試合レポート

千葉敬愛vs柏南(引き分け再試合)

2016.09.27

延長15回を戦いきった柏南と千葉敬愛。死闘の行方は!?

千葉敬愛vs柏南(引き分け再試合) | 高校野球ドットコム

柏南先発・飯田投手

 大熱戦となった柏南vs千葉敬愛の準々決勝。
柏南はエースの飯田が先発のマウンドに上がったが1回裏、2番・横井に右中間二塁打を浴びると、3番・伊藤には四球を与えて一死一二塁のピンチ。4番・小儀のショートゴロは三遊間の深い位置に飛んだが遊撃手の福崎がサードへ送球する好判断で三封。この好プレーに飯田も力を得て、5番・斉藤をショートフライに打ち取り、なんとか無失点で切り抜ける。

一方、千葉敬愛の先発・石山は、初回から2三振を奪って三者凡退と最高の立ち上がりを見せたが、3回表、7番・宮川にレフトオーバーの三塁打を打たれ無死三塁。8番・高橋はピッチャーゴロに倒れ、9番・小野慎は1ボールからスクイズを試みるがファウル。さらにその2球後、2ボール1ストライクとなってから再びスクイズのサインが出るが、今度は小フライになってしまいピッチャーの石山がキャッチ。飛び出していた三塁走者は戻れずダブルプレーとなった。

 ピンチをしのいだ千葉敬愛は3回裏、一死から横井が左中間三塁打。続く伊藤はセンター前へ弾き返して、あっさりと先制。なおも盗塁とエラーで二死一三塁と攻めるが6番・香取はライトフライで得点は1点にとどまった。

その後は両チームともに得点できず、ジリジリとした展開。柏南は4回表、相手の2つのエラーで無死一三塁とするが、3番・金本はサードゴロで三塁走者が本塁タッチアウト。4番・飯田のセーフティバントはクロスプレーで一塁アウト。この間に走者は進塁し二死二三塁となったが、5番・兎澤はライトフライ。

 千葉敬愛も6回裏、四球と送りバントで一死二塁。8番・先﨑のライナーはライト前ヒットになり、右翼手はボールをこぼしていたが、スタートが遅れた二塁走者は三塁にストップ。その後、盗塁と四球で一死満塁と攻め込んだが、1番・日下部はファーストゴロでホームゲッツーとなり追加点を挙げることができなかった。


千葉敬愛vs柏南(引き分け再試合) | 高校野球ドットコム

先発・石山投手(千葉敬愛)

 すると、7回表の柏南は飯田がレフト前ヒットで出塁。兎澤の送りバントはピッチャーの正面に転がって二塁フォースアウトとなったが、6番・坂井の打席の時にサインミスからパスボール。これには抜群のマウンドさばきを見せてきた石山もさすがに動揺したのか、坂井の肩口にボールをぶつけてしまい死球。続く7番・宮川は二遊間を破って一死満塁とすると、高橋の打球はライトへ。三塁走者がタッチアップし、右翼手が懸命にバックホームするがボールは三塁方向へ逸れて兎澤がホームイン。柏南が1対1の同点に追い付いた。

そして、試合はそのまま延長戦へ。千葉敬愛は9回途中から二番手の新原。10回からは秋本にリレー。柏南も12回から武川に繋ぎ、ついに運命の15回へ。15回表、柏南は2番・福崎がレフトオーバーの二塁打を放つと、3番・金本はレフト前ヒット。福崎は一旦、三塁に止まるが左翼手がボールをはじくのを見てホームイン。貴重な勝ち越し点を奪う。これで、緊張の糸が切れたのか、秋本は飯田にライト前、兎澤には一二塁間を破るタイムリーを打たれて降板。代わって登板した小川は二死を取るが、高橋のサードゴロを三塁手がはじいて4対1。これで勝負はあったかに思われた。

しかし、諦めない千葉敬愛は15回裏、途中出場の岡本が四球。代打・笹川はレフト線にヒット。日下部は死球で無死満塁。ここで当たっている横井がセンターへ2点タイムリー。一塁走者も三塁まで進むと、横井は二盗して無死二三塁。そして、伊藤の打球は一二塁間へ。セカンドに回っていた福崎が飛びついて捕り、打者はアウトにしたものの、この間に三塁走者が返って同点。なおも一死三塁と今度は千葉敬愛のサヨナラのチャンスだったが、柏南の武川が意地を見せ、小儀を捕邪飛、斉藤を遊飛に抑え、結局、試合は4対4の引き分けに終わった。

両チームともベンチメンバーを起用しながら、死力を尽くした戦い。特に15回表裏の攻防は非常に見応えがあった。再試合は2日後となった28日10時に予定されており、投手陣の回復具合や起用法が勝敗を分けるポイントになるのはもちろんだが、ロースコアの展開になるほど得点につながる走塁面での状況判断も重要になりそうだ。

(文=大平明

千葉敬愛vs柏南(引き分け再試合) | 高校野球ドットコム
関連記事
・2016年秋季大会特設ページ
・あの学校の取り組みは?!千葉県の野球部訪問を一挙紹介!

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.17

昨秋は仙台育英に勝利も県4強止まり「サイン以上のことをやる野球」を極め甲子園目指す【野球部訪問・東陵編①】

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.17

根尾 昂、一軍昇格へ準備着々! 盤石・中日投手陣に割って入れるか?

2024.04.17

【茨城】土浦日大と明秀日立が同ブロックに!選抜出場の常総学院は勝田工と対戦!<春季県大会組み合わせ>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.12

【東京】ベスト8をかけ激突!関東一、帝京、早稲田実業などが登場<春季都大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード