試合レポート

須賀川vs福島高専

2010.07.11

2010年07月10日 白河グリーンスタジアム  

須賀川vs福島高専

2010年夏の大会 第92回福島大会 1回戦

一覧へ戻る


(須賀川)

足元を見つめなおして摑んだ勝利

須賀川が10-0で6回コールド勝ちした。
大量リードした場面でも犠打を絡めてくるなど、決して手を抜かず、全力でプレーし続けた須賀川。そこにはこんな理由があった。
 須賀川は昨秋の県大会で4強入りした。準決勝では

日大東北

に6-9で敗れ、3位決定戦では

東日大昌平

に0-5で敗戦。4位で東北大会出場は逃したが、チームにとっては大きな自信になった。まだまだ先の夏本番に向け、モチベーションを高めて一冬を越したことだろう。エースで4番の服部晃太(3年)は「みんな、冬も一生懸命、練習していました」と証言する。

 しかし――。春は県南地区の予選で敗れた。「秋、ベスト4に入って、春は県大会が絶対条件みたいな感じがあった。勝つことが当たり前だと、一人ひとりの気持ちにあって、(2回戦の)

修明

戦ではリードしている場面で安心してビッグイニングを作られて負けんたんです」と主将の関根悠記(3年)。服部は「春に負けて、すごく悩んだ」という。木村保監督は「迷いがあって、身構えてしまった。足元をすくわれました」と話した。

 何故、負けたのか。秋は何故、勝てたのか。ミーティングで話し合った。「秋に出来ていたことができなくなっていた」と関根は言い、服部は「秋にやっていたことを(冬は)誤魔化していた」と表現した。相手の目を見て挨拶をすることや校舎内外のゴミ拾いを新チーム発足時は意図的に、意識的に行っていたが、4強入りがという成績が邪心を生んだのだろう。「この程度でいいかなっていうのがあった。なんとなくやっていた感じ」と関根。できていたことが自然に出来るようになれば本物だが、できていたことに甘えが出たらそれは違う。「この程度でいいかな」が、春、結果として表れてしまった。県南地区予選の2回戦・

修明

戦ではリードしていながら「勝てる」という気の緩みにより7-14で敗北。敗者復活戦では

須賀川桐陽

に2-3で敗れ、県大会出場を逃した。

須賀川ナインは今、ゲームセットの瞬間まで、全力で戦い抜く。この日は初回に先制し、3回には打者10人の猛攻で6得点。4回には無死1、2塁で、犠打で走者を進め、2点を加えた。最終回となった6回にも無死1塁で犠打を決めた。ランナーは相手のスキを突いて三塁まで進み、犠飛で1点を奪った。気を緩めず、たとえ緩みそうになっても声掛けをする。この日も9点目を奪った後の守備で気が抜けそうになったそうだが、ベンチから「もう1回、締めていこう!」という声が発せられたそうだ。

 木村監督は試合後のミーティングで「いいスタート、最高のスタートを切れた」とナインを前に言った。報道陣には「ミーティングで、自分たちは力があるけど、弱い。何が弱いか、足元を見つめれば活路を見出せるんだと言ってきました。今日は先制点を取れたので、いい形で入れた」と語り、安堵の表情を浮かべた。
 中心にいたのは、エースで4番の服部。投げては

福島高専

を零封、打っては先制打を含む2打数2安打4打点。6回のみ、センターの守備に付いたが、最後は自分のところに飛んでいたライナーをキャッチしてゲームセット。「初戦を勝つことを目標にしてきた」と、秋4強のプライドはみじんもない。関根は「全力で戦った結果、こういう形で勝てたことは自信になるし、これからまだまだ試合があるので、もう1回気を引き締めなおしていきたい」と、次戦を見据えた。

「日頃の挨拶を大事にして、学校生活も他の生徒の模範になるように」(服部)。その意識があるだけで、結果が出るわけではない。結果を出したチームがすべてそうかといったら、そうでもない。だけど、そうした行動が、スキや気の緩みを減らすことにはつながる。
秋に「やらされていた」行動でベスト4まで駆け上がったチーム。春は、「なんとなく」の流した行動により、もがき苦しんだ。苦しみのトンネルを抜け、「自然とできる」ようになった今は、自信を持って全力で戦っている。

(文=高橋 昌江


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.22

【埼玉】花咲徳栄は伊奈学園と、昌平は正智深谷と初戦で対戦<春季県大会組み合わせ>

2024.04.22

【仙台六大学】東北高で4番を打った1年生・佐藤玲磨が決めた!東北工業大が“サヨナラ返し”

2024.04.22

【和歌山】智辯和歌山、田辺、和歌山東がベスト8入り<春季大会>

2024.04.22

【春季愛知県大会】日本福祉大附が4点差をはね返して中部大一に逆転勝ち、ベスト8に進出

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.16

【群馬】前橋が0封勝利、東農大二はコールド発進<春季大会>

2024.04.21

【神奈川春季大会】慶応義塾が快勝でベスト8入り! 敗れた川崎総合科学も創部初シード権獲得で実りのある春に

2024.04.17

【兵庫】20日にセンバツ準優勝の報徳学園が春初戦!夏の第1シード、第2シードも出揃う予定!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード