試合レポート

聖カタリナvs北条

2016.09.30

「スキなく、着実に」聖カタリナ学園、必然の県大会進出

聖カタリナvs北条 | 高校野球ドットコム

聖カタリナの先発・新保 雄太郎

 試合前のシートノック。ほとんどの学校が動きを確かめる儀礼的要素が強い中、今年4月に創部、夏の愛媛大会でベスト8と鮮烈なデビューを飾った聖カタリナ学園のそれはスキのない、着実なものであった。

 特に外野からの中継プレーが印象的。内野手のカットマンは1球ごどに外野手との距離を確かめ、外野手はその距離に対するベストの返球を心掛ける。「週1回の球場練習で重点的にカット練習は行っている」(越智 良平監督)とはいえ、自校のグラウンドは内野のダイヤモンドより少し広いエリアにライト側を伸ばした長方形。かつ全員が1年生。

 それでも3番・越智 敦士(2年主将・遊撃手・168センチ68キロ・右投右打・今治市立日吉中出身)、4番・西本 祥大(2年・一塁手・187センチ99キロ・右投右打・えひめ港南リトルシニア出身)、5番・正岡 篤弥(2年・三塁手・172センチ75キロ・右投左打・今治市立北郷中出身)がそろって旧チームからの中心選手である愛媛北条よりも少ない経験値を、寸暇を惜しんで補おうとする意識が彼らにはみてとれた。

 そして迎えた県大会をかけた一戦。聖カタリナ学園は最速136キロ右腕・新保 雄太郎(1年主将・175センチ76キロ・右投右打・松山中央ボーイズ出身)が初回一死三塁から愛媛北条・越智の中前適時打と西本の連打、正岡の遊ゴロ併殺崩れで失った2点を、着実に取り返し、守り、さらに突き放しにいく。

 3回表には一死後「愛媛北条にとって1番は嫌だろうと思って、(松山西戦での3番)から打順を上げた」(越智監督)加形 篤史(1年・左翼手・176センチ69キロ・右投左打・宇和島市立広見中出身)の右前打を契機に一死満塁から5番・竹田 蓮(1年・一塁手・170センチ63キロ・松山中央ボーイズ出身)が愛媛北条先発・武田 京介(2年・166センチ66キロ・右投右打・松山市立内宮中出身)のサイドから投ずるくせ球に逆らわず中前同点2点打。続く新保の逆転適時打へのヒントを与えた。

 4回裏には二死から新保が連打を浴びるも、前進して捕球した右翼手の竹田 翔一(1年・165センチ59キロ・左投左打・宇和島ボーイズ出身)が、わずかにオーバーランした二塁走者を見逃さず。遊撃手の坂尾 咲汰(1年・遊撃手・163センチ52キロ・えひめ西リトルシニア出身)に素早く送球しピンチの芽を摘む。「ウチが練習試合でやられていたので、練習で狙っていた」と指揮官もこれには満足の表情。対戦相手からも吸収する野球意欲がチーム内で統一されていたことがビッグプレーを呼んだ。

 さらに言えば、9回表8番・坂尾の中前打を皮切りに作った一死満塁から3番・玉井 陸翔(1年・中堅手・右投左打・174センチ63キロ・愛媛松山ボーイズ出身)の左前適時打、4番・伊藤 紘輝(1年・三塁手・170センチ74キロ・右投左打・松山リトルシニア出身)の右翼線満塁走者一掃二塁打で4点をもぎ取ったのも、試合前日に指揮官自らスライダーを投げ続け、変化球の対応力を磨いてきた賜物である。

 こうして聖カタリナ学園は実力者の愛媛北条を下し県大会へと駒を進めた。それでも試合後には「攻撃の形としてはまだまだ。これでは全国では勝てない」と評した越智監督。目線だけでなく、プレークオリティーの目標も甲子園出場のその先へ。普段の練習準備が「必然」を呼ぶ。そんな鉄則を貫いた聖カタリナ学園の快進撃は、秋も続きそうだ。

(文=寺下友徳

聖カタリナvs北条 | 高校野球ドットコム
注目記事
・2016年秋季大会特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

【近畿学生】奈良学園大が開幕3連勝!期待の変則右腕が勝利に導く

2024.04.13

立命館大の新入生に愛工大名電エース、大阪桐蔭外野手、昨夏甲子園・立命館宇治主力らがそろう!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?