試合レポート

中央学院vs検見川

2016.09.26

中央学院・大谷が5安打完封! 自らの適時打で検見川を1対0で破る!

中央学院vs検見川 | 高校野球ドットコム

先発・大谷投手(中央学院)

 2回戦は八千代東を4対3、3回戦は千葉商を3対2と1点差の試合を制して勝ち上がってきた検見川と、強豪・千葉経大附を逆転で下してベスト8進出を果たした中央学院の準々決勝。

 中央学院の先発はエースの大谷。1回表は2番・湯浅に四球を与えるが、3番・石川をショートゴロ併殺。2回表は4番・川﨑にレフト前ヒットを打たれると犠打と内野ゴロで二死三塁となったが、7番・広瀬をセカンドゴロに打ち取り、まずまずの滑り出しを見せた。

 検見川の先発は背番号10の広瀬。こちらも1回裏はエラーと3番・武田のヒットでピンチを迎えたが、4番・塚越をサードゴロでダブルプレー。2回裏も5番・大谷にセカンド内野安打を許すが、6番・井上はショートゴロで再び併殺と、どちらのチームも走者をスコアリングポジションに送るものの、両先発があと一本を許さない展開で序盤は進んだ。

 均衡を破ったのは中央学院。4回裏、この回先頭の武田が右線二塁打で出塁すると塚越もライト前ヒットで続き無死一三塁。ここで大谷がセンター前にタイムリーヒットを放って1点を先制する。検見川の広瀬は右打者の外角低めに決まるスライダーにはキレがあったが、この回はそのスライダーやや甘く入ったところを痛打されてしまった。

 反撃したい検見川は5回表、8番・山本の三遊間へのボテボテのゴロが内野安打となると、9番・河野は送りバント。さらに内野ゴロと死球で二死一三塁と攻めるが、石川はショートゴロで無得点。中盤の中央学院・大谷は、ストレートでどんどん押していく力のピッチングで検見川打線をねじ伏せていった。


中央学院vs検見川 | 高校野球ドットコム

先発・広瀬投手(検見川)

 追加点が欲しい中央学院は6回裏、中藤、武田の連打と塚越の四球で無死満塁のチャンス。ここで検見川はピッチャーを阿部にスイッチし、背番号1の左腕にすべてを懸けた。すると、その阿部は前の打席で先制打を放った大谷を1ボール2ストライクから外のスライダーで空振り三振。続く6番・井上はサードゴロで5-2-3のダブルプレーに仕留め、見事な火消しを見せた。

 阿部の奮投に応えたい検見川打線だったが、終盤は組み立てを変えて真っ直ぐにスライダーを織り交ぜる大谷を捉えることができない。8回表は二死から川﨑が中前打を放つが5番・大野が空振り三振。9回裏も簡単に二死を奪われると、最後は代打の村田がショートゴロに倒れて試合終了。中央学院が1対0で検見川を破り4強進出を決めた。

 検見川は序盤のチャンスを活かせず、尻上がりに調子を上げた大谷の前に5安打に抑えられた。広瀬、阿部の投手陣を中心に、守備では随所に好プレーが見られただけに、今冬は打力アップが求められることになる。

 中央学院は、大谷が投げては9回を完封。打っては唯一の得点となるタイムリーを放つなど獅子奮迅の活躍だった。守備もノーエラーだったが、打線は11安打でわずか1得点のみ。併殺打が4つあり、3回裏には二死一三塁からダブルスチールを仕掛けて三塁走者が挟殺。8回裏は一死一塁から塚越の二塁打で一塁走者がホームを狙うがタッチアウトと、やや強引さが目立った。準決勝では、どのような策を仕掛けてくるかベンチワークにも注目だ。

(文=大平明

中央学院vs検見川 | 高校野球ドットコム
関連記事
・2016年秋季大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!千葉県の野球部訪問を一挙紹介!

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.11

【茨城】水戸商、茨城キリストなどが県大会切符<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.11

【千葉】中央学院は成田と磯辺の勝者と対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.12

春季県大会を制した長崎日大の監督は「まだまだチームは未熟」、14年ぶりの夏甲子園へのカギは化学変化

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.07

法政大が新入生全30名を公開!一般組では楽天・三木肇二軍監督の長男・翔太郎(法政二)も入部!

2024.04.06

【春季愛媛大会】松山商が攻守につなぐ野球で66年ぶり秋春連覇! 第1シードの夏23年ぶり制覇へ「時は来た!」

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?