試合レポート

八戸学院光星vs開星

2016.03.22

両先発の明と暗

八戸学院光星vs開星 | 高校野球ドットコム

タイムリーを放った益田敦成(八戸学院光星)

 事前データのない学校同士の戦いで興味津々で始まったゲーム、まず目を引いたのは開星の先発、吉川 貴大(3年)のストレートだった。1回裏、八戸学院光星の5番打者の3球目に投げたストレートが147キロ。その前にも145キロというのがあり、ストレートの速さではこの2日間でも群を抜いていた。

 しかし、本格派にありがちなコントロールの不安定さが吉川にもあった。1回裏は先頭打者をストレートの四球。この走者をバントで送られ、2死後に4番打者に2ボールから内野安打を打たれ早々と先制される。2回裏には先頭打者に1ボールからヒットを打たれ、2死後に8番打者に2ボールから右前打、9番打者に1ボールからタイムリー、さらに1番打者に3ボール1ストライクからタイムリーという具合に、いずれもボール先行の苦しいカウントからストライクを取りに行って甘いボールを痛打されている。

 ストレートが早くても、コントロールがなければ打たれる――この中学生でも知っている野球の常識をこれほど思い知らせるとは。私はピッチャーの価値はコントロールと変化球の質(キレ)のよさだと思っているが、変化球を際立たせるのはキレのいいストレートがあってのことで、ストレートの速さやキレのよさは投手にとって生命線と言ってもいい。

 しかし、それより大事なのはやはりコントロールであり、緩急や内外、高低の出し入れなのである。これほど速いボールを投げる投手は放って置かれないが、吉川にはなぜこれほど簡単に打たれたのか、投げたボールの1つ1つを思い出し、原因を探ってほしい。


 八戸学院光星の先発、櫻井 一樹(3年)は吉川とは対照的にストレートは最速138キロと速くはない(この138キロも1、2球しかなかった)。しかし、吉川の3奪三振にくらべて9奪三振を記録、わずか2失点で完投してしまった。投球数は吉川137球、櫻井140球とおなじようなものでも内容が違う。吉川は制球難がもたらした137球、櫻井はストレートが遅い分、配球で相手の裏をかき、決め球のスライダーをどこで使うか考えながらの投球で、自然と球数が増えていった。

 9奪三振のうち、スライダーで奪ったものは6個(チェンジアップ1、ストレート2)と圧倒的に多い。スライダーはカウント球では小さい横変化、勝負に行くときは大きい斜め変化とアクセントをつけ、これにチェンジアップ、カーブを交え、変化球だけで緩急をつけることができた。ストレートも120キロ台後半と最速138キロで強弱をつけ、±10キロで打者を翻弄した。

 吉川はストレートだけが突出し、変化球で主体となるスライダーにキレがなく、制球も安定していなかった。反対に櫻井はストレートを見せ球にスライダー、チェンジアップ、カーブを主体にしてカウントを整え、勝負球のスライダーで開星打線から三振とゴロアウトの山を築いた。ストレートは変化球を際立せる黒子的役割――主役はコントロールと変化球のキレという教訓を両投手は図らずも実証した。

 野手では八戸学院光星では2番・奥村 幸太(3年)と3番・田城 飛翔(3年)に注目した。奥村は2打数2安打1打点があるが、それよりも捕手としてイニング間の二塁送球でたびたび2秒前後のタイムを記録し、田城はノーヒットながら内野ゴロで一塁到達4.18秒(第1打席)を記録する全力疾走に目がいった。

 八戸学院光星は2回戦で明徳義塾を完膚なきまでに叩き潰した龍谷大平安が相手。強打と全力疾走を兼ね備えるこの強豪を倒すためには、初戦以上の全力プレーが望まれる。そのためにはチャンスメーカーの1、2番のさらなら全力疾走が必要になってくるだろう。

八戸学院光星vs開星 | 高校野球ドットコム
注目記事
第88回選抜高等学校野球大会 特設ページ

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【群馬】センバツVの健大高崎がコールド発進、前橋育英、明和県央も初戦突破<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード