吉田凌(オリックス・東海大相模出身)がAWBで3安打完封勝利!

印刷する この記事をYahoo!ブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加   
2017.12.03

吉田凌(オリックス)写真は高校時代の吉田選手

吉田凌(オリックス・東海大相模出身)がAWBで3安打完封勝利!

 11月25日から開幕している2017アジアウインターベースボールリーグ(AWB)。来年、一軍での活躍を目指し、日々奮闘を続けている。

 12月2日、NPBウエスタン選抜はNPBイースタン選抜と対戦し、ウエスタン選抜の先発・吉田 凌(オリックス・東海大相模出身)が3安打完封勝利を挙げた。

速球のスピードは、常時135キロ~140キロと決して速くないが、高めに行かず、内外角へしっかりと投げ込み、120キロ台の縦スライダーを低めに集め、ゲームメイク。最後まで安定したピッチングを展開した。

 高校最後の夏に、小笠原 慎之介(現・中日ドラゴンズ)とともに甲子園優勝を経験。プロ入りして、2年目の今年はファームで、16試合を投げ、6勝5敗、防御率2.37と安定した数字を残し、一軍に昇格して、プロ初先発も経験した。来季、一軍での飛躍するために、このAWBはレベルアップするチャンス。何が足りないのかを確かめる場所でもある。

来季は春季キャンプからどれだけ首脳陣にアピールできるか。吉田にとっては1日1日も無駄にできない。今後も試合が続くが、さらに好投を重ねることができるか注目だ。

【関連記事】
オリックス・佐藤世那(仙台育英出身)がサイドスローで2回パーフェクト 【ニュース - 高校野球関連】
第625回 吉田 正尚選手(オリックスバファローズ)後編「身体が小さくてもホームランは追求できる」 【2017年インタビュー】
吉田 正尚(敦賀気比ーオリックス)前編「自分で見つけたスイングが一番強い」 【ニュース - インタビュー】
第624回 吉田 正尚選手(オリックスバファローズ)前編「自分で見つけたスイングが一番強い」 【2017年インタビュー】
第135回 2017年のドラフトの指名選手の出身校で最も多いのはあの3チーム!【ドラフト特集】
中央学院vs東海大相模【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
東海大相模vs作新学院【2017年秋の大会 第70回(平成29年度)秋季関東地区高等学校野球大会】
第132回 どこよりも早いドラフト2018!ミレニアム世代ドラフトガイドブック(東日本編)【ドラフト特集】
第131回 ここ10年間の夏の甲子園優勝投手の現在地【ドラフト特集】
第602回 【関東大会展望】東海大相模、健大高崎、花咲徳栄など精鋭15チームが集結!初戦の見どころ、注目選手を徹底ガイド!【大会展望・総括コラム】
第113回 【小関順二のドラフト指名予想】オリックス・バファローズ編 「最もチームが必要とする補強ポイントは投手だ」【ドラフト特集】
東海大相模vs慶應義塾【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs桐光学園【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs磯子【神奈川県 2017年秋の大会 神奈川県秋季大会】
第548回 森下翔太(東海大相模)「気持ちは熱く、頭は冷静に」 【2017年インタビュー】
第448回 吉田 正尚選手(オリックス・バファローズ)「3パターンのスイングを使い分けることで幅広い打撃ができる」【後編】 【2016年インタビュー】
第447回 吉田 正尚選手(オリックス・バファローズ)「自分が持っているパワーを最大限伝えることができるか?」【前編】 【2016年インタビュー】
吉田 凌(東海大相模) 【選手名鑑】
東海大相模 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
2試合とも激しい一戦となった九州大会準々決勝2試合を徹底レポート!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る