Interview

漫画家 寺嶋裕二先生

2008.09.23

第20回漫画家 寺嶋裕二先生2008年09月23日


今回の独占インタビューは週刊少年マガジン連載「ダイヤのA」の作者:寺嶋裕二先生です。

高校時代の事、進学の事から漫画の事と幅広くお話を伺いました。
ファンの方はもちろん、皆さん必見です!!!またインタビューの最後にプレゼント企画あり!!


高校時代の寺嶋先生はどんなプレイヤーだったのですか?

寺嶋先生(以下「寺」) 左利きだったので、高校2年の時まではファーストでしたが、3年からは外野手でセンターやライトを守って、5番を打っていましたね。練習試合とかでは投手もやってました。

このページのトップへ


高校3年間で印象に残っているエピソードは??

【取材こぼれ話】
野球部の成績は、高1の時の3年生が春の大会で準優勝したのが一番良かったですね。高2年の時が夏ベスト4で、高3は2回戦で負けましたね。僕らの時は尽誠が強かった!

寺嶋 まだどちらかというと根性出せっ!という時代だったので、他校で試合して負けた後など、監督から見て試合に集中していない奴は2試合目、出なくて良いから走って帰れと。気合が入っていなかったら、とにかく走れと言われていました(笑)。走らされていましたね〜。

一回、無制限で走れと全部員が言われたことがありました。ただ、もう駄目だと思ったところで列から抜けていっていいと言われ… 抜けたら抜けたで何が待っているのか(苦笑)。

今となっては、なんで抜けたのかと思いますが、3年生が1人、2人と抜けたんですよ。僕は当時1年生で、3年生が抜けるまで抜けられないなと思っていて、3年生が抜けたので、自分も抜けたんですよ。1年のくせに。

そしたら、その後は誰も抜けない!そしてそのまま、「良し終わり!」っとなり、ポツンと…

ほとんどの人は完走しているのに、僕は、無理、無理、無理って抜けちゃったんですよね。

――実際何時間ぐらい走られたのですか??

寺嶋 ん〜、たぶん、1時間くらいだと思います。練習の初めのランニングの時と同じく列になって走りました。バラバラじゃなくて。ず〜っと同じペースで走らされましたね。

――じゃ、離脱者はすぐに目立ちますね。

寺嶋 でも、なんか抜けちゃいましたね。てか、後から考えるとみんなが抜けない方が僕からするとびっくりしましたね。みんな気合い入ってるな〜って(笑)。

このページのトップへ



高校進学を決めた理由は??

寺嶋 高校は特に野球が目的で進学したわけではないです。小、中と野球はやっていたのですが、無駄にスパルタすぎて嫌でしたね。高校も最初はやる気は無かったのですが、中学の先輩に誘われ、春休みから練習に参加していました。

このページのトップへ


寺嶋先生が考える強豪校との差

寺嶋 そこまで強豪校ではなかったので1年生でも戦力として使われる事がありました。ところが強豪校は1年の時にはしっかりと体力作りをできる。僕らの高校はそれができないから意外と3年の時にみんな身体がボロボロになっている。本当にみんな、どっかしら痛めていました。

このページのトップへ


いつから漫画家を志望したのですか??

【取材こぼれ話】
2年の時は投手もやりましたが、練習試合しか投げていないんです。ストレートだけ。カーブが日によって曲がったり曲がらなかったり。だから大会は任せられなかったです(笑)。

寺嶋 進路を決める時に、漫画という選択がほんの少しだけありました。でも、描き方も分からなくて、画用紙だけ買ってきて、一枚だけ表紙描いた記憶がありますね。

――野球を続ける気持ちはあったのですか??

