Interview

もう一人の規格外の逸材・関戸康介が明徳義塾中、大阪桐蔭でプレーする理由【前編】

2019.12.28

 全国からえり抜きの逸材が集まる大阪桐蔭。実績、将来性という点で群を抜いているのが関戸康介だ。

 小学校6年時にホークスジュニアで129キロをマークすると、明徳義塾中に進み、中学3年には最速146キロをマーク。地上波のバラエティ番組の企画で登場するなど認知度の高さは現在の大阪桐蔭所属選手の中でも群を抜いている。

 そんな関戸の野球人生の歩み、大阪桐蔭に進むきっかけ、大阪桐蔭での生活の様子などを語ってもらった。

小学校6年で最速129キロ。自分を高めたい思いで明徳義塾中へ

もう一人の規格外の逸材・関戸康介が明徳義塾中、大阪桐蔭でプレーする理由【前編】 | 高校野球ドットコム
インタビューに答える関戸康介(大阪桐蔭)

 長崎県佐世保市出身の関戸の野球人生は3歳から始まった。小学校1年生に少年野球入りし、セインツジュニア6年時にホークスジュニアのセレクションに受験し、見事に合格。そしてNPBジュニアトーナメントで129キロをマークし、大きく注目を浴びる。

 小学生ながら、驚異的な球速をたたき出した関戸は
 「驚きました。自信はありましたけど、ここまで出るとは思いませんでした」

 驚きを隠せなかった。関戸がここまでの球速を出せるようになったのは普段から取り組んでいる遠投が生きていた。
 「父から速い球と遠くへ投げることを追求しなさいといわれていまして、それで遠投をひたすら行う毎日でした」

 幼少期の習慣が大事だと感じさせるエピソードである。そして関戸は地元の佐世保を出て、高知の明徳義塾中に進学。進学のきっかけとして、小学校6年生の10月に明徳義塾中の指導者から誘いを受けた。

「明徳義塾中ならば人間的に大きくなれると思って進学を決めました」

もう一人の規格外の逸材・関戸康介が明徳義塾中、大阪桐蔭でプレーする理由【前編】 | 高校野球ドットコム
練習中の関戸康介(大阪桐蔭)

 受験して明徳義塾中に合格。寮に住むことになる。
 明徳義塾中の寮のルールは2人部屋で携帯禁止と恋愛禁止のみ。お菓子と炭酸飲料を飲むのはOKだった。

 思春期で、遊び盛りの中学生にはきついルールだが、関戸は
 「自分は空き時間は勉強するつもりでしたし、恋愛禁止については自分は縁がないので特に関係ないと思いました(笑) 野球に集中できる良い環境だったと思います」と笑う。

 関戸が明徳義塾中の3年間で取り組んだことは主に体幹とバランスを鍛えるトレーニング。さらに中距離、長距離のランニングが中心。ウエイトトレーニングは一切やっていない。
 「自分はピッチングにおいてバランスがとても大事だと思っているので、このトレーニングは非常に大きなものでした」

 明徳義塾中のトレーニングにしっかりとかみあった関戸はみるみると球速を高めていき、中学2年に140キロに達し、そして中学2年冬にはピッチング練習中に最速143キロに達する。ただその143キロは手ごたえのあるものではなかった。

 「自分にとってあまり良い感触ではなかったので、さらに満足いくストレートを投げていこうと冬のトレーニングも気合を入れて臨むことができました」

 関戸はさらに進化を遂げ、常時140キロ台をマーク。地上波のバラエティ番組にもその能力を発揮し、知名度を高めていく。

[page_break: 関戸をかきたてた森木大智の存在。そして大阪桐蔭に進んだ理由]

関戸をかきたてた森木大智の存在。そして大阪桐蔭に進んだ理由

もう一人の規格外の逸材・関戸康介が明徳義塾中、大阪桐蔭でプレーする理由【前編】 | 高校野球ドットコム
マウンド上の関戸康介(大阪桐蔭)

 そして関戸の成長に欠かせなかったのが、高知中の森木大智高知)の存在だ。軟式ながら最速150キロのストレートを投げ込む森木について関戸は
 「自分の中で目標ですし、すべてにおいて一流と思っていたので目標にできる人物だと思っていたので、森木がいたから成長できたと思います。とても感謝をしています」

 また明徳義塾中ではiPod touchなど音楽プレーヤーの使用はOKで、また時間限定でWi-Fiを使えるため、それを使って森木と交流する時間もあったようだ。

 そして関戸は最後の大会となった第35回記念全日本少年軟式野球大会で最速146キロを計測した。
 「ネット裏から計測していた人のガンでその数字を計測したと聞きました」と最後の夏で森木に並ぶスピードを計測したのであった。

