Column

シード校が次々初戦敗退!波乱の始まりだった秋季三重大会を総括!

2018.10.17

波乱の幕開けとなった秋の三重を振り返る

シード校が次々初戦敗退!波乱の始まりだった秋季三重大会を総括! | 高校野球ドットコム
勝ち上がった3校

 この秋の県大会ではシード7校のうち5校が初戦で敗退。地区予選の好成績でシードとなってベスト4まで進んだのは海星のみだった。しかし、その海星も準決勝で三重に敗れ、3位決定戦でも津田学園に敗れて東海地区大会への出場を果たせなかった。

 そんな中で圧倒的に強さを示して、秋の三重県を制したのは菰野だった。最速150キロを出すという剛腕・岡林勇希君がいるが、準々決勝の木本、準決勝の津田学園と連投で完投してねじ伏せてスタミナのあるところも示した。勢力構図としては、公立勢ではいなべ総合学園とともに、県内を引っ張る存在ではあったものの、このところはやや結果が出せないでいたことも確かだった。それだけに、この秋は満を持しての躍進となった。ノーシードからの県大会となったが、1回戦では四日市に快勝し、2回戦はシードの津商を下し木本、準決勝で津田学園を退けて決勝でも、昨春のセンバツベスト4の実績のある三重に10対0と快勝してその強さを示した。岡林君は早くもドラフト候補という声も上がるくらいで注目度は高い。

 準優勝した三重は、今春のセンバツではベスト4に進出して、全国に「三重高健在」を示したが、夏はまさかの初戦敗退で、そこからの立て直しだった。いなべ総合は、その三重に県大会初戦で敗退した。

 夏の甲子園帰りの三重白山も県大会は初戦で鈴鹿に敗退。一昨年夏の代表校の津田学園がしぶとい戦いでベスト4に進出。菰野に1点差で競り負けたものの3位決定戦では海星を下して東海大会に進出を果たしている。

 今週の東海地区大会は三重県開催となる。それだけに次のステージに出場を果たした3校は、いずれも気持ちを引き締め直しているであろう。

(文=手束 仁

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.24

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.24

慶應のプリンス・丸田奏斗が鹿児島でデビュー!試合は名門・JR東日本に軍配

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.21

センバツ出場32校のユニホームを調べてみた! 漢字とローマ字どっちが多い?ワセダ文字は5校も! レッドソックス風も登場!

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.21

前川右京&田村俊介「高卒3年目スラッガーコンビ」は金本&前田の伝説打者たちの再来か!?

2024.02.24

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.01.26

東海地区で起きた逆転現象!なぜ事前予想を覆して宇治山田商が2枠目、愛工大名電は3枠目になったのか?

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.16

【関西地区高校・大学監督人事】天理の名将・中村良二氏が大阪学院大に、後任は天理大6連覇指揮官! 近大、関大、立命大なども監督交代!

2024.01.28

‘24年センバツ出場監督勝利数ランキング! あと1勝で「歴代トップ」大阪桐蔭・西谷監督、チームを変えて甲子園に帰ってきた名将2人、伝説のチームを率いた指揮官たちがそろって出場!