルの高さに圧倒されたという。

 「中学も5番を打っていましたけど、力量からといえば、他の選手のほうがすごくて、自分はそれほど実力がない選手でしたので、やはり桐光学園に進んだらどの選手もレベルが高くて圧倒されましたね。入学したときは全然通用しないで終わるじゃないかと思いました」

 補欠のまま終わるかもしれない。

 いわゆるスーパー中学生の立場ではなかった中川がいかにして1年夏のベンチ入りを勝ち取ったのか。

 それはある練習試合の奇跡的な活躍だった。

vol.1はここまで。次回のvol.2は16日、最終回となるvol.3は17日掲載予定。vol.2では中川投手の高校時代の活躍を振り返っていきます。次回もお楽しみに!

負けん気の強いアンダースローの中川颯(桐光学園ー立教大)の投手人生の始まり vol.1 | 高校野球ドットコム続きはこちらから!
県内屈指のアンダースローのきっかけとなった帝京戦 中川颯(桐光学園ー立教大) vol.2
苦しみ抜いた中川颯(桐光学園ー立教大)が生み出したアンダースロー論 vol.3

(記事=河嶋 宗一

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.23

春季関東大会でデビューしたスーパー1年生一覧!名将絶賛の専大松戸の強打者、侍ジャパンU-15代表右腕など14人がベンチ入り!

2024.05.23

【野球部訪問】鳥栖工は「練習の虫」のキャプテンの元で2年連続聖地を目指す

2024.05.23

【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

2024.05.23

強豪・敦賀気比の卒業生は、日本大、東京農業大などの強豪大、2名の内野手がプロへ進む

2024.05.23

智辯和歌山の197cm右腕、和歌山東のプロ注目の強打者、公立校に140キロ超え右腕が続出!【和歌山注目選手リスト】

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.05.18

【秋田】明桜がサヨナラ、鹿角は逆転勝ちで8強進出、夏のシードを獲得<春季大会>

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】