Column

歳内 宏明【前編】「他者評価に変わった」魂のエース

2018.05.01

 今年もセンバツで1勝をマークするなど福島県・東北地区の強豪として鳴らす聖光学院。その中でも特に甲子園で印象深い活躍を見せた投手がいる。

 2010年夏にはベスト8、2011年夏にも1勝をあげた歳内 宏明。常時140キロ台のストレートと魔球スプリットで、多くの打者を手玉に取り2011年秋にはドラフト2位指名で阪神タイガースに入団を果たした。

 右肩の故障で今季は育成選手でのスタートとなったが、プロ6年間で57試合に登板し2勝4ホールドを上げているタフネス右腕の真骨頂とは?聖光学院高校の恩師・斎藤智也監督の言葉から、そのルーツを探る。前編では聖光学院2年4月の大きな分岐点。そこから2年夏のベスト8に到達するまでを取り上げていきたい。

「魂のエース」へ変貌した2年4月の出来事

歳内 宏明【前編】「他者評価に変わった」魂のエース | 高校野球ドットコム
歳内 宏明投手(聖光学院〜阪神タイガース)

 田中 将大(MLBニューヨーク・ヤンキース)らを輩出した名門・宝塚ボーイズ時代に、甲子園で活躍する聖光学院に憧れ、兵庫県から遠く福島県での研鑚を選択した歳内 宏明聖光学院野球部・斎藤 智也監督は、2009年4月に出会った彼の状態を今も克明に表現できる。

 

 「130キロぐらいのストレートは投げられる投手で、能力は高かったですね。ただ腰の痛みがあって、あまり投げられていなかったんです。1年秋からベンチ入りもしたんですが、ストレートの球速は良くて135キロぐらい。変化球も今のようなフォークボール(スプリット)もなく、決め手がない投手でした」

 

 

 この当時、斎藤監督は歳内の大きな懸念材料も早くから見抜いていた。練習試合や公式戦でも強豪校相手には好投する反面、実力的に下位と思われるチームには痛打を浴びる。少々乱暴な言い方をすれば「相手をなめたピッチング」。そして、そんな傾向を何度も繰り返した2010年4月。ついにしびれを切らせたある3年生投手が練習中、指揮官へこう切り出す。

 

 「その子は当時では7番手ぐらいの投手だったんですが、『投手は今のままのような起用法を最後まで続けるんですか?』と聞いてきたんです。『なんでそんなことを聞くんだ?』と返したら、『僕は万が一のこともあって、ブルペンで肩を作っているので、それで報告しました』と。

 

 

 私はその言葉の裏側に『こんな2年生が投げるならば、俺が投げたほうがみんなを納得させる自信がある』という意味を読み取りました。その子は人間的にもできていて、チームメイトにも信頼があった。そういう子が言うくらいだから何か狙いがある。私はそう思ったんです」(斎藤監督)

 

 そこで斎藤監督も行動に出る。歳内が練習試合に打ち込まれて降板した直後、歳内を見ながら、3年生たちにあえてこう話した

 

 「歳内は夏に必要か?」

 

 「いらないです。こんな勘違いした奴はいらないです」と3年生たち。さすがの歳内もみるみる顔色が変わる。

 

 「だってさ歳内。ここに来る理由はないな。荷物まとめて帰るか」

 歳内の瞳からみるみるうちに涙があふれる。悔恨と新生を誓う号泣。この日「ガラスのエース」は「魂のエース」へと変貌した。

[page_break:「魔球スプリット」修得で甲子園ベスト8へ]

「魔球スプリット」修得で甲子園ベスト8へ

歳内 宏明【前編】「他者評価に変わった」魂のエース | 高校野球ドットコム
高校の恩師・斎藤智也監督

 「あの一件で、もう後がないと思ったんでしょう。アイツの価値観は大きく変わりました。『自己中心』から『誰かのために』の他者評価に変わったんです。すると指導者から聴く姿勢にも変化が生じたんです。

 
 

