選手名鑑

多和田 真三郎 (中部商)

応援メッセージを投稿する!
多和田 真三郎

多和田 真三郎pro2011

都道府県:
沖縄
高校:
中部商
学年:
2012年卒
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
180cm
体重:
65kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評
 2011年の沖縄球界において、最も総合力の高い投手、それがこの 多和田 真三郎 ではないのだろうか。惜しくも甲子園行きは逃したが、ぜひ全国の舞台で投げて欲しかったと思わせてくれる好投手だった。

(投球内容)

 重心を深く沈めたスリークオーター。低めやコースを丹念に突いて来る、粘っこい投球が身上。ストレートの球速は、常時130~130キロ台中盤ぐらい。好調時には、140キロ台を記録することもあるが、けして球威・球速で押すタイプではない。変化球は、シンカーを多投し、その他にカーブやスライダーなどの球種を織り交ぜて来る。

 じっくり「間」を取って投げ込んで来るので、ランナーもなかなかスタートを切りにくい。牽制や目配せもしっかり行い、ランナーの進塁を防いでいる。クィックは、1.15~1.30秒くらいと、ほぼ基準レベル。パッと危険を感じるとマウンドを外したりする危険を感じ取る嗅覚を持ち、抜群の制球力も加味するなど、高校生としては極めて高い総合力を持つ。特にピンポイントで、コーナー一杯に決められる制球力は、高校生離れしている。

(投球フォーム)

 お尻をしっかり一塁側に落とせるので、見分けの難しいカーブや縦に鋭く落ちるフォークのような球種を覚え、ピッチングの幅を広げて行くことが期待できる。更に着地までの「間」を作れており、打者からはタイミングが図りにくい。ただこういった球を投げ込むには、今のスリークオーターの腕の振りでは厳しいだろう。

 グラブを最後まで内に抱えることができ、両サイドへの制球に優れる。膝小僧に土が着いてしまうほど、深い重心の沈み込みを魅せ、低めにボールを集める粘っこい投球も可能。指先の感覚にも優れ、両コーナーや低めにボールを集めることができるのだ。すでにそのコントロールは、社会人級だと言えるであろう。腕の振りにも無理はなく、そのため負担が少ないために、タフな投球も可能性にするのだろう。

 「着地」までの粘りがあるので、体の「開き」も早くない。腕も鋭く振れているが、前への「体重移動」はもう一つ。これは、大きく前へステップさせることで、踏み込んだ足と軸足の間にお尻が落ち、「体重移動」を阻害しているからだと考えられる。もう少し上手く「体重移動」が出来るようだと、ウエートの乗った力強いボールが、手元まで伸びて来そうだ。
将来の可能性
 まずは、大学や社会人などに進んで、確かな実績を積み重ねて欲しいと思います。投球の基礎がしっかりしているので、あとは球威・球速をいかに磨いて行けるのか。またその時に、今の投球を損なわないように、パワーアップできるのかがポイント。

 ぜひ高校時代には叶わなかった大学選手権や都市対抗など、全国の舞台を目指して欲しい。ぜひ今後も、その成長を見守って行きたい。そう思わせてくれる、将来楽しみな好投手でした。
情報提供・文:2011.07.26 蔵建て男
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
八重山vs中部商【沖縄県 2011年春の大会 春季沖縄大会】
興南vs中部商【沖縄県 2010年秋の大会 秋季沖縄県大会】

コメントを投稿する

千葉県地域応援スポンサー

千葉県の地域スポンサー様を募集しております。

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板