試合レポート

県立尼崎vs尼崎稲園

2016.03.29

バット引きからヒーローへ。決勝点は二死満塁からのセーフティスクイズ

県立尼崎vs尼崎稲園 | 高校野球ドットコム

決勝のセーフティスクイズを決めた酒井涼太(県立尼崎)

 1対1の同点で迎えた6回裏、県立尼崎は二死ながら満塁と絶好の勝ち越し機をつかむと粘りのピッチングで1失点に抑えていた先発・山口 直樹(3年)に代えて、酒井 涼太(3年)を代打に送る。

「局面を変えたいなと。イニング入る前にもここが勝負のイニングだぞという話をしました。勝負かけないと次のチャンス巡って来ないかな」試合の行方を左右する重大な局面で川村 亮輔監督に送り出された酒井の頭の中には一つの奇策が浮かんでいた。

 尼崎稲園青山 翔(2年)-白石 雄暉(2年)の下級生バッテリーがストライクを取りに行った初球に意表を突くセーフティバント。勢いの死んだ絶妙な打球が三塁線に転がると三走・清水 雅貴(3年)は悠々生還、バット引きをしていた酒井の狙いが的中し待望の勝ち越し点をチームに呼び込んだ。

 酒井は控えの外野手で決して俊足というわけではない。四球と内野安打でランナーがたまっていっても代打の準備をしていたわけでもない。それでも「バット引きをしながら高いバウンドに対するサードの動きを見て出来ると思ってました。(セーフティスクイズは)打席の中で決めました」と観察眼を働かせ3回から互いに無得点と膠着状態が続いていた試合の打開に成功。

 練習試合でもバントを得意としており川村監督の「ここでやってくれたらおもしろいな。うまいこと決まりました」という期待に応えた。この攻撃を相手ベンチから見ていた尼崎稲園の内藤 敏裕監督も「先発ピッチャー代えてるのでリスクはあったと思うんです。それでも(セーフティスクイズは)あっぱれです」と称えていた。


「その前のセンターに刺されたのも痛かったし、随所でああいう子いるのが県立尼崎らしい」互いにチャンスであと1本が出ない中、大きくホームベースに近づいたのは尼崎稲園だった。4回、一死から白石が三遊間への内野安打で出塁すると寒竹 康憲(3年)がバントでランナーを得点圏に進める。

 二死二塁で打順がトップに返ると小松 尚太郎(2年)はセンター前ヒット。センターやや左寄りに飛んだ打球に三塁コーチの福元 海斗(2年)は本塁突入を指示。しかし、県立尼崎のセンター・昇 優也(3年)がバックホームするとツーバウンド送球は寸分たがわず本塁の真上に。捕手の鎌田 一成(3年)は一歩も動かず送球を受け、白石は悠々タッチアウト。

 県立尼崎は昨秋県大会に進出しており、選抜に出場した長田と接戦を演じている。チームとしての力は相手の方が上、そう認めていた尼崎稲園の内藤監督は5回、二死二塁のピンチでカウント2ボール2ストライクから県立尼崎の2番・上山 真央(2年)が2球続けてファールを打った場面で守備のタイムを取ったり、攻撃のタイムも3回全て使い切るなど手を尽くしたがあと一歩及ばず。終盤は互いに捕手がマウンドに上がるという珍しい試合は、攻守にわずかながら上回った県立尼崎に軍配が上がった。

 試合後、互いに粘りの野球で持ち味を発揮した展開に両監督は「よく踏ん張ってくれた。よくやってくれた」と口を揃えていた。公立校同士による地区大会の1回戦には、当然ながら超高校級のスラッガーも剛速球を投げ込む本格派投手もいない。その中でいかに自分達の野球をするか。甲子園では最もおもしろいと言われている準々決勝が行われていたその日に、同じく兵庫県内でこちらもまぎれもなく、“いかにも高校野球らしい試合”が行われていた。

(文=小中 翔太

県立尼崎vs尼崎稲園 | 高校野球ドットコム
注目記事
2016年度 春季高校野球大会特集

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.08

【春季東京都大会】錦城の左腕・宮地が2試合連続完封で都立片倉を下して4回戦進出

2024.04.08

【神奈川】夏のシードをかけた3回戦は13日、8会場で開催

2024.04.08

【愛知】9日に県大会抽選会、50チームの頂点はどのチームか

2024.04.09

高校日本代表・小倉全由監督が語る「世界大会連覇への秘策」! チーム構想、注目選手、木製バットの対応力は?

2024.04.08

【春季東京都大会】佼成学園が日大三から悲願の勝利!狩塚の決勝三塁打、左腕・熊谷が力投

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.03

【東京】帝京が12得点のコールド発進<春季都大会>

2024.04.05

U-18代表候補合宿に”新星”現れる!中学まで無名だった 高橋幸佑(北照)が圧巻のストレート「紅白戦は全部真っ直ぐで三振を狙います」

2024.04.03

【千葉】銚子商が1点差で初戦突破、東京学館浦安、佐倉も初戦を突破<春季大会予選>

2024.04.06

甲子園のアイドルと騒がれた元・超高校級左腕がプロで味わった蹉跌「ピッチャーとしての課題は…すべてだった」、クラブチームで再出発を決めたワケ

2024.04.02

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.03.11

立教大が卒業生の進路を発表!智弁和歌山出身のエースは三菱重工Eastへ、明石商出身のスラッガーは証券マンに!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?