Column

お久しぶりです!甲子園に再びあのチームが帰ってくる!12地区決勝戦すべてプレイバック!

2016.07.28

話題尽くし!12地区すべての決勝戦をおさらい!

平林 弘人 (市立尼崎)

 本日は全国各地で12試合の決勝戦が行われた。まずは結果から振り返ろう!

【今日の決勝戦の結果】

▼宮城大会
東北 5-0 利府 【イニングスコア】

▼群馬大会
前橋育英 8-4 健大高崎 【イニングスコア】

▼東東京大会
関東一 4-3 東亜学園 【イニングスコア】

▼富山大会
富山第一 8-0 富山商 【イニングスコア】

▼岐阜大会
中京 3-2 大垣日大 【イニングスコア】

▼三重大会
いなべ総合 10-4 津田学園 【イニングスコア】

▼兵庫大会
市立尼崎 3-2 明石商 【イニングスコア】

▼奈良大会
智辯学園 6-5 天理 【イニングスコア】

▼和歌山大会
市和歌山 2-0 箕島 【イニングスコア】

▼山口大会
高川学園 8-2 宇部鴻城 【イニングスコア】

▼徳島大会
鳴門 2-1 鳴門渦潮 【イニングスコア】

▼愛媛大会
松山聖陵 3-2 新田 【イニングスコア】

 東東京大会では、関東一が連覇を達成。27年ぶりの決勝進出を決めた東亜学園との対戦は、2対2のまま延長戦に突入。10回表に東亜学園が1点を勝ち越すも、関東一はその裏、一死二、三塁で村瀬 佑斗がタイムリーを放ち同点に追いつくと、森川 瑶平のサヨナラ打で4対3で勝利した。
 関東一は今大会3度目のサヨナラ勝ち。なぜ、終盤に強いのかというと普段の実戦練習の方法にも、その秘密があるのだが、とはいえ、3度のサヨナラ勝ちはなかなかできるものではない。甲子園でも持ち前の勝負強さをぜひ見せてほしい。
 また、センバツ優勝校の智辯学園も苦しみながら、甲子園出場を決めた。唯一、春夏連覇を手にできる権利を持ったチームとして、甲子園でも暴れまわってほしい。

■久しぶりの甲子園出場を果たしたのは?

兵庫大会優勝・市立尼崎 ≪33年ぶり2回目≫
岐阜大会優勝・中京 ≪14年ぶり5回目≫
宮城大会優勝・東北 ≪7年ぶり21回目≫

 今夏、全国各地で強豪校が敗退していく一方で、今日は甲子園初出場のチームや久しぶりの甲子園出場が決まったチームが目立った。宮城大会の東北は、利府を破り、7年ぶりの甲子園への切符を手にした。ここ最近は仙台育英に覇権を奪われていた東北。非常に苦しい時期が続いた。それでも少しずつ力をつけていき、準決勝では延長戦の末、宿敵・仙台育英を破ったのだ。

 また、兵庫大会の市立尼崎は 二季連続出場を狙う明石商を3対2で破り、実に33年ぶりの甲子園出場を決めた!市立尼崎を率いる竹本修監督は元プロ野球選手として有名だ。毎年、上位に勝ち進むことができるチームに育て上げているのは、選手の目線に立って指導することを大事にしているから。
 就任当初は、「高校生だからこれぐらいできて当たり前」という感覚で指導していた時期もあったという。しかし、上手くいかないことに気付いた。その時、目線を下げて、ようやく選手と心の通った指導ができるようになった。
 今年は、延長再試合も経験し、さらに準々決勝で報徳学園を破るなど、厳しいトーナメントを制しての甲子園出場となった。普段から周囲への気配り、心配りを欠かさない竹本監督を祝う声も多い。
 そして優勝後に竹本監督の男泣きに思わずもらい泣きをしたファンも多かったのでは。甲子園での戦いぶりも楽しみだ。

 

 さて、甲子園出場決定も、残すことあと4地区となった今夏の地区大会。最後の最後に、どんな展開が待っているのだろうか?!

 【本日のオススメ記事】

関東一2連覇か?27年ぶりの東亜学園か?東東京決勝展望!

明石商vs市立尼崎と公立校同士のファイナル!兵庫の頂点に立つのはどっち?!

このページのトップへ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.16

社会人野球に復帰した元巨人ドライチ・桜井俊貴「もう一度東京ドームのマウンドに立ちたい」

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.17

「慶應のやり方がいいとかじゃなく、野球界の今までの常識を疑ってかかってほしい」——元慶應高監督・上田誠さん【新連載『新しい高校野球のかたち』を考えるvol.1】

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.11

【埼玉】所沢、熊谷商、草加西などが初戦を突破<春季県大会地区予選>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード