菅原 秀選手 (福井工大福井)

菅原 秀

都道府県:福井

球歴:福井工大福井

ポジション:投手

投打:右 / 左

身長:182.0 cm

体重:75.0 kg

寸評

最速148キロを誇る剛腕エース。第94回の開幕戦を飾る素晴らしい快投を見せた。140キロ台の速球、2種類のカーブをコンビネーションで勝負する本格派右腕だ。 (投球内容) ストレート 148キロ 常時140キロ~144キロ カーブ
120キロ前後 ナックルカーブ 120キロ前後 速球は常時140キロ~145キロ前後を計測しており、馬力の大きさは今大会出場投手の中でも屈指。ドラフト候補レベルのポテンシャルの大きさは備えているだろう。 そして彼の武器はなんといってもナックルカーブ。リリース寸前に指を立てて弾くようなリリース。打者の手元で浮き上がるように錯覚させ、不規則に変化する球筋で、簡単にミートすることは出来ない。何より素晴らしいのはこのナックルカーブをコントロールできていること。三振の主な球種はこのナックルカーブだ。 他には普通のカーブ、スライダー、フォークと球種自体は多彩であり、一つ一つの球の精度は抜群であり、福井大会では34イニングを投げて44奪三振。開幕戦でも10奪三振と、三振が奪える投手である。その半面、34イニングを投げて20四死球。一試合で5四死球出す計算であり、試合中に突然荒れるのは十分考えられる。
実際の試合ではコントロールを大きく乱す時があり、乱れ始めた時はリリースポイントが一定にならず、四球を連発してしまう。リリースポイントは試合中には修正出来ず、秋田商戦のように、待球作戦をされると8四死球出してしまう。良い面と悪い面が実にはっきりした投手なのだ。 (投球フォーム)
ワインドアップから勢いよく足を上げて、捻りを入れる。少しずつ重心を下げていきながら、前足をショート方向へ伸ばしていきながら、重心を下げて着地する。軸足はしっかりと折り曲げているが、前膝の送りはあまり良くないので、上半身が強いフォームになる。グラブの開きはやや早いが、恐らく上半身を鋭く回旋させる狙いであろう。 テークバックはやや右肩を下げている。しっかりと胸を張っているが、肩肘への負担をかけやすく、今は故障をしていないが、マウンドの傾斜を上手く使って、縦回転で放ることが出来ているからであろう。マウンドの感覚が合わず、制球を乱れる事が続くと、故障の心配があるので、気を付けてほしい。タフネスなように見えるが、故障のリスクは否めない投手だ。 上半身を鋭く回旋させる形が出来ているので、強い腕の振りを実現することが出来ているのだろう。この強い腕の振りと彼の指の力の強さで魔球・ナックルカーブを生み出す事が出来ているのだろう。
更新日時: 2012.08.16

応援メッセージを投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です