Column

シード校が次々初戦敗退!波乱の始まりだった秋季三重大会を総括!

2018.10.17

波乱の幕開けとなった秋の三重を振り返る

シード校が次々初戦敗退!波乱の始まりだった秋季三重大会を総括! | 高校野球ドットコム
勝ち上がった3校

 この秋の県大会ではシード7校のうち5校が初戦で敗退。地区予選の好成績でシードとなってベスト4まで進んだのは海星のみだった。しかし、その海星も準決勝で三重に敗れ、3位決定戦でも津田学園に敗れて東海地区大会への出場を果たせなかった。

 そんな中で圧倒的に強さを示して、秋の三重県を制したのは菰野だった。最速150キロを出すという剛腕・岡林勇希君がいるが、準々決勝の木本、準決勝の津田学園と連投で完投してねじ伏せてスタミナのあるところも示した。勢力構図としては、公立勢ではいなべ総合学園とともに、県内を引っ張る存在ではあったものの、このところはやや結果が出せないでいたことも確かだった。それだけに、この秋は満を持しての躍進となった。ノーシードからの県大会となったが、1回戦では四日市に快勝し、2回戦はシードの津商を下し木本、準決勝で津田学園を退けて決勝でも、昨春のセンバツベスト4の実績のある三重に10対0と快勝してその強さを示した。岡林君は早くもドラフト候補という声も上がるくらいで注目度は高い。

 準優勝した三重は、今春のセンバツではベスト4に進出して、全国に「三重高健在」を示したが、夏はまさかの初戦敗退で、そこからの立て直しだった。いなべ総合は、その三重に県大会初戦で敗退した。

 夏の甲子園帰りの三重白山も県大会は初戦で鈴鹿に敗退。一昨年夏の代表校の津田学園がしぶとい戦いでベスト4に進出。菰野に1点差で競り負けたものの3位決定戦では海星を下して東海大会に進出を果たしている。

 今週の東海地区大会は三重県開催となる。それだけに次のステージに出場を果たした3校は、いずれも気持ちを引き締め直しているであろう。

(文=手束 仁

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.23

「無欲すぎて就職希望だったところを……」紅林弘太郎(オリックス)、恩師が明かす高校3年間

2024.04.23

【熊本】城南地区では小川工が優勝、城北地区では有明と城北が決勝へ<各地区春季大会>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!