News

春季大会は準々決勝で打ち切り!沖縄高校野球の現在の状況は?

2020.04.18

春季大会は準々決勝で打ち切り!沖縄高校野球の現在の状況は? | 高校野球ドットコム
ベスト8まで勝ち上がった知念 ※写真は今春の県大会から

 全国で唯一春季大会が行われた沖縄県。準々決勝までで進んだところで大会は打ち切り。最後までやり切ることはできなかったが、大会が開催された沖縄県は現在の活動状況はどのようになっているのか。

 沖縄県は3月に一度公立校は休校があったが、3週目より登校再開。それに合わせて無観客ではあったが春季大会が開催。沖縄に球春が訪れたが、4月5日に行われた準々決勝を境に大会は中止。4月7日から再び休校要請がかかり、当初は19日までが自粛期間の予定だったが、感染拡大の影響を受けて5月6日までとなった。

 これで公立だけではなく、私立も活動は自粛。連休明けまで練習が再開できないが、練習できないことに不安の声は上がってくる。
 「夏の大会はどうなるかわからないですが、再開までは不安があります。話し合いはしておりますが、連休明けに再開となると、順調に予選が開催されれば1か月くらいしか期間がないので、不安だらけです」

 沖縄は先駆けて夏の予選が6月ごろから始まる。予定通り開催がされ、長期休み明けから練習すると、全体で練習できる時間は本当に僅かとなる。

 また4月から異動で新天地に向かった先生もいる。心機一転で選手たちのことを知り、夏に向けて準備を進めたいところだが、入学式や始業式もできていないところもあり、まだチームの雰囲気も含めて状況を掴めていない人もいるのが現実だ。

 その一方で春の県大会で8強に入った知念は「様々なことにチャレンジができる期間ではある」と前向きにとらえ、選手たちの成長を楽しみにしているチームもある。

 夏の大会までタイムリミットは刻一刻と近づいてきている。それでも、選手たちは健康を第一にできる範囲での練習を続けていくことが、今すべきことだろう。

関連記事
「大会を開催いたいだいた高野連の方々に感謝」 春ベスト8の知念が夏まで目指すチーム像
沖縄県大会の4強の顔ぶれを振り返る
何故、春季沖縄県大会は全国で唯一、開催出来たのか【前編】

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.10

浅野翔吾がノーヒットで二軍落ち 巨人高卒ドライチ野手5人の成長曲線

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?