藤田 琉生選手

藤田 琉生

球歴:

ポジション:投手

身長:193.0 cm

体重:75.0 kg

ボールスピード:137 km/h

学年:卒業

寸評

報徳学園のエース。ストレートは130キロ台だが、抜群の制球力とメンタルの強さで抑え込む投手。 報徳学園田村伊知郎が注目されたが、ベスト4入りができたのはこの男の快投があってこそだろう。 高卒プロでいくようなタイプではないが、大学での活躍が期待できるサウスポーだ。 (投球内容) 左スリークォーターから投げ込む直球は常時133キロ~136キロ(マックス138キロ)を計測。ストレートは130キロ台なものの、中々威力があるストレートを投げ込むことができている。変化球は115キロ前後のスライダー。右打者にとっては膝元に切れ込んでくるので、打ち返すのは難しく、左打者にとってもかなり逃げていく球筋なので、打ち返すのが難しいボールだ。ストレート、変化球ともに低めに集めることができており、追い込むほどストレートが走り、スライダーが決まるので、ドアスイング気味の打者では打ち崩せないスライダーだ。 攻め方は右打者に対しては外角中心にストレート、スライダーを投げ分けていき、追い込むと膝元にスライダーを投げ込んで三振を奪う投球。左打者に対しては両サイドにストレートを投げ分けて、追い込むとスライダーを投げ込んで空振りを奪う配球だ。彼の良さはスライダーのキレに頼らず、気持ちを入れてストレートを投げ込むことができること。それが彼の投球を支えている。しかしストレート・スライダーのコンビネーションで、それに変化をつけるような変化球は見当たらない。コンビネーションが乏しいので、終盤になってくると狙い球が絞りやすく痛打される傾向がある。本人は「投手は完投するもの」と投手としての矜持は持っている。それは素晴らしいし、ぜひこれからも貫いてほしいが、完投するにはただ気持ちだけで抑えられるものではない。上のステージではいかに引き出しを増やしていけるかが活躍の鍵となってくるだろう。 クイックタイムは1.25秒前後とまずまずのタイム。牽制はそれほど入れるタイプではなく、フィールディングも長けた投手ではない。この部分は鍛える必要はあるようだ。 (投球フォーム) セットポジションから入る。ゆったり右足を上げていき、二塁方向に足を送り込んでインステップ気味に踏み込んでいく。右腕のグラブを斜めに伸ばして引き込んでいくことによって開きを抑えていく。テークバックはコンパクトに取っていき、トップに入ったとき肘は頭の後ろにあるので、出所は見づらい。リリースポイントを見ていくと前で離すことができており、球持ちは良い。最後のフィニッシュも腕をしっかりと振りきり、体が流れることはなく、しっかりと受け止めることができている。土台の良いフォームをしており、肉体面の成長によって球速が伸びていくのではないだろうか。
更新日時:2010.08.31

将来の可能性

彼の良さはなんといってもハードな曲がりをするスライダー、キレのある直球、精神的な強さである。特に精神的な強さが彼の投球を支えており、ピンチを迎えるとストレートで押して打ち取る姿を見ると実に逞しい投手に見えた。課題はストレート・スライダーのコンビネーションによる幅の狭い投球スタイル。しかし今後は引き出しを確実に増やしていけるタイプだと思うし、投球フォームの土台も良いので、肉体的な成長によってストレートの球速も伸びていく素地はある。ストレートが速くなっても、次のステージでは打ち難さを活かした実戦派投手として極めていくことになるだろう。ぜひ大学・社会人でブレイクしてほしい投手である。
更新日時:2010.08.31

1 Comment

  1. 小島雄大

    2024-07-09 at 9:56 AM

    美味しいよね

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です