試合レポート

明徳義塾vs新田

2010.10.31

明徳義塾vs新田 | 高校野球ドットコム

カットボールが切れていた尾松投手(明徳義塾)

「強い明徳」。大一番での完璧な勝利

「めちゃくちゃうれしい!」

これは東京・渋谷センター街路上で女子高生が発していた言葉ではない。試合後、香川・レクザムスタジアムのベンチ裏にて今年11月28日で55歳を迎える明徳義塾・馬淵史郎監督が連発していたフレーズだ。

とはいえ、指揮官を狂喜乱舞させるほどこの新田戦における明徳義塾は「完璧」であった。
まずは「1番から9番までシュミレーションして臨んだ」(馬淵監督)ディフェンス面。初回2死2塁でとりわけ警戒していた高校通算34発の4番・細川智裕(2年)との初対決に際しては、「尾松(義生・2年)は(2回戦の)寒川戦(2010年10月24日)で外角に浮いたボールを右打者に打たれていたので、それを逆手にとって内角で勝負した」杉原賢吾(1年)のリードにより内角スライダーで三振を奪い、強打新田の勢いをせき止めることに成功した。

そして「寒川戦後の1週間でマスターした」カットボールを随所に散りばめた尾松も、4回に5番・中川昌弘(2年)に対し、この試合唯一の失投から許し

たタイムリー3塁打などで献上した2失点を除けば、7回21アウトのうち外野フライすら5つしかない低めへのコントロールで「0」の数字と内野ゴロの山を築くことに。
これには馬淵監督も「試合ごとによくなっている」とご満悦であった。

一方、打線も制球が定まらない新田投手陣から2回裏の先制点となる連続押し出しを含む10四死球、全員出塁と抜群の選球眼でチャンスをつかむと、1点差に迫られた3回には尾松のスクイズ、4回には代打・梅田翼(2年)の2点タイムリーなどで毎回着実に加点。


明徳義塾vs新田 | 高校野球ドットコム

2回裏・打席に立つ北川倫太郎(明徳義塾)

特に「新田はサードと投手のフィールディングが悪いのでバントトレーニングをやった」(馬淵監督)成果を、無死1塁からの2番・今里征馬(1年)、3番・先田弦貴(2年)の連続サード前バントで無死満塁とし、梅田のタイムリーにつなげた一連の采配とそれに応えた選手たちの技量は正に「圧巻の域」といえるだろう。

これに対し、「ファーボールやエラーで浮き足立って攻撃にも影響した」(秋山和輝監督)と全く持ち味を出せぬまま終わった新田
となれば7回コールドという結末もしごく当然のことであった。

かくして3年ぶり10度目の秋季四国大会決勝進出を決めると共に、3年ぶり14度目のセンバツ出場へ大きく前進した明徳義塾
もし正式にセンバツ出場が決まれば、2002年夏の第84回大会全国優勝を含む2001年夏から2004年夏にかけて7季連続出場していた「黄金時代」以来の2季連続出場となる。

が、それ以上にチームにとってもターニングポイントであったこの大一番での完璧な勝利は、単に数字以上の価値を持つもの。

もし「明日も必死でいきたい」と名将も宣言した決勝戦も快勝で飾るようなことがあれば、かつて四国を、いや全国を席巻した「強い明徳」がいよいよ戻ってくることになりそうだ。

(文・撮影=寺下 友徳

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.24

【福島】田村、日大東北、只見、福島が初戦を突破<春季県大会支部予選>

2024.04.24

【佐賀】敬徳と有田工がNHK杯出場を決める<春季地区大会>

2024.04.24

東京国際大の新入生は、リーグ戦デビューの二松学舎大附の右腕、甲子園4強・神村学園捕手、仙台育英スラッガーら俊英ぞろい!

2024.04.24

【春季四国大会逸材紹介・香川編】高松商に「シン・浅野翔吾」が!尽誠学園は技巧派2年生右腕がチームの命運握る

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.23

【春季埼玉県大会】地区大会屈指の好カードは川口市立が浦和実を8回逆転で下し県大会へ!

2024.04.24

春の埼玉大会は「逸材のショーケース」!ドラフト上位候補に挙がる大型遊撃手を擁する花咲徳栄、タレント揃いの浦和学院など県大会に出場する逸材たち!【春季埼玉大会注目選手リスト】

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.23

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.23

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!