試合レポート

桐蔭学園vs日大藤沢

2010.04.16

2010年04月17日 俣野横浜薬科大学スタジアム

桐蔭学園vs日大藤沢

2010年春季神奈川県大会 県大会 3回戦

一覧へ戻る

2年生右腕藤岡 投打に渡る活躍で桐蔭学園4回戦進出!

今日は東京で降雪が観測され、前日の雨により開催が危ぶまれたが、時間を遅らして、試合を行った。俣野横浜薬科大学スタジアム(以下ヤクスタ)では強豪校同士の対決。関東大会出場の桐蔭学園と07年選抜出場経験のある 日大藤沢 の対決だ。試合は予定時間から1時間4分遅れて12時4分にプレーボール。

 日大藤沢 の先発後藤(背番号10)をつけたオーソドックスな右投手。ストレートは130キロそこそこだが、スライダーとチェンジアップを交えて打たせて取る投球が持ち味だ。桐蔭学園打線は後藤を攻め立てる。ワンアウトから2番安田がセンター前ヒット。ツーアウト二塁から4番渋谷がライト前ヒットで、1,3塁とチャンスを広げて、5番若林がライト前ヒットで桐蔭学園が先制する。

 対する桐蔭学園の先発内海(うちうみ 2年)は期待の大型左腕。だが、調子が芳しくないようで、1番石橋にセンター前ヒットを打たれると、2番篠原にはフォアボールを許して、ノーアウト1,2塁。バントで送ってワンアウト2,3塁となって4番島仲にはフォアボールでワンアウト満塁。5番三戸がライト超えのタイムリー。これでまず1点先制。だが、バッターランナーの三戸が飛び出し、挟まれる。挟殺プレーの間にもう一人ランナーがかえり、2点目。そして6番落合にセンターオーバーのツーベースを打たれて、この回3点目。 日大藤沢 が試合の主導権を握る。

 桐蔭学園の内海は2回には三者凡退に切り抜け、復調の兆しが見えたかとおもったが、3回に三者連続四球を与えてしまい、内海はここで降板する。内海に代わってマウンドに登ったのは2年生右腕藤岡。ワンアウト1,2塁(最初に四球をもらった打者が盗塁死によりワンアウト)から登板となった藤岡。藤岡は常時130キロ台後半のストレートに、切れのあるスライダーでこの回のピンチを切り抜ける。両投手が抑えて、0点行進。

 そして6回の表をむかえた。桐蔭学園の先頭はここまで1安打の渋谷。渋谷は甘く入ったチェンジアップをレフト線へ運ぶツーベース。5番若林もこの日2安打目となるセンター前ヒットでノーアウト1,3塁。6番加藤に代わって、代打の高橋が1点差に迫るレフト前タイムリー。そして犠牲フライにより同点に追いつく。藤岡の好リリーフとこの同点劇により、流れが桐蔭学園に傾きつつあった。そして8回。先頭の渋谷がフォアボールで出塁。ワンアウト1,2塁となって、7番に入っている藤岡がセンター前タイムリーで勝ち越し。そして8番岩崎がスクイズ。5対3と貴重な追加点を入れた。9回の表、1,3塁から相手バッテリーの隙をついて、ダブルスチールを敢行。ダブルスチールは成功し、6対3と貴重な追加点を入れる。

 そして9回の裏、桐蔭学園藤岡がレフトフライ、センターフライ、そして最後の打者を得意の速球で見逃し三振に打ち取り、ゲームセット。桐蔭学園は逆転勝ちで3回戦に進出した。
やや初回こそ硬さが見られた桐蔭学園ナインだが、自慢の粘り強さを発揮して、逆転勝ちした。逆転勝ちの流れを呼び込んだのは藤岡の好投だろう。最速140キロのストレートに、切れの良いスライダー、カーブ、チェンジアップで 日大藤沢 打線を完全に沈黙させた。

彼の好投によりリズムが生まれて、桐蔭学園らしい粘り強い攻めで同点に追いつくと、藤岡が勝ち越しのタイムリーを打った。まさに投打にわたる活躍で、勝利に貢献した。強豪 日大藤沢 に逆転勝利した上に、2年生藤岡の活躍。これで勢いに乗れるのではないだろうか。桐蔭学園は内海、藤岡、石垣と投手陣は充実しているだけに、勢いは一過性なものではなく、今大会通して続いていきそうだ。
桐蔭学園は日曜日、横須賀スタジアムで日大高と対戦する。

(文=高校野球情報.com編集部)


[:addclips]

[:report_ad]

この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.18

【神奈川】保土ヶ谷球場では慶應義塾、横浜が登場!東海大相模は桐蔭学園と対戦!<春季県大会4回戦組み合わせ>

2024.04.18

首都二部・明星大に帝京のリードオフマン、東海大菅生技巧派左腕などが入部!注目は184センチ102キロの大型スラッガー!

2024.04.18

強豪校を次々抑えて一躍プロ注目の存在に! 永見光太郎(東京)の将来性を分析する<高校野球ドットコム注目選手ファイル・ コム注>

2024.04.18

【山形】鶴岡東は村山産業と山形工の勝者と対戦<春季シード決定ブロック大会組み合わせ>

2024.04.18

【春季埼玉県大会】ニュースタイルに挑戦中の好投手・中村謙吾擁する熊谷商がコールド発進!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.15

四国IL・愛媛の羽野紀希が157キロを記録! 昨年は指名漏れを味わった右腕が急成長!

2024.04.17

仙台育英に”強気の”完投勝利したサウスポーに強力ライバル現る! 「心の緩みがあった」秋の悔しさでチーム内競争激化!【野球部訪問・東陵編②】

2024.04.15

【春季和歌山大会】日高が桐蔭に7回コールド勝ち!敗れた桐蔭にも期待の2年生右腕が現る

2024.04.16

【春季埼玉県大会】2回に一挙8得点!川口が浦和麗明をコールドで退けて県大会へ!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.14

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.03.23

【春季東京大会】予選突破48校が出そろう! 都大会初戦で國學院久我山と共栄学園など好カード