News

12試合20本塁打で近畿王者となった天理の課題は評判に見合う真の実力を身につけること

2020.01.30

12試合20本塁打で近畿王者となった天理の課題は評判に見合う真の実力を身につけること | 高校野球ドットコム
スイングに取り組む選手たち(天理)

 近畿大会王者、天理がこれまでの歩みを振り返った。12試合で20本塁打は出場校31校の中でも断トツトップ。対戦したチームからも「あんなに振れて強烈に打球を飛ばせるチームはなかなかない」と恐れられている。

 だがそんな評価とは裏腹に、中村良二監督は、今年のチームは選手のポテンシャル的にはここ3年のチームに比べても低いという。

 だから20本塁打という数字は「出来過ぎな結果です」と笑う。それでも20本塁打を打てたということは光るものがあったということ。中村監督は、選手の姿勢の良さを評価する。
「まずチームのまとまりがありましたし、どの世代も一生懸命努力しますが、今年のチームは自ら考えて取り組める選手たちです。チームの信条であるフルスイングを徹底して行っていたと思います」

 また選手たちは実力を高めることに朝練を行っていた。
「私も後から知ったのですが、自ら朝練を行っていたんですよね。自分たちに実力が足りないということが分かって、取り組めるところが彼らの強みだと思います」

 ちなみにこの朝練は選手主導で新チームが始まって取り組みを始めたもの。火曜日・木曜日に通常より30分早い5時半起床で、素振り、捕球練習など基礎的な練習と30、40分ほど行う。

 1年生遊撃手の杉下海生は「朝早いのはきついものですが、勝ち上がりの過程で生きていたなと思うことはあります」
 冬場の練習は個々の戦力アップをテーマに精力的に練習に取り組んできた。

 去年の成果に中村監督は「びっくりするようなパフォーマンスですが、あれができたということは、力がないというわけではないですし、できる潜在能力は持っているんです。あれを一過性ではなく、選抜でも発揮できるよう練習をしていこうということを話をしています」

 「評判に見合う真の実力をつける」

これこそが天理がこの冬場に掲げるテーマなのだ。そのために実力主義を貫く中村監督。
「レギュラーだから、我慢して使うことはありません。結果が出ない、姿勢が悪い。ということであれば、私はベンチ入りからは外しますし、選手たちも自覚して取り組んでいます」
 主将・下林源太は「昨年は神宮大会の中京大中京戦で守備のミスが出てしまって負けてしまったので守備を重点的に取り組んで行っています」と守備力強化をテーマに励んでいる。

 センバツを見据え、個々の能力をあげるために取り組む選手たち。大舞台でも力を発揮できる真の実力を身につけたとき、天理は優勝候補に名乗りあげることになるだろう。

(文=河嶋 宗一

関連記事
◆特設サイトはこちら⇒選抜2020特設サイト
◆選抜に出場する32校をチェックする⇒明石商や花咲徳栄などが選出!
智辯和歌山の課題は「個」のレベルアップ。コンバートなどを経て全選手がレベルアップ!

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.12

埼玉では北本・生井がシード川越西を完封、川越工はサヨナラ勝ち【2024夏の甲子園】

2024.07.12

校名が消える……プロも輩出・塔南最後の夏はコールド発進!140キロ右腕2人を擁する好チーム「甲子園に名前を刻みたい」【24年夏・京都大会】

2024.07.12

岩手では盛岡工が逆転勝ち、花巻北、盛岡中央も初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.07.09

キャプテンも、シートノック担当女子マネ兼助監督も野球未経験……それでも強豪に善戦した都立校が教えてくれた高校野球のすばらしさ【24年夏・東東京大会】

2024.07.09

下町の実力都立校・紅葉川が“本拠地”で初戦突破!エース8安打を浴びながらも完封勝ち【24年夏・東東京大会】

2024.07.07

西東京大会が開幕!拓大一がコールド発進、都立東村山西が66得点の圧勝【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】