寺嶋 高校野球が終わった時は凄く充実感がありました。けど入部した時は先輩に連れて行かれた感があり、少しやらされていたところがあったんですね。次はやらされるのではなくて、自分で何かを探したい想いがありました。

また、大学も行く意味が分からなかった。でも漫画を描くとは言えなくて、ただ、なんとなく、行きたくなかった。で、親に相談したら「大学に行きたくない理由も分からないなら行って遊んでくればいいじゃない。」と言われ、「そういう考え方もあるんだ。」と思い進学しました。ただ、大学に通いながら卒業する時には漫画家になろうと思っていましたね。

高校の進路相談の時は、全く漫画の業界のことを分かっていませんでした。野球しかやってこなかったし、田舎だから漫画の専門学校があることも知らなかったですね。しかも進路相談の先生が野球部の部長。その人に漫画家になりたいとは…なんか言えないというか(笑)。

先生にしたら「なに言ってるの??」みたいな。野球をやっていた事がプラスに働いて、大学に行けたんじゃないの、みたいな感じだったので。なので当然、部長先生からは大学行って野球やると見られていましたね。実際、野球をやっていたというのは面接で有利ですよね。そういうのだけだと思うんですけど。だから面接の時に野球やりますって嘘つきました(笑)。
もちろん、野球部には入らなかったです。

――大学に通いながら徐々に方向性が決まってきたんですね。

寺嶋 全く高校時代とは間逆の事をやろうと思い軽音楽部に入ったんですよ。お前、足太いなとか言われながら。兄がバンドをしていて、僕は坊主でずっと野球だったので、兄を見ていいな〜って思って。実際は意外と体育会系のノリで、違うなと。ここでもタテ社会かよって(笑)。

――なるほど、だいたい高校球児を卒業して1年2年のOBは反動で髪の毛が凄い事になってますよね(笑)。

寺嶋 少しは高校時代に坊主だった事で溜まっていたものはあるとは思います。でもなんか軽音楽部に入って、なんか全然違うって気づけた意味では、入って良かったですね。1年ですぐ辞めましたけど。その後、1回だけもの凄く練習してライブやって、それで十分やり切ったというか、それ以上になれる気がまったくしなかったですからね。でもその時の何人かの友達と仲良くなって、で、そいつらが面白い考えをしていて例えばこの映画面白いよとか、そういう教えてくれたんですよ。そこがあったからなんか、漫画につながってきたのかなと思います。

――具体的にはいつぐらいから漫画家を志望していたのですか??

寺嶋 3年くらいの時には決めていましたね。
クローズっていう漫画が好きなんですけど、その漫画のおまけに俺はこうやって漫画家になったんだと言うことが書いてあったんですよ。「出版社に持っていけばよい」と。だからとりあえず、漫画を描いて出版社に送って帰ってくるということを繰り返しました。東京に行くつもりだったから就職活動は一切しなかった。それで周りに決意を見せていました。

――大学の友達なんて今の姿は想像できないんですね。

寺嶋 漫画家になるとは何人かには言いましたが、そいつら以外は知らないんじゃないんですかね。

このページのトップへ



何故、野球漫画を描こうと思ったのですか??

ダイヤのA誕生秘話

寺嶋 漫画家を目指してから『ダイヤのA』が出来るまでに、10年くらいあり、その間にいろいろ学んだ結果、意外と俺、何にもないなと思ったんですよ。最後の最後にお前、何が描けるんだって、(自分で)思った時に野球やってましたとしか残っていなかった。もうそれしか残ってないというのが正直なところですね。最後に残ったのが野球だったんですね。

このページのトップへ


強豪を描こうと思った理由

寺嶋 とりあえず新天地に単身乗り込む主人公が描きたかったんですよね。野球漫画はこれまでにも、たくさん作品があるし、この設定なら違いを出せるんじゃないかと。そこから野球留学、強豪校とつながっていきました。強豪校で野球をやってなかったので、自分の体験がどこまで通用するか分からなかったけど、お会いしたプロの選手から「分かる」と言われて、そこからは素直に自分を出せるようになりました。

このページのトップへ


選手のメンタルについて

【取材こぼれ話】
当時は目の前の練習をこなすのに精一杯でしたからね。野球の本とか全く読まなかったです。読めば、良かったなって思いますけどね(笑)。

沢村選手の話題から話は進み、メンタルについても語ってもらいました。

――沢村はメンタルが強いですよね。

寺嶋 やはり、中学の時にキャプテンだったというのが大きいです。勝ってはいないけど、チームをまとめていた人間はそれなりに精神的には強いなっていうのが僕にはあって、そういう感じになりました。

