第30回 秋田修英「『すべてで他校を上回る!』実践し昨秋は初の県大会優勝!」2019年02月05日

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

【目次】ページ下部にあるフォトギャラリーもお見逃しなく!
[1]秋の県大会で初優勝!粘りの野球を実践
[2]つながったら止まらない打線が最大のウリ!

秋の県大会で初優勝!粘りの野球を実践



体育館で練習する秋田修英野球部の選手たち

■昨秋は県大会初優勝!

 秋田県の大仙市に所在する・秋田修英高等学校。昭和22年10月(1947年)に、杉沢洋裁研究所として開設され、昭和35年4月(1960年)に男女共学制となり、平成2年(1990年)に現校名となった。

 野球部は秋田経法大附(現明桜)を8度甲子園に導いた鈴木 寿宝監督の指揮の下、着々と強化。昨秋は創立して初めての県大会優勝を収め、東北大会に出場、さらにベスト8進出を決めた。

■秋田修英の環境は?

 現在33名で活動する秋田修英。校舎から少し離れた大仙市営大曲球場で練習している。今年のチームのウリについて亀卦川 祥太主将は
・どんな状況でも明るい
・打線に切れ目がない
・守備が安定している
 の3つをあげてくれた。

■「1回も負けない」を県大会で実践!

 昨秋は「1回も負けない」というテーマでスタートした秋田修英。地区予選では全勝で県大会出場を決め、ポイントになったのは県大会初戦の秋田中央戦では延長13回まで戦い、サヨナラ勝ち。亀卦川主将は「粘り強さを発揮できた」と振り返り、この勝利で勢いに乗った秋田修英は勢いに乗り、県大会優勝を果たした。

 そんな秋田修英の注目選手はエースで活躍した西岡 海斗、1番ファーストの菅 凛汰。亀卦川主将は「西岡はエースとして圧巻のピッチングを見せてくれました。また菅は高い出塁率で得点源となってくれました」と語る。春、夏へ向けてのキーマンとして亀卦川主将は4番ライト・工藤 音弥、1年生ながら3番ライトで出場する渡邉 大輝を挙げ、さらに2番・佐々木大起について「足が速く、これからは盗塁を多くしてチャンスを広げてほしい!」と要望している。

■すべてにおいて他を上回りたい!

 このオフは「すべてにおいて他を上回り、春、夏を優勝したい」と意気込む亀卦川主将。ダッシュの前にスクワットなどトレーニングを入れる補強ダッシュ100本という名物メニューをこなす秋田修英ナイン。最後に亀卦川主将はこう宣言した。
 「一人ひとりが成長し、他チームに負けないくらい練習を積み重ねていきたい」
 初の甲子園出場を目指し、どこも寄せ付けないぐらいのレベルアップを果たす。

このページのトップへ

【次のページ】  つながったら止まらない打線が最大のウリ!

この記事についてTwitterでつぶやく この記事についてFacebbokに投稿する
【関連記事】
第925回 明桜、横手らシード校は初戦から難敵と対戦!過去5年のデータを網羅!【大会展望・総括コラム】
第607回 「常に全力を尽くせるか」甲子園出場のための成長曲線 秋田修英(秋田)【野球部訪問】
第53回 自主的に考え、全力で取り組める選手がいるチームは強い!鈴木寿宝(秋田修英) vol.2【名将たちの言葉】
第52回 『選手を第一に考える』指導の根底にある考え方 鈴木寿宝(秋田修英) vol.1【名将たちの言葉】
第933回 右方向に強い当たりを放てる!秋田修英の主砲が描く成長曲線!工藤 音弥(秋田修英) 【2019年インタビュー】
第202回 奥川、西はどのような投球を見せたのか?研修合宿に参加した投手14名を徹底考察!【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第933回 元気印の140キロ左腕は、まだ発展途上!西岡 海斗(秋田修英) 【2019年インタビュー】
秋田修英 【高校別データ】

プロフィール

河嶋宗一
副編集長 河嶋 宗一
  • 出身地:千葉県
  • ■ 現場第一主義。球児に届けたい情報とあれば日本だけでなく海外まで飛び回る。
  • ■ 副編集長、またドットコムのスカウト部長と呼ばれ、日本全国の隠れた名選手を探索。
  • ■ 幅広いアンテナと鋭い観察力でダイヤの原石を見つけだす。
  • ■ 編集部の理論派として、今日も球場に足を運ぶ。
コラムトップに戻る サイトトップに戻る

コラム