Column

10年夏の地区大会を振り返る  ~九州地区編~

2010.08.07

第17回 10年夏の地区大会を振り返る  ~九州地区編~   2010年08月06日

今年も九州は投手王国だった

10年夏の地区大会を振り返る  ~九州地区編~ | 高校野球ドットコム

今年の九州を象徴する投手・島袋(興南)

2007年夏の佐賀北以来、春夏のいずれかで甲子園を制している九州勢。
その要因として考えられるのは、昨春の清峰や今春の興南のように、各地にドラフト候補と目されるダイヤモンドの原石が散りばめられていること。
また、彼らを擁するチームが各県をリードすることで、その他のチームが彼らに追いつき追い越そうと努力や工夫を重ね、次第に驚異的な力を備えていくこと。さらに九州監督会などで、指導者レベルによる情報交換が積極的に行なわれていることも大きいだろう。

かくして近年の甲子園で対戦相手に一種の“恐怖”を与えている人材の宝庫には、今年も数多くの魅力的なスターが踊った。

とくに投手だ。検証甲子園でも紹介した田中太一(大分工)は明豊を破り見事に甲子園を決めたし、その田中に敗れはしたが山野恭介(明豊)も見事な復活を遂げた。佐賀では左腕の宮島勇二(多久)が1試合19奪三振を奪うなど猛威を奮い、同じ左腕の浜田智博(宮崎工)と比較されながら注目を集めていた坂元悠貴(延岡学園)が宮崎を制している。

今夏の甲子園に出場する2年生・森達也(西日本短大付)を筆頭に、福岡ではキレの良いストレートとチェンジアップを武器とする左腕が割拠した。坂田将人(祐誠)は春の九州大会佐賀北戦で演じた19奪三振が目立ちすぎて、三振のイメージばかりがひとり歩きしている感もあるが、ボールそのものは非常にクオリティが高い。

そして忘れてはならない沖縄の両雄、島袋洋奨(興南)に宮國椋丞(糸満)である。彼らはきっちりと決勝で顔を合わせ、完成度と素材とでぶつかり合ったのだ。島袋にいたっては、ここで列挙した好投手の中でもやはり群を抜く存在だった。彼は沖縄県民の悲願を成就するため、高校生活最後となる甲子園のマウンドへ向かうはずだ。

 

島袋を頂点に戴く投手王国、九州。向かった球場の先々で、これでもかと好投手が沸いて出てくる。
1、2年生にも好素材が多いため、この現象はさらに継続されていきそうな気配である。

(文=加来 慶祐


[:news_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード