中村 光琉選手 (クラーク記念国際)

中村 光琉

球歴:クラーク記念国際

都道府県:北海道

ポジション:外野手

投打:右 / 左

学年:卒業

優勝に導いた適時打を含むチームトップの5割打者

 パンチ力なら誰にも負けない。そんな気迫が感じられた。秋季北海道地区大会の決勝で、延長戦の末に勝利して優勝を決めたクラーク記念国際の5番打者・中村 光琉外野手(2年)。延長10回、勝利を決定づけるダメ押しの適時打で、その実力を証明してみせた。  バントの構えのように構え、バスター気味にたたいた打球が軽々と右翼頭上を越えて二塁打に。まさに上からバットをたたいたような打撃でチームを優勝に導いた。  昨年秋からベンチ入り。北海道を制して22年のセンバツもベンチメンバーに選ばれた。試合には出場しなかったが背番号11で初戦敗退の悔しさを味わい、今年の秋の北海道2連覇の原動力とした。  チームの中心は新岡 歩輝投手(2年)と麻原 草太捕手(2年)のバッテリー。打線でも3、4番を務めるが、中村はその後を任せられている。勝負を避けられても、2人が打てなくても、中村がしっかりカバーしてきた。  勝負強さとパンチ力を武器に、秋季北海道大会ではチームトップの打率.538をマークした。準決勝、決勝の2試合では8打数5安打3打点。打撃急上昇中の中村が、初の全国舞台、明治神宮大会で大暴れを狙う。
更新日時:2022.11.16

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です