――他の青道の選手達もメンタルが強いですね。

寺嶋 あれは、ホント僕の憧れですよ。こうあってほしいなという。

――特に高校野球はメンタルから崩れる事がよくあります。

寺嶋 今はホントにメンタルトレーニングも練習の一つになっていますからね。それぐらい大事だと思います。ただ、そう思うのも10年以上たったからです。やっていた当時に、全部求められてもきつかったと思うんですよね。最近お話した監督さんもおしゃっていましたが、「理論とかは教えるけれども今できる事はしっかりやってもらわないと、困る。」と。頭でっかちになって動けなくなってしまう子もいるそうです。逆に情報を制限をしてやらないとパニックになるそうです。

――なるほど、情報を処理できなくなるのですね。

寺嶋 そうですね。そういう意味では僕は選手の目線から漫画を描いているというよりは指導者の目線から漫画を描いていますね。こう選手に教えたい、そして選手がこう応えてくれたら嬉しいんだろうな、というのを漫画にしています。

――なるほど、だから青道は強いんですね。

寺嶋 でもピンチは作りづらい(笑)。ピンチになったら勝手に選手達で解決してしまうので、監督もホントやることない。高校野球は監督次第という事を本当は分かっているんですけど。

――そうですね。

寺嶋 実際は選手のメンタルをどう持っていくのか、これは全部監督にかかっているのかなと思います。要所、要所で喝を入れる。やはり高校生は若いです。未熟な面をどうやって大人がカバーするか。

――特に御幸君とか、冷静に状況判断できますよね。我々も大会を何十試合も見ていて、いわゆる強豪校が負ける時はメンタルから崩れることが多いですよね。こんなはずじゃないという焦りから。

寺嶋 僕が2年の時にベスト4まで行ったんですけど、その時の一回戦が春の準優勝校。僕ら自身も「終わったな」って思ってました。監督も肩を壊したエースを先発に指名して華々しく散ろうと、ある意味、迷いが無かったですね。そしたら肩を壊したエースの遅〜〜い球を打てなくて、向こうが半分自滅してくれる形で勝っちゃったんですよ。だから僕はそういう事も体験としてあるので、気持ちというか、こういう波乱が起きるのは高校野球なら有り得ると思います。試合の後半とかで、「なんで打てないんだろう」という敵の打者の気持ちが分かってくるんですよ。イライラしているなと。こっちは押さえているから、「あれっ??いけるんじゃないの」とドンドン気持ちは盛り上がっています。気持ちが結構勝敗を左右するなというのが自分の中にはあり、それが漫画にも出ていますね。

このページのトップへ



ダイヤのAのリアリティ

寺嶋 基本は自分の憧れで描いてますけど、ちょっとしたところにリアリティがでればいいなと思っています。

――登場人物の数も非常に多いですが、1人ずつのキャラクター設定とかは??

寺嶋 どっちかというとバランス重視です。全員並んだ時にキャラがかぶらないようにと。あとは、なんでこんなことをやるんだって自分でも思うんですけど、例えば丹波が御幸を苦手だったり。こういうことをやると、漫画の制作上、めんどくさくなるというのは分かっているんですが、自分の野球部時代の経験で、派閥というのがあったことも知っているから、実はこんな感じだよっていう事で、それもチョットしたリアルという事で入れていますね。その後、動かしづらくなったとしても、逆にどう歩み寄るんだとかいうドラマも描けたりします。そういうのに気をつけて描いているうちに、自然とキャラクターが動き出すようになりますね。

――キャラクターごとのファンがついていますよね。

寺嶋 少ししか出てきていないキャラクターでも、そこからいろいろなことを連想してもらったりして…。本当に嬉しいです。

このページのトップへ


青道高校のモデルは?

【取材こぼれ話】
高校時代は、ウェートやチューブトレーング、アイシングなどの導入期なのでサポート体制もまだまだ。ウェートで肩が外れたりとか結構事故もありました。

――対戦高校のイメージとかはあるのですか??

