Column

今年は内野手豊作年!ポジション別に指名候補を紹介!【高校生野手編】

2018.10.21

 投手編に続いて野手のドラフト候補を紹介していきたい。根尾昂藤原恭大小園海斗の3人がまず注目されるが、それ以外の野手の人材も豊富である。今回はポジション別で、さらに独断で上位~下位の指名が予想される選手を選出。ドラフト前にしっかりと押さえれば、ドラフトが楽しめるのは間違いなしだ。

話題性抜群の根尾、藤原、小園の将来は?

今年は内野手豊作年!ポジション別に指名候補を紹介!【高校生野手編】 | 高校野球ドットコム
左から、藤原恭大(大阪桐蔭)、根尾昂(大阪桐蔭)、小園海斗(報徳学園)※写真=共同通信

 今年のドラフト候補の目玉として期待される根尾昂大阪桐蔭)。NPBからすれば、入ればプラスの影響しかない。マン振りを心掛け、本塁打を量産。そして大事な場面ほど力を発揮する勝負強さ。遊撃守備も洗練さが出て動き、グラブさばきともに良くなり、また外野も守れるユーティリティ性もある。さらにストイックで常に高みを目指す意識の高さ。そして投手としても、ショートリリーフならばこなすことができる能力がある。

 野球選手としてこれ以上ない選手が加わればチームは間違いなくプラスの方向へ動くことが考えられる。数多くの球団が1位指名を表明しているが、そういうプラスアルファを期待しているからだろう。野手としての完成形は打率3割前後、本塁打10本~20本、盗塁30前後か。ここから肉体改造で、さらに一段階の技術が身につけば、もっと高いパフォーマンスを発揮するかもしれない。いずれにしても、プロの舞台での活躍が楽しみな選手だ。

 藤原恭大大阪桐蔭)は一流か、超一流かのどちらかで行く選手だろう。かち上げスイングでライト、レフトにも本塁打が打てて、あっという間に二塁に陥れる走塁技術があり、さらに強肩。心技体が揃った最後の夏の甲子園では敵なしの活躍だった。球団の育成力が問われる選手で、高卒4年目に大ブレイクした山田哲人鈴木誠也岡本和真級の数字を残す可能性を持った選手だといえる。交渉権を獲得した球団は藤原を超一流の選手に仕立て上げることができるか。

 小園海斗報徳学園)は、球団のカラーでいろんなタイプに化けそうな選手だ。個人的には左の中距離打者をスラッガーに化けさせる球団に指名されるといいと考えている。動き出しが速く、強肩が光る遊撃守備、140キロ後半の速球をはじき返す打撃と、すべてにおいて魅力を持っている。打率3割前後、10本塁打~15本塁打、盗塁30~50までもっていく可能性を秘めている。

[page_break捕手、内野上位に食い込む逸材]

捕手、内野上位に食い込む逸材

今年は内野手豊作年!ポジション別に指名候補を紹介!【高校生野手編】 | 高校野球ドットコム
注目捕手の左:田宮裕涼(成田)と右:石橋康太(関東第一)

  さて、ここからは中位で指名を予想されそうな顔ぶれをポジション別で紹介していきたい。

【捕手】一番人気の石橋を獲得する球団は?
 捕手は石橋康太(関東第一)が一番人気だろう。正捕手候補に悩んでいる球団があれば、真っ先に指名するべき選手だ。高校通算58本塁打を放っているように、長打力は去年の中村奨成をしのぐものがあり、1.9秒台の強肩、捕手に必要な思慮深さを持った選手である。生真面目な性格で考えすぎるところがあるが、プロで活躍する捕手で天才肌の感覚で活躍した選手は見たことがないので、理想的な素質を持った選手だといえる。今年の高校正捕手では二けた本塁打を狙えるポテンシャルを持った逸材だ。

 石橋に次ぐ選手としては田宮 裕涼成田)の名前が浮かぶだろう。夏の東千葉大会で21打数11安打、2本塁打12打点と活躍を見せた。投手を盛り立てる気配り、スローイングの確実性、感性の鋭さが光るリード、さらに俊足で、走攻守三拍子揃った捕手で、栗原陵矢春江工-福岡ソフトバンク)の高校時代と比べても同等の実力を持っている。

 また、益子 京右青藍泰斗)も強肩を誇る強打の捕手。数少ない強肩捕手として頭に入れておきたい選手だ。高校通算18本塁打の牧野 翔矢遊学館)も見逃せない。野口 泰司栄徳)は、2年夏に東邦戦で満塁本塁打を打つなど東海地区屈指の強打の捕手。

今年は内野手豊作年!ポジション別に指名候補を紹介!【高校生野手編】 | 高校野球ドットコム
太田椋(天理)、野村佑希(花咲徳栄)、野村大樹(早稲田実業)、増田陸(明秀日立)、林晃汰(智辯和歌山)

【内野手・上位】一塁・遊撃・三塁に上位を狙える逸材が

 内野手は非常に候補が多い。13702明秀日立)は攻撃的なプレースタイルで勝負するショートストップ。深い位置からアウトにできる肩の強さ、華があると表現できるフットワーク、振り幅が大きいスイングから繰り出す強烈な打球。大型ショートとして楽しみな存在だ。太田 椋天理)も夏の奈良大会で2本塁打を打っただけではなく、広角に打てて、選球眼もよくなり、内容が格段に良くなった。基本をしっかりと抑えた守備も魅力で、太田を高く評価する球団も多いだろう。

 スラッガータイプだと林晃汰智辯和歌山)、野村大樹早稲田実業)、野村佑希花咲徳栄)の3人に注目。林は将来的には20本塁打以上を打てる可能性を持ったスラッガー。粗削りだが、プロに対応できる技術を身につけられると、二軍でも2桁本塁打は期待できる選手。三塁守備もそれなりに動けるので、悪くない。

 野村大樹は捕手・三塁を兼任するが、打力の高さを生かして三塁に回る可能性が高い。打撃技術は今年の内野手の中でも最も高く、速球、変化球の対応力に優れ、なおかつ配球を読む能力に長けている。打撃タイトルを狙える選手になっていくのではないだろうか。

 野村佑希岡本和真と似ているところがあり、雰囲気、スイング軌道、ヒットポイント、打球方向が似ている。三塁守備もまだまだ課題は多いが、投手で140キロ台を投げるだけあって、スローイングの強さは今年の高校生でも一番。軽く投げても強さを感じるところに頼もしさを感じる。

[page_breakまだまだいる!注目内野手と外野手]

まだまだいる!注目内野手と外野手

今年は内野手豊作年!ポジション別に指名候補を紹介!【高校生野手編】 | 高校野球ドットコム
中山瞬(創志学園)、小幡竜平(延岡学園)、宜保翔(未来沖縄)、新保利於(瀬戸内)、中神拓都(市立岐阜商)

【内野手・中位~下位】ポテンシャルが高い選手が多数!

 新潟ナンバーワンショートストップの坂井 翔太中越)は甲子園で、軽快なフィールディングや咄嗟の反応の良さが光った。打力はミートバッティングが中心。守備を鍛えつつ、打撃レベルを通用するレベルにもっていければ、高卒4年目にデビューできる可能性を秘めている。中山 瞬創志学園)も楽しみな大型遊撃手。投げれば140キロ後半、打っても本塁打量産。まだ打撃は粗削りだが、ポテンシャルは高く、非常に鍛えがいのある選手だ。

 新保 利於瀬戸内)は今年の選抜でも安定したスローイングとミートセンス抜群のバッティングを披露した左打ちの遊撃手で、攻守でバランスが取れた太田賢吾(日本ハム)のような活躍が期待できるのではないだろうか。藤田 希和福知山成美)は、逆方向にも長打が打てて、躍動感のある遊撃守備を見せるショートストップ。欠点が少なく、人気が高まりそうな選手だ。高校通算46本塁打の中神 拓都(市岐阜商)の持ち味は逆方向でも本塁打が打てる打力と強肩が魅力のショートストップ。また、ひそかに評価を挙げているのが酒井 啓佑魚津工)。富山県ナンバーワンショートとして注目される酒井は、打撃フォームを見てもバットコントロールが優れ、脚力も優れたものがある。

 宜保 翔未来沖縄)も魅力的な選手。ラストイヤーは投手メインだったが、ひとたび守りについたときの俊敏性、広角に打ち分ける打撃、一塁到達ベスト3秒7と驚異的な脚力を持った選手だ。まだまだ力を出し切っていない印象で、野手に専念した時、どれだけの力を引き出すことができるか楽しみな選手だ。

 松井 義弥折尾愛真)は190センチの長身を生かしたフルスイングから高校通算40本塁打。スイング軌道を見ると無駄のないスイング軌道で始動も早く、高いレベルに順応できる選手といえる。強肩を生かした三塁守備も魅力で、大型三塁手としてじっくり育てたい選手だ。小幡 竜平延岡学園)は、左投手にも強く、バットコントロールが優れた選手。特に出足が早い遊撃守備は小園海斗根尾昂に負けていない選手だ。

 水谷 瞬石見智翠館)は190センチの長身から本塁打を量産する長距離打者タイプ。和製大砲候補として覚えておきたい選手だ。

今年は内野手豊作年!ポジション別に指名候補を紹介!【高校生野手編】 | 高校野球ドットコム
万波中正(横浜)、浜田太貴(明豊)、山下航汰(健大高崎)

【外野手 上位】濱田(明豊)は将来の主力打者候補!
 今年の外野手で上位に入っておかしくないのが濱田太貴明豊)だ。プロ顔負けの打撃技術。そして大事な場面では打って目立ってやろうという野心が見えた選手で、ある意味、プロ向き。今年は走塁、守備の面でも成長が見えた。二けた本塁打、打率3割が狙える器を持った逸材だ。

【外野手 中位~下位】山下、万波と強打者タイプの外野手を指名する球団は?
 山下 航汰は現役高校生最多の高校通算75本塁打を放ったようにシャープなスイングから本塁打を量産。健大高崎で叩き込まれた走塁技術も見逃せない。得意の打力を全面に伸ばしていけば、本塁打を量産する中距離打者になる可能性を持っている。近年は丸佳浩の活躍を見ればわかるように、左の中距離打者の評価が見直されている。山下も環境次第では二けた本塁打を打てる打者に化ける可能性を持っている。

 当たればとんでもないスラッガーになりそうな万波 中正。南神奈川大会では打率.542とハイアベレージを記録したが、甲子園では14打数2安打と対照的な結果に終わった。とはいえ、高校通算40本塁打の長打力、本塁打になったときの飛距離はピカイチ。さらに、投手としても140キロ後半の速球を投げ込む強肩も光る。化ければ打率2割前後、20本~40本を打てるようなスラッガーになる可能性は秘めているが、球団の育成力が問われる選手だ。また、2年生まで146キロの速球を投げ込んでいた山口 航輝明桜)は2年夏の秋田大会決勝戦後、登板がない。最後の夏は打率.400、2本塁打6打点と活躍を見せた強打を評価する球団は現れるか。また福岡屈指の大型外野手・中村宜聖西日本短大附)も見逃せない。

(文=河嶋 宗一

今年は内野手豊作年!ポジション別に指名候補を紹介!【高校生野手編】 | 高校野球ドットコム
注目記事
プロ野球2018ドラフト特設サイト

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.23

【春の千葉一次予選展望】木更津総合、拓大紅陵ら強豪校も登場!全8ブロックの注目カードを一挙紹介!

2024.02.23

楽天1位の古謝樹を輩出した桐蔭横浜大の卒業生の進路を発表!徳島インディゴソックスに進んだ俊足野手はいきなり猛打賞の活躍!

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.19

国士舘大卒業生進路判明!大阪桐蔭出身内野手がバイタルネット、甲子園準優勝外野手は徳島インディゴソックスへ!

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.18

春季愛知県全5地区の組み合わせが決定!東邦、中京大中京など強豪校の初戦の相手は?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!