 中高一貫の明徳義塾ということでそのまま明徳義塾高に進むと予想されたが、進路一転し、明徳義塾中をやめ、地元の佐世保に戻ることになった。その理由について、
 「自分をさらにレベルアップするには、環境を変えないといけないと思いまして、指導者の方にお願いして地元に戻ることにしました」

 さらなるレベルアップを目指して、関戸は2018年に春夏連覇を果たした大阪桐蔭を一般受験することを決めた。一般受験の内容は
 「結構難しかったですけど、なんとか解けました。自分は社会と、小学校の時にそろばんを習っていたこともあって、数学は得意でした」と見事に大阪桐蔭に合格。ここで日本一の選手になることを決めたのであった。

 前編はここまで。後編はいよいよ名門・大阪桐蔭の門を叩いた、高校生・関戸康介の入学当初から先日の近畿大会までを石田コーチの証言も交えながら振り返ります。そして最後には目指す選手像も語っていただきました。後編もお楽しみに!(後編を読む)

(取材=河嶋 宗一

関連記事
◆連載 2020年インタビュー
課題を見つけて、成長するスーパールーキー・森木大智(高知)【前編】
3季ぶりの甲子園出場・全国制覇を狙う大阪桐蔭の現在地。「我の強い集団が1つになったとき」

大阪桐蔭特集2020 配信スケジュール

12月23日(月)
【動画】過去最大の大阪桐蔭特集がクリスマスイブからスタート!

12月24日(火)
【コラム】3季ぶりの甲子園出場・全国制覇を狙う大阪桐蔭の現在地。「我の強い集団が1つになったとき」
【動画】大阪桐蔭のバッティング練習にド接近!西野や池田など秋の主力組が快音連発!

12月25日(水)

【コラム】超一流だけではない。全部員を活躍させる大阪桐蔭メソッドに迫る vol2


【動画】大阪桐蔭のボール回しを肌で感じる!覇気の強さがビンビン伝わる!

12月29日(日)
【コラム】野球部訪問 トレーニング編
【動画】トレーニング編

12月30日(月)
【インタビュー】関戸康介

★26日~31日まで、年内はまだまだ大阪桐蔭のインタビューや野球部訪問を公開するよ!

1月3日(金)
【動画】「大阪桐蔭野球部の今」スペシャル編

★1月もまだまだインタビューや野球部訪問を公開するよ!お楽しみに!

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.15

”超攻撃野球の浦学”から”堅守の浦学”へ。難敵相手に1対0の完封勝利発進

2024.07.15

栃木では6試合が雨天順延、宇都宮北と足利大附が初戦を突破【2024夏の甲子園】

2024.07.15

伝統校・県立和歌山に現れたスーパー1年生打者が2安打2打点の活躍で、2年ぶりの勝利に貢献!【24年夏・和歌山大会】

2024.07.14

甲子園通算19度出場・享栄が初戦敗退 1点差でまさかの敗戦【2024夏の甲子園】

2024.07.13

四国の夏を盛り上げる逸材20名! 全国注目の四国BIG3から「東大野球部か医者か」の秀才、名門・池田の小さな大エースまで【逸材選手リスト】

2024.07.15

ノーシード・二松学舎大附が2戦連続で延長戦を制す【2024夏の甲子園】

2024.07.13

モイセエフ擁する豊川、初の夏の甲子園へ戦力向上中! カギは超高校級スラッガーの前、投手陣は急成長 センバツの雪辱をはたすか!?【注目チーム紹介】

2024.07.15

プロ注目153キロ右腕が3回戦で姿消す 好リリーフ見せるもあと1点及ばず【2024夏の甲子園・兵庫】

2024.07.08

令和の高校野球の象徴?!SJBで都立江戸川は東東京大会の上位進出を狙う

2024.06.30

明徳義塾・馬淵監督が閉校する母校のために記念試合を企画! 明徳フルメンバーが参加「いつかは母校の指導をしてみたかった」

2024.06.23

大阪桐蔭が名門・日体大に1勝1分け! スター選手たちが快投・豪快弾・猛打賞! スーパー1年生もスタメン出場 【交流試合】

2024.06.23

プロ注目の大阪桐蔭・徳丸が大学生相手に決勝アーチ!直近3週間5本塁打と量産態勢!2年ぶり夏甲子園へ強打者の勢い止まらず!

2024.06.28

元高校球児が動作解析アプリ「ForceSense」をリリース! 自分とプロ選手との比較も可能に!「データの”可視化”だけでなく”活用”を」