 一例をあげればフォームの変化。今までは我々が『フォームを変えたほうがいい』と言っても自意識が強いので変えようとはしなかった。『何としても(自分を)変えたい』という悲壮感もなかった。でも、あの一件から歳内は何でも聴き入れるようになりました」(斎藤監督)

 

 

 その流れの中で歳内の代名詞である「魔球スプリット」も完成。指揮官はその誕生秘話を明かす。

 

 

 「ある日、落ちなかったフォークを落ちるようにするために『浅く握ってみたらどうだ』とアドバイスしたところ、スピードは130キロぐらいでストーンと落ちた。そこで私が『良い落差だな』とアイツをおだてると、歳内は真剣な表情で、時間をかけて取り組み始めたんです。そしてしばらく練習したら、カウントを取るためのフォーク、空振りを取るためのフォークの投げ分けができるようになっていました。

 
 

 そこで私は2年春の福島県大会で歳内のベンチ入りを決めましたし、春の東北大会ではすべて投げてもらいました」

 
 
 

 歳内の劇的な変化は聖光学院の大きな推進力へとつながる。2010年・夏の福島大会で史上初の4連覇を達成した聖光学院は、甲子園初戦の2回戦でも同年センバツベスト4の広陵(広島)を撃破。エース・有原 航平(現・北海道日本ハムファイターズ)との投げ合いを制し「1対0」、5安打141球完封勝利をあげたのは……もちろん「魔球スプリット」を駆使した歳内 宏明である。

 

 

 聖光学院と歳内の快進撃はなおも続く。3回戦では履正社(大阪)を向こうに回し、山田 哲人(東京ヤクルトスワローズ)にホームランを打たれても決して屈せず、5安打10奪三振2失点完投。準々決勝では後に春夏連覇を達成する興南(沖縄)打線に歳内が屈したものの、2008年以来の甲子園ベスト8。あの出来事から4か月。聖光学院は1つになって夏を駆け抜けた。

 

 後編ではけがと2011年3月11日を乗り越えて到達した最後の夏と、隠れたエピソード。そして歳内 宏明投手に対する聖光学院・斎藤 智也監督の「想い」を紹介していきます。お楽しみに!(続きを読む)

(取材・文=河嶋 宗一

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.03.04

【九州地区春季大会注目選手リスト】宮崎学園の大型左腕、鹿児島実の147キロ右腕など25人のプロ注選手たち!

2024.03.04

【大阪】大阪桐蔭、履正社、近大附が同じブロック<春季大会組み合わせ>

2024.03.04

センバツ3年連続出場の高知「二段モーション解禁」駆使し練習試合は松山聖陵に連勝

2024.03.04

春季東京都大会の激戦区をチェック! 日大二・共栄学園・國學院久我山の潰し合い、日大三・早大学院・佼成学園が集結、二松学舎大附vs.桐朋・森井翔太郎の対決は?夏のシード をかけた序盤戦に注目!

2024.03.04

手の内を知っている同士の都立総合工科と都立足立新田は接戦と乱戦となった

2024.03.03

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.01

今年も強力な新人が続々入社!【社会人野球部新人一覧】

2024.03.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.02.29

ドラフト指名漏れの大学生外野手、智辯学園出身の強打者などが日本選手権4回出場のニチダイに入部!

2024.03.03

明治神宮大会4強・富士大が新入生発表! センバツV貢献・山梨学院外野手、龍谷大平安・浦和学院の大型投手など加入!

2024.03.03

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.02.25

取材歴13年「私の出会った個性派キャプテン」たち…叱咤激励型、調整型、高校・大学・社会人ですべて日本一の「殿堂入りキャプテン」も!【主筆・河嶋宗一コラム『グラカン』vol.8】

2024.02.24

【大学野球卒業生進路一覧】 2023年の大学野球を盛り上げた4年生たちの進路は?

2024.02.12

【準硬式】’23年全国大会準V・日本大の前に強敵揃う 全国大会をかけた関東大会の組み合わせ決定

2024.02.12

徳島IS期待のルーキー・加藤響、頭部死球で途中交代も無事! 東海大相模時代から注目のスラッガーは「来週には復帰」!