Interview

関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】

2020.03.29

 昨年のMCYSA全米選手権日本代表に選出されるなど、中学球界屈指の左腕として知られている湖東リトルシニアの南琉人。しなやかなフォームからノビのあるストレートを投げ込み、ある高校の指導者が「中学生の中に高校3年生が交じっている」と表現するほど、その実力は際立っている。

 4月からは神奈川の名門・東海大相模に進み、全国制覇と卒業後のプロ入りを目指す。将来はMLB入りも見据える逸材にこれまでの成長ストーリーと今後のビジョンについて伺った。

元プロ・村西監督の下で野球を教わる

関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】 | 高校野球ドットコム
南琉人(湖東リトルシニア)

 南が野球を始めたのは小学3年生の時。近所に住んでいた先輩から誘われて、土山・山内スポーツ少年団に入団した。生まれつき左利きだったこともあり、野球を始めてからすぐに投手を始めたという。

「最初は全然ストライクが入らず、バッターも抑えられず、苦しんでいましたが、6年生になると、だんだん自覚が芽生えて、バッターを抑えることの楽しさを覚えました」

 投手としての楽しさを知った南は中学に上がると、湖東リトルシニアに入団。「監督が元プロ野球選手で、投手として成長するには一番良い環境だと思ったからです」とかつて横浜の投手だった村西哲幸監督の存在が入団の決め手となった。

「ピッチャーとしての自覚を持つことと、ピッチャーとして大切なトレーニング方法を学べました」と南は3年間での成長を振り返る。特に役立ったトレーニングは柔軟と走り込みだという。

「柔軟は投球フォームの改善に繋がりましたし、走り込みは下半身と上半身の連動に役立つことがわかったので、とても良かったです」

[page_break:日の丸を背負い、将来のメジャーリーガー候補たちと対戦]

日の丸を背負い、将来のメジャーリーガー候補たちと対戦

関西地区を代表する左腕・南琉人(湖東リトルシニア) シニア日本代表に選出までの成長ストーリー【前編】 | 高校野球ドットコム
南琉人(湖東リトルシニア)

 村西監督の指導の下で力をつけた南は、2年生の冬に台湾で行われた第9回日台AA野球大会の関西連盟代表に選出された。初めて海外での試合を経験し、新たな課題が見つかったと話す。

「ストレート一本では抑えられないと感じました。その時はタイミングをズラすボールがなかったので、クイックで投げたり、少し難しい技術にもチャレンジしようと思いました」

 国外のチームと対戦したことで、投球術に磨きをかけるきっかけとなった。3年生になっても順調に成長を続け、昨年7月のMCYSA全米選手権大会に日本代表にも選出。初めて日の丸を背負うことになった。ここで海外の強打者を相手に大会を通じて7回無失点の好投。将来のメジャーリーガー候補を相手に力を見せつけた。それでも相手のレベルの高さは確かに感じたという。

「アメリカという遠い場所で野球をして、野球の質の差にも驚きましたし、野球のやり方も全然違ったので、凄く勉強になりました。バッターは当たった時のパワーが全然違っていて、ピッチャーも凄かったです。ストレートはある程度、通用したので、これからも質、スピードともに向上していけたらと思います。また、無駄球があると、甘い球を捉えられやすくなるので、そこをなくしていきたいと思います」

 3年間で様々な経験をした南だが、最も印象に残っている試合は日本選手権関西大会4回戦の兵庫北播リトルシニア戦。延長タイブレークの末に敗れて日本選手権の出場を逃したが、「自分の力を存分に出せたので、良い経験になりました」と納得のいく投球ができたようだ。

 前編はここまで。後編では、村西監督の評価やなぜ東海大相模に進学を決めたのかについても語ってもらった。後編もお楽しみに!

(記事=馬場遼

関連記事
ポテンシャル抜群の大型外野手・山地裕輔が天理の4番で座り続ける理由
来田、細川、小深田のスラッガートリオなどタレント揃い!甲子園で要注目な西日本逸材野手29名リスト
選抜があれば要注目だった!中森、小林、岩崎ら西日本好投手リスト23名!

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.05.22

【愛知・全三河大会】三河地区の強豪・愛知産大三河が復活の兆し!豊川を下した安城も機動力は脅威

2024.05.22

【秋田】明桜と横手清陵がコールド勝ちで4強入り<春季大会>

2024.05.22

阪神・佐藤がフェンス直撃のタイムリー!昨日のHRに続き今日もバットで結果!再昇格へ連日アピール!

2024.05.22

【愛知・全三河大会】昨秋東海大会出場もノーシードの豊橋中央が決勝進出、147キロ右腕・内山など投手陣に手応え!名指導者率いる三好も期待の 1、2年生が出場

2024.05.22

【福島】学法石川と聖光学院が4強入り、準決勝で激突<春季県大会>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.17

「野球部や高校部活動で、”民主主義”を実践するには?」――教育者・工藤勇一さん【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.5】

2024.05.19

【東海】中京大中京がコールド勝ちで17年ぶり、菰野は激戦を制して23年ぶりの決勝進出<春季地区大会>

2024.05.20

【春季京都府大会】センバツ出場の京都国際が春連覇!あえてベンチ外だった2年生左腕が14奪三振公式戦初完投

2024.05.20

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在31地区が決定、宮城では古川学園、仙台南、岩手では盛岡大附、秋田では秋田商などがシードを獲得

2024.04.29

【福島】東日本国際大昌平、磐城、会津北嶺、会津学鳳が県大会切符<春季県大会支部予選>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.29

【岩手】盛岡中央、釜石、水沢が初戦を突破<春季地区予選>

2024.04.23

床反力を理解しよう【セルフコンディションニングお役立ち情報】

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?