選手名鑑

田浦 文丸 (秀岳館)

応援メッセージを投稿する!
田浦 文丸

田浦 文丸18u2017

都道府県:
熊本
高校:
秀岳館
学年:
3年
ポジション:
投手
投打:
左/左
身長:
170cm
体重:
75kg
印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

寸評
 川端 健斗とともに4期連続甲子園出場を達成した左腕投手。夏までのイメージは打力も、走力も高い左腕というイメージだったが、この1年で、投手としての技術が上がり、本格派左腕という印象を植え付けた。
(投球内容)
 ストレートの球速は熊本大会で記録した最速148キロのストレート。だが、甲子園ではその面影が見られず、140キロ前半にとどまった。代表入りしてからの田浦は、甲子園よりも状態は良く、ストレートのスピードはそれほど変わりなくても明らかに回転数が違い、大学生相手にもしっかりと勝負ができるストレートとなっていた。まだまだ状態を高めることができそうなストレートだった。
 そして変化球は横滑りするスライダー、打者の手元で鋭く落ちるチェンジアップの2球種が中心。特にチェンジアップは打者の手元で減速して、一気に落ちるので、判別しにくく空振りが奪える変化球である。
 先発としても投球の幅が広い投手だが、短いイニングでも力むことなくベストストレートを投げることができる。なかなか器用な投球ができる投手だといえるだろう。
 爆発的なピッチングを見せた熊本大会のピッチングをぜひカナダで魅せてほしい投手だ。
(投球フォーム)
ワインドアップから始動し、右足を少し巻き込んで挙げていき、左足をバランス良く立つことができている。これによりその後の体重移動へとつながっていく。その後、一塁方向へ重心を下げていきながら、ヒップファーストの動きを取ることができているが、腰の回転は横回転気味で、一気に腰を回旋させて、その動きを腕の振りにも伝える投手だ。甲子園よりも、代表入りしてからが、その動きがうまくできており、テークバックでしっかりと胸を張ってから打者寄りでリリースできる体の使い方ができていた。川端と同じく田浦もようやく自分に合った体の使い方、メカニズムを覚え、体に秘めた潜在能力を発揮することができるようになっている。
将来の可能性
 下級生の時から見続けているが、投球も、投球フォームもだいぶ実戦的になり、それでいてストレートに力強さが加わり、超高校級左腕といえるほどの実力が身についた。十分に高卒プロを狙える実力を身に付けたといっていいだろう。
 タイプ的には田口 麗斗、大江 竜聖(ともに巨人)と似た左スリークォーターで、ものすごい速いわけではないけど、度胸があって、制球力が高くて、キレのあるストレートを投げて、実戦的。と呼ばれるような左腕へ成長するのではないだろうか。
 左腕不足にあえぐ球団からすれば、おすすめしたい左腕の1人である。
情報提供・文:2017.08.28 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
広陵vs秀岳館【第99回全国高等学校野球選手権大会】
秀岳館vs横浜【第99回全国高等学校野球選手権大会】
秀岳館vs早稲田実業【2017年 練習試合(交流試合)・春】
慶應義塾vs秀岳館【2017年 練習試合(交流試合)・春】
鹿児島実vs秀岳館【2017年春の大会 第140回九州地区高等学校野球大会】
秀岳館vs沖縄尚学【2017年春の大会 第140回九州地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs秀岳館【第89回選抜高等学校野球大会】
秀岳館vs健大高崎【第89回選抜高等学校野球大会】
秀岳館vs作新学院【第89回選抜高等学校野球大会】
秀岳館vs高田商【第89回選抜高等学校野球大会】
コメント (1)
チェンジアップ凄まじい。高校生離れしている本格派左腕。2017.09.06 どんでん田浦
田浦ファンになって早くも4年、成長が凄い。
キレキレの140中盤のストレートに打者のタイミングをずらされる田浦の魔球チェンジアップは高校生いや、社会人でもそう簡単に打てないと思う。
なんにしても田浦の下半身見ればわかるが高校生離れした馬力があるストレートは本当に魅力的。
是非とも皆さんにオススメしたい投手田浦文丸である。

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板