試合レポート

東海大相模vs茅ヶ崎西浜

2010.04.18

2010年04月18日 相模原球場

東海大相模vs茅ヶ崎西浜

2010年春季神奈川県大会 県大会 4回戦

一覧へ戻る

江川、完封! 東海大相模が茅ヶ崎西浜を下す。

 昨日の寒い気候から今日は春の陽気に恵まれた。選手にとってはプレーしやすく、観客にとっては観戦しやすい一日であった。相模原球場の1試合目は地元の東海大相模と、6点差を跳ね返す大逆転劇を演じた 茅ヶ崎西浜 の対決。今日は予定通り10時にプレーボールした。

 東海大相模の先発はエースの一二三慎太ではなく、右サイドハンドの江川恭介。江川はリズム良い投球で、三者凡退に切り抜ける。
 茅ヶ崎西浜 の先発は昨日に引き続き古村。強豪・東海大相模にどこまで投げることができるか。古村は1番の渡辺にヒットを打たれるが、3番田中をセンターフライ。4番佐々木を打ち取って無失点に切り抜ける。これで調子を良くしたのか。古村は強豪・東海大相模に臆することなく、ストレート、スライダー、カーブをテンポ良く投げ分けていく。5回まで無失点に抑える好投で、観客の目を引かせた。

 一方、江川は安定感抜群のピッチング。5回までわずか1安打で、二塁を踏ませない、素晴らしい投球だった。東海大相模は江川の好投に応えたいところ。
6回の裏、東海大相模はここまで好投をみせていた古村を捉える。先頭の田中がセンター前ヒットでノーアウトから出塁すると、ワンアウト二塁から5番染谷がライト超えのツーベース。田中がホームインし、先制する。ここまで粘り強く投げて古村と守っていた 茅ヶ崎西浜 ナイン。緊張の糸が切れたのか古村はテンポを悪くし、四球を許し、守りも2失策で、この回5点を献上する。試合の主導権を完全に握った東海大相模。7回にはノーアウト1,3塁から5番染谷がライト前タイムリーで1点を加え、そして今日好投の江川がセンターオーバーの当たりを打って、7点目。東海大相模は、5回まで苦しみながらも地力の差を見せつけ、順当に5回戦に進出した。
 勝った東海大相模は24日、 橘学苑相模原)と対戦する。

江川のクイック、フィールディング、ベースカバーは大学生クラス。

この試合、光ったのは江川の好投とプレースタイルだ。江川は右サイドハンドから投げる直球は130キロ前後。150キロ近い速球を投げる一二三と違って対照的な投手であるが、投手はスピードがなくても、キレとコントロールがあれば抑えられることを教えてくれる投手だ。ストレート、スライダーをコーナーのぎりぎりまで突く投球で、7回までわずか2安打。全く打たれる気配がしなかった。そして彼にはもう一つ素晴らしい長所がある。それはクイック、フィールディングだ。彼のクイックは1.1秒台とかなり速く、またフィールディングでは投げてからの動きが非常に速く、この試合は送りバントを封じて、またベースカバーのダッシュも抜群であった。また打球の反応も良く、投手返しのゴロを難なくアウトにしていた。速球、変化球を見ると、平凡な投手だ。しかし投球以外の技術は大学生クラスだ!

 

茅ヶ崎西浜が見習ってほしいのはまさにベースカバーやクイックといった細かい技術の部分である。古村のクイックは1.5秒台とかなり遅く、また一、二塁間の打球で、ファースト、セカンドの連携が取れず、カバーリングを怠るなど、修正すべきプレーも目立った。これは夏までの課題だ。

(文=高校野球情報.com編集部)


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.19

【島根】石見智翠館、三刀屋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.20

【香川】高松商が延長10回激戦制しサヨナラ勝ちで19年ぶり優勝<春季大会>

2024.04.20

「夏の甲子園2部制」に強豪校監督から歓迎の声!昨夏、大会初日に8時間現場待機した浦和学院「調整がしやすい」

2024.04.20

【千葉】拓大紅陵、市立船橋がコールド発進<春季県大会>

2024.04.19

【山口】下関国際、高川学園、宇部鴻城がコールド発進<春季大会>

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード