Column

機動破壊から投手王国へ 健大高崎の投手育成改革

2020.03.15

 2011年夏に初めて甲子園出場を果たした健大高崎。選抜3回はすべてベスト8以上、夏3回とも一勝以上しており、通算13勝6敗と、驚異的な勝率を誇る。健大高崎は走塁で相手をかく乱する「機動破壊」で大きなインパクトを残した。今の健大高崎は機動力だけではなく、投手育成にも力を入れ始めた。

 その結果、新2,3年生の投手17人のうち140キロ超えが7人。ほとんどが130キロ~130キロ後半を投げるレベルにまでに達した。投手王国を目指そうとしている健大高崎の改革に迫る。

古島医師からの進言から始まった投手改革

機動破壊から投手王国へ 健大高崎の投手育成改革 | 高校野球ドットコム
左腕・下慎之介

 機動破壊で有名になった健大高崎。まずオフェンス面から優先的に力を入れたように、プロ入りした選手を振り返ると、野手が多い。2014年の脇本直人(元千葉ロッテ)、2017年の湯浅大(巨人)、2018年の山下航汰(巨人)、また東北福祉大学を経由した長坂 拳弥(阪神)、HONDA鈴鹿を経由した柘植世那(埼玉西武)。投手のプロ入りは三ッ間卓也(中日)しかいない。

 だが、まったく好投手がいないわけではない。2017年選抜出場の小野大夏(Honda)は高校時代、145キロ右腕だったが、今では150キロを超える速球派右腕へ成長し、ドラフト候補に挙がる。過去に健大高崎を指導していても、投手のメカニック、分業制にこだわっているチームだった。

 転機となったのは2019年。健大高崎は慶友整形外科病院でスポーツ医学センター長を務め、「球数制限」の議論をめぐって、メディアからも注目されている古島 弘三医師からアドバイスを受け、3時間の講義を受けた。

 青柳監督をはじめとした、健大高崎スタッフは古島医師のアドバイスを受け入れ、方針を転換した。
・1週間の球数は100球以内
・土日の練習試合の登板日は事前に決定
 
・連投は原則禁止

 このルールで、1週間、選手はそれぞれで投球練習の球数を決め、それ以外は初動負荷トレーニング、ウエイトトレーニングなどを行い、登板日にベストの力を発揮できるように調整を行う。球数は生方啓介部長が管理。その結果、故障がほとんど減ったという。

 この方針の狙いは選手自身が実力を発揮できるように、自ら考えて取り組まないけない点だ。指導者に縛られない分、楽ではある。しかし結果を出さなければ、すぐにBチームに振り分けられる。現在、エースを務める左腕・下慎之介
「常に結果を出さないといけないプレッシャーはありますし、それぐらいレベルが高いです」と語る。また球数制限をすることで投球練習の考え方が変わってきた。

[page_break:球数制限は選手の思考力を高める]

球数制限は選手の思考力を高める

機動破壊から投手王国へ 健大高崎の投手育成改革 | 高校野球ドットコム
橋本 拳汰(健大高崎)

「中学の時は調子が良ければ、20球ぐらいで済ませていました。調子が悪いとしっくりいくまで100球以上投げていました。今振り返れば漠然とした投球練習だったと思います。今では3球1セット、5球1セット。そしてカウントを設定して投げます。このカウントから初球はカーブから入ろう。ストレートから入ろうとか、実戦で投げるイメージです」

 そうすると好不調に関わらず、いつでも自分の実力を発揮できるようになったという。
「以前は調子の良し悪しで内容が変わる感じでしたが、今では調子が悪くてもコースで投げられますし、試合を作れるようになりました」
 球数を抑えることは故障を防ぐだけではなく、決められた球数の中で効果的な練習をするために選手の思考力を養ったのである。

 投球練習以外では可動域を広げるために初動負荷のトレーニングを行ったり、ウエイトトレーニングを行う。練習中、投手陣の動きをみると、フォームの確認にかなり時間をおいている。タブレットで動画を撮影してもらいフォームを確認する選手もいれば、タオルを使わずにシャドーピッチングする選手がいる。タオルを使わないシャドーピッチングこそ健大高崎なりのこだわりがあるという。エース・下はこう語る。

「タオルでやってしまうと、どうしても感覚が変わってしまうので、なるべくタオルを使わずに腕を振ることを意識しています。トレーニングでボールを速くすることはできるんですけど、やはり良いフォームで投げることが故障を防ぎますし、コントロール、球速を高めるので、フォームの動きについてチェックをしています」