寺嶋 ありますね。イメージがあると、迷った時に芯がぶれにくいからです。細かい部分は変わってきますけど、大元は決めていますね。 それと、漫画を読んでいる人がもしかして??って思ってくれるのも喜ばれるかなと思ってやっています。例えば、打撃のチームの薬師高校は常葉菊川をイメージしたり(笑)。

――ちなみに青道高校は??

寺嶋 今となっては無いですね。選手のキャラクターが動きすぎてこの高校と言えないですね。でもはたから見たら4人の投手がいて、リレーで勝っていく。そういうのを見たらあてはまる高校は多分あると思うんですけど(笑)。最近、高校野球を見ていて面白いと思う事が、なんかこれって自分の書いたあのチームに似ているなっというのがあって面白いです。今年の早実の1年生投手2人をみて青道の降谷と沢村を連想したり(笑)。

――ちまたでは埼玉栄という噂もあるのですが。

寺嶋 グラウンドの資料を取らせてもらいましたね。グラウンドは全くその通りです。しかしモデルでは無いですね。ユニホームのモデルは愛媛の済美です。ま、済美も打撃のチームだったのでチョットですが、最初はあのイメージでしたね。でも現在の青道はどこの高校とも似せていないですよ。

このページのトップへ


最後に高校球児にメッセージをお願いします。

寺嶋 僕は終わってから、あ〜やっておけば良かったと思った高校時代だったので、新チーム結成から残り1年、自分の出来る事を楽しんで欲しいなと思いますね。欲張りすぎるのもあれなんで出来ることをしっかり頑張って欲しいなと思います。

――ありがとうございました。

このページのトップへ


ダイヤのA × 高校野球情報.com プレゼント

今回、インタビューをご覧になっていただいた方の中から寺嶋先生のイラスト付き色紙を4名様に抽選でプレゼント。

ご興味がおありの方は「お名前」「ご住所」「ご連絡先」(電話番号か携帯番号)「E-mailアドレス」「ご希望のプレゼント」をご明記の上、こちら(info@hb-nippon.com) までご応募下さい。

※平成20年11月25日をもって応募を締め切らせて頂きます。
※当選は色紙の発送をもってかえさせて頂きます。

第2回寺島裕二先生インタビュー
寺嶋裕二先生インタビュー(2010/08/11)

このページのトップへ


この記事の執筆者: 高校野球ドットコム編集部

関連記事

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

RANKING

人気記事

2024.04.13

【春季埼玉県大会】久喜北陽が昨秋に続き接戦の末、獨協埼玉を下して初戦突破!

2024.04.13

山川vs.甲斐野の”因縁の対決”が実現! プライドを懸けた戦いは、甲斐野が見逃し三振を奪う!

2024.04.13

【埼玉】春日部共栄、川越西、川口などが県大会へ<春季県大会地区予選>

2024.04.13

【近畿学生】奈良学園大が開幕3連勝!期待の変則右腕が勝利に導く

2024.04.13

立命館大の新入生に愛工大名電エース、大阪桐蔭外野手、昨夏甲子園・立命館宇治主力らがそろう!

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.04.12

東大野球部の新入生に甲子園ベスト4左腕! 早実出身内野手は司法試験予備試験合格の秀才!

2024.04.10

【沖縄】エナジックが初優勝<春季大会の結果>

2024.04.09

慶大が全新入生を公開! 甲子園優勝メンバー14人、智辯和歌山・報徳学園からも有力選手獲得!

2024.04.12

【九州】エナジックは明豊と、春日は佐賀北と対戦<春季地区大会組み合わせ>

2024.04.09

【大学野球部24年度新入生一覧】甲子園のスター、ドラフト候補、プロを選ばなかった高校日本代表はどの大学に入った?

2024.03.17

【東京】帝京はコールド発進 東亜学園も44得点の快勝<春季都大会1次予選>

2024.04.05

早稲田大にU-18日本代表3名が加入! 仙台育英、日大三、山梨学院、早大学院の主力や元プロの子息も!

2024.04.02

【東京】日大三、堀越がコールド発進、駒大高はサヨナラ勝ち<春季都大会>

2024.04.02

【全国各地区春季大会組み合わせ一覧】新戦力が台頭するチームはどこだ!? 新基準バットの及ぼす影響は?