吉田凌(オリックス・東海大相模出身)がAWBで3安打完封勝利!

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.12.03

吉田凌(オリックス)写真は高校時代の吉田選手

吉田凌(オリックス・東海大相模出身)がAWBで3安打完封勝利!

 11月25日から開幕している2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)。来年、一軍での活躍を目指し、日々奮闘を続けている。

 12月2日、NPBウエスタン選抜はNPBイースタン選抜と対戦し、ウエスタン選抜の先発・吉田 凌(オリックス・東海大相模出身)が3安打完封勝利を挙げた。

速球のスピードは、常時135キロ~140キロと決して速くないが、高めに行かず、内外角へしっかりと投げ込み、120キロ台の縦スライダーを低めに集め、ゲームメイク。最後まで安定したピッチングを展開した。

 高校最後の夏に、小笠原 慎之介(現・中日ドラゴンズ)とともに甲子園優勝を経験。プロ入りして、2年目の今年はファームで、16試合を投げ、6勝5敗、防御率2.37と安定した数字を残し、一軍に昇格して、プロ初先発も経験した。来季、一軍での飛躍するために、このAWBはレベルアップするチャンス。何が足りないのかを確かめる場所でもある。

来季は春季キャンプからどれだけ首脳陣にアピールできるか。吉田にとっては1日1日も無駄にできない。今後も試合が続くが、さらに好投を重ねることができるか注目だ。

【関連記事】
東海大相模、横浜がともにコールド発進!【選手権南北神奈川大会・14日の結果】 【ニュース - 高校野球関連】
「それで大阪桐蔭に勝てるのか!!」智辯和歌山が燃やす、打倒・大阪桐蔭の闘志! 【ニュース - コラム】
第503回 智辯和歌山 打倒・大阪桐蔭を合言葉にした1年間 直接対決を制し夏の頂点へ【野球部訪問】
第93回 樟南と鹿児島実の2強時代から神村学園が台頭して新たな三すくみ状態に【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第86回 創成館の台頭で新時代到来となり、長崎日大、波佐見、佐世保実が追う【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
第710回 侍ジャパンU-18代表 一次候補30名を徹底考察!【野手編】【大会展望・総括コラム】
第86回 明徳義塾の一校独走を阻止すべく、高知と復活の兆しの土佐が食い下がれるか【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
常総学院vs東海大相模【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
東海大相模vs花咲徳栄【2018年春の大会 第70回春季関東大会】
桐光学園vs東海大相模【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会】
東海大相模vs横浜商大高【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会】
横浜vs湘南学院【神奈川県 2018年春の大会 神奈川県春季大会】
第646回 オリックス・バファローズ 山岡泰輔(瀬戸内高校出身)投手【後編】なかなか体重が増えなかったがFUを飲みだしたら7㎏増えた! 【2018年インタビュー】
第641回 オリックス・バファローズ・山岡泰輔(瀬戸内高校出身)投手【前編】なかなか体重が増えなかったがFUを飲みだしたら7㎏増えた! 【2018年インタビュー】
第625回 吉田 正尚選手(オリックス・バファローズ)後編「身体が小さくてもホームランは追求できる」 【2017年インタビュー】
第624回 吉田 正尚選手(オリックス・バファローズ)前編「自分で見つけたスイングが一番強い」 【2017年インタビュー】
第548回 森下翔太(東海大相模)「気持ちは熱く、頭は冷静に」 【2017年インタビュー】
吉田 凌(東海大相模) 【選手名鑑】
東海大相模 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【バトルスタディーズ】第19話
次の記事:
ケガをした選手を補助する
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る