試合レポート

明徳義塾vs室戸

2010.07.20

2010年07月20日 高知市営球場

明徳義塾vs室戸

2010年夏の大会 第92回高知大会 2回戦

一覧へ戻る


前田克樹(明徳義塾)

緊迫の投手戦を制したのは試合巧者・明徳義塾!

(試合経過)
室戸の2年生左腕・北川和矢は7回までに2安打11奪三振。明徳義塾の3年生右腕・前田克樹も7回2死までに北川同様に2安打を許すも、擁した打者はおつりなしの20人。共に非の打ち所のない素晴らしい投手戦が動いたのは8回裏であった。

1死からの連続四死球でチャンスをつかんだ明徳義塾は、その後2死2塁から5番・先田弦貴(2年)へ北川和矢が投じたチェンジアップが暴投となって先制点。そして先田もバッテリーの動揺を見逃さずセンターへはじき返すタイムリーでダメ押しとなる2点目。終わってみればシング・アンドリュー(3年)の強肩を活かしたライトゴロ2つなど「今年は守って勝つ」馬淵史郎監督の教えを体現した明徳義塾が、試合巧者ぶりを存分に発揮してベスト8へと駒を進めた。

(インサイドレポート)
「春に明徳義塾とやった練習試合では三振も取れたし、ピンチでも要所を抑えられたので、今日は最初から勝つイメージで持てる力を全部出そうとしました」。

「5回で2点しか取れなかったのでピッチャーがええのは、わかっていた」と敵将の馬淵史郎監督もその時から実力を認めていた室戸の2年生左腕、北川和矢。大会3日前に右足親指を骨折するアクシデントにも屈せず扇の要に座った正木勇貴(3年)との二人三脚で作り上げたこの日のピッチングは、凄みすら感じるものであった。

低めの直球はことごとくストライクゾーンギリギリに吸い込まれ、カーブ、スライダー、チェンジアップも切れ味鋭く低めへ。元気のなかった6月の高知県総体から一転、気迫を全面に押し出して向かってくる明徳義塾打線も、これでは1球でも球数を投げさせるくらいしか策を講ずることができなかった。

一方、明徳義塾のマウンドに「6番」を背負って立った前田克樹(3年)も、「昨秋や春と比べて自分の気持ちの整理ができるようになった」メンタル面での成長を、これまでになく走っていた直球の勢いだけに任せず打たせてとる投球術で体現。普段、今年の投手陣を「厳しい」と明言している名将をして「今日は低めにきていたから安心して見られた」という高評価を与えたことが、何よりも彼の好調を示している材料といってよいだろう。

となると最後の勝敗を分けるのは修羅場をくぐってきた経験である。「6月まではチームも全く打てなかったが、智弁和歌山との練習試合において、みんなで守ってリズムを作って1球に集中することで連勝できたことが、今につながっている」明徳義塾・前田に対し、「鍛えればもっとスピードも出るし、まだ自分のよさをわかっていない」(田中祥裕監督)室戸・北川。その差は表に無死1塁にあっても落ち着いて併殺で切り抜けた前田に対し、2死1・3塁を踏ん張りきれなかった8回の攻防で如実に表れた。

ただし、室戸・北川には幸いにもまだ1年間の高校野球生活が残されている。「自分以外は全員3年生がスタメンだった中で、エース番号を付けさせてもらった」感謝の思いは、今度は先輩たちが3年前の春に現実とした甲子園で晴らすしかない。事実、彼にはそのポテンシャルは十分あるのだから。

(文=寺下 友徳


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

【春季神奈川大会】東海大相模の198センチ左腕・藤田 琉生が公式戦初完封!

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード