Column

「常に全力を尽くせるか」甲子園出場のための成長曲線 秋田修英(秋田)

2019.04.23

 秋季秋田県大会を制した秋田修英、冬場を超え夏までにどのようなチームを目指しているのか、鈴木寿宝(すずき・ひとし)監督や選手のコメントより紐解いていきたい。

「常に全力を尽くせるか」甲子園出場のための成長曲線 秋田修英(秋田) | 高校野球ドットコム関連記事
秋田修英「『すべてで他校を上回る!』実践し昨秋は初の県大会優勝!」

守りから試合を作る

「常に全力を尽くせるか」甲子園出場のための成長曲線 秋田修英(秋田) | 高校野球ドットコム
鈴木寿宝監督の話を聞く秋田修英の選手たち

 鈴木監督は今年のチームについて、投手がきちんと抑えて試合を作っていけるかがポイントと考えている。それは、好投手・西岡 海斗がいるからというわけでなく、どの投手が投げても同じ考えである。

 「現段階(春先の段階)では、守っていかないと。打つ方は練習環境もありますんで、あまり出来ていないので最初は守りからです。夏までには打力も付けていかないとと思います」

 鈴木監督は、夏までには打力も鍛えていくつもりだ。

 では、鈴木監督が考えるチームの成長曲線にそってチームが上昇して行くには何が必要なのか?

 それは、『全力』がキーワードになる。秋田経法大付を指導し[stadium]甲子園[/stadium]に8度導いている当時から変わらぬ方針の一つでる「常に全力を尽くせるか」がポイントになる。

 「皆が、しっかり常に全力を尽くしながらチームのことを考えて、出来るかどうかです。春の大会で勝つか負けるかわかりませんけど、そんな勝ちや負けを経験しながらどのように変化していくかが大事なところです」

 結果ではなく、あくまでのプロセスを大事にする。夏を勝つためにどのように過ごせるか、これから起こりうる結果に対して、全力でどのようにアプローチできるのかが、秋田修英の今後の結果を左右すると言っても過言ではないだろう。

 「1本、1回、1日の積み重ねが必要。全てに全力を尽くしてほしい」

 この言葉に、鈴木監督のすべての思いが詰まっている。

[page_break:夏に向けて個々の成長を目指す秋田修英ナイン]

夏に向けて個々の成長を目指す秋田修英ナイン

「常に全力を尽くせるか」甲子園出場のための成長曲線 秋田修英(秋田) | 高校野球ドットコム
秋田修英の注目左腕・西岡海斗

 「(秋季秋田県大会を)優勝した後は、そんなに変わらなかったですけど、やっぱり東北大会で負けてですね。まだまだ、一からという感じで」

 鈴木監督のコメントである。この敗戦こそが秋田修英を更にレベルアップさせるきっかけになっている。

 鈴木監督は、「今回東北大会にでまして、やっぱり東北大会で勝ち進んでいるチームは体が大きいし、うちのチームはやっぱり見劣りしたんで、じゃあ大きくしようよということで、この冬はやりましたね。冬を超えて皆体重は増えていると思います」と話してくれた。

 佐藤 凌玖副主将も、冬場を迎えるにあたり課題として「他校より体が小さいこと」と話してくれていた。また、チームの大黒柱である西岡 海斗副主将も、冬場の目標に「体をひとまわり大きくして、全てでレベルアップしたい!」と話してくれたように。東北大会の敗戦は、秋田修英の成長へ糧になっているのが分かる。

亀卦川を中心とした秋田修英の戦力に迫る!

「常に全力を尽くせるか」甲子園出場のための成長曲線 秋田修英(秋田) | 高校野球ドットコム
打線を引っ張る4番・工藤音弥

 そして、夏へ向けて着実な成長を目指すチームの中心にいるのが鈴木監督が全幅の信頼を寄せる主将の亀卦川祥太(きけがわ)だ。

 「キャプテンの亀卦川は、普段はあまりしゃべらないおとなしいタイプですが野球になると、みんなにガンガン声をかけてくれるので、一番チームを勝たせたいという気持ちは強いんじゃないですかね」

 鈴木監督が話すように、個性豊かな選手たちの中心にいるのが亀卦川だ。

 亀卦川を中心に、明るいチームである秋田修英。そんなチームの中で西岡 海斗の存在は大きい。U-18日本代表第1次候補選手に選出された西岡が大黒柱であることは間違えない。鈴木監督も西岡の更なる成長には期待している。

 また夏の連戦を考えると、投手陣の層をいかに厚くしていくかも大事なポイントとなる。現在急成長中なのが、後藤雄平(ごとう・ゆうへい)(3年・右・右)だ。「ピッチャーとして良くなってきていると思います」と鈴木監督も後藤の成長に期待をしている。

 投手陣の層が厚くなれば、重要なポジションになってくるのが捕手だろう。秋田修英のマスクを被っているのは、山内啓輔(やまうち・けいすけ 右右)だ。山内の配球、リード次第でチームはもっと伸びていける可能性を秘めている。

 この他にも、4番の工藤 音弥や、菅 凛汰佐々木大起渡邉 大輝など注目選手は多い。鈴木監督も、「皆に期待している」とすべての選手のレベルアップに期待している。個性豊かな選手たちが、全てに全力を尽くせれば、夏の[stadium]甲子園[/stadium]がぐっと近づくに違いない!

「常に全力を尽くせるか」甲子園出場のための成長曲線 秋田修英(秋田) | 高校野球ドットコム編集後記
今年のチームを鈴木監督は、「今までのチームよりは、明るいです」と評する。鈴木監督の信頼が厚い、亀卦川主将も、「どんな状況でも明るい」と話してくれた。この明るさもチームにプラスになるに違いない!秋田修英のこれからの活躍を期待したい!

(文・田中実

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.06.11

センバツ出場・東北のレギュラー左翼手がプロボクサー挑戦へ! エースはENEOS、主力は國學院大、国士舘大などへ進学【卒業生進路】

2024.06.11

【北海道】十勝支部は12日に抽選会!帯広大谷、白樺学園の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

【北海道】旭川支部の抽選会は12日!旭川実、旭川志峯など強豪の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

【沖縄】興南は中部商と那覇の勝者、ノーシード沖縄尚学はエナジックのブロックで名護と初戦で対戦、沖縄水産と未来沖縄が初戦で激突<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.11

【北海道】12日に小樽支部の抽選会!北照の牙城を崩すチームが現れるか<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.11

センバツ出場・東北のレギュラー左翼手がプロボクサー挑戦へ! エースはENEOS、主力は國學院大、国士舘大などへ進学【卒業生進路】

2024.06.10

【沖縄】11日に抽選会!春の覇者・エナジック、ノーシードの沖縄尚学の対戦相手に注目<夏の甲子園県大会組み合わせ>

2024.06.10

【北海道】札幌支部は11日に抽選会!27連勝中の北海に、20年ぶりに春全道大会出場の大麻にも注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.06.10

【福島】いわき光洋、平工が勝利<春季支部選手権大会>

2024.06.11

【北海道】十勝支部は12日に抽選会!帯広大谷、白樺学園の初戦の相手に注目<夏の甲子園予選組み合わせ>

2024.05.21

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.05.15

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.05.21

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在33地区が決定、岩手では花巻東、秋田では横手清陵などがシードを獲得〈5月20日〉

2024.05.19

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在30地区が決定、青森では青森山田、八戸学院光星がシード獲得

2024.05.13

【24年夏全国地方大会シード校一覧】現在29地区が決定、愛媛の第1シードは松山商