 そして142キロ右腕の橋本拳汰は「このシャドーは傾斜のあるマウンドで実行しています。やはり平地と傾斜があるところで投げるだけでも全然違います」

 実戦に即した投球練習、メカニックにこだわったフォームドリル、ウエイトトレーニング、初動負荷トレーニングなど合理的な練習を積み重ねた結果、140キロを投げられる投手は7人もいる。その7名は以下の通り。
下 慎之介(新3年)182センチ75キロ 左
工藤 慈(新3年)176センチ78キロ 右
大江 立樹(新3年)183センチ75キロ 右
櫻井 秀太(新3年)178センチ81キロ 右
鈴木 威琉(新3年)178センチ73キロ 右
橋本 拳汰(新3年)191センチ85キロ 右
今仲 泰一(新2年)178センチ68キロ 右

 取材した2月時点のデータなので、3月、4月に入っても7人以外の投手が140キロを超える可能性はもちろんあるという。この方針の狙いは、甲子園ではなく、次のステージでも活躍できる選手の育成だ。青柳監督によると、今年、卒業する選手のほとんどが大学でも野球を続けることが決まっている。

 今後について、現在の3年生について聞いてみた。プロ注目の下、橋本拳の二枚看板はプロを目標において練習を重ねているが、これまであまりベンチ入りの機会がなかった140キロ右腕・大江も「もちろん高校卒業後も続けることを考えています」と語り、真剣な表情でトレーニングを行っていた。

 140キロを投げたとしても必ずしもベンチに入れるわけではない。かといって次のステージで続けるためのサポートを行う。健大高崎の育成システムが確立し、結果を出していけば、入部する投手のレベルはさらに高まるだろう。

 数年後には全国の強豪校も寄せ付けない投手王国になる可能性は十分にある。

(取材=河嶋 宗一

関連記事
◆他の野球部訪問を読む
通算75本塁打の礎を作った中学時代と高校1年時の打撃改造 山下航汰(健大高崎)【前編】
健大高崎(群馬)の練習メニューを大公開!高校野球のレベルを超えたハイレベルな内容だった!

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】

2024.06.21

「10年後、日本の野球界は行きづまる」一人の野球指導者の危機感が、アマチュア球界を変える新リーグを生んだ~野球指導者・阪長友仁のビジョン前編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.6】

2024.06.22

【鹿児島】神村学園は鹿児島商と沖永良部の勝者と対戦、鹿児島実は大島と初戦で対戦<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.21

【長野】22日に抽選会!上田西と東京都市大塩尻の「2強」に長野日大が続く、松商学園はノーシードからの「逆襲」へ<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.22

南北海道室蘭支部が開幕!北海道栄、苫小牧中央がコールド発進【2024夏の甲子園】

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】

2024.06.16

大阪桐蔭、山梨学院、慶應義塾…強豪校・名門校の昨年度卒業生はどの進路を歩んだのか?【卒業生進路一覧】

2024.06.18

今夏埼玉の注目野手18人! ドラフト1位級の花咲徳栄スラッガーを筆頭に浦和学院・昌平らに大型選手が揃う【埼玉注目野手リスト】

2024.06.19

夏の兵庫大会のヒーロー候補21人!報徳学園・今朝丸、神戸弘陵・村上の「151キロ右腕二人」が筆頭格!投打にタレント揃いの東洋大姫路にも注目

2024.06.18

激戦区・兵庫の組み合わせ決定!センバツ準V報徳学園は舞子と明石北の勝者と、3連覇狙う社、プロ注目右腕・槙野遥斗擁する須磨翔風など注目校の初戦は!?【2024年夏の甲子園】

2024.05.31

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在34地区が決定、佐賀では佐賀北、唐津商、有田工、龍谷がシードに

2024.05.25

首都2部優勝の武蔵大の新入生に浦和学院の大型左腕、左の強打者、昌平の主軸打者など埼玉の強豪校の逸材が入部!

2024.05.24

春季近畿大会注目選手17人! 智辯和歌山の大型右腕、大阪学院大高の全国トップレベル遊撃手、天理のスラッガーコンビら逸材がこぞって出場!

2024.05.23

【鹿児島NHK選抜大会展望】本命・神村学園、対抗馬・鹿児島実、2強の牙城を崩すのは?

2024.06.21

なぜ高校野球の新たなリーグ戦は拡大し続けているのか?『チームのために個人がいる』ではなく『個人の成長のためにチームがある』~野球指導者・阪長友仁のビジョン後編~【『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.7】