高校野球ドットコム

進藤 天
プロ志望届提出者リスト

進藤 天(山梨学院)

都道府県:
高校:
学年:
2 年
ポジション:
遊撃手
投打:
右/右
身長:
172 cm
体重:
72 kg
データ最終更新日:2022年11月2日

関連選手

プロ志望届提出選手

チームメイト(高校)

その他の関連選手

まるで坂本勇人のような大型遊撃手

 今年の山梨学院(山梨)を攻守で支える選手がいる。背番号6の2番打者・進藤 天内野手(2年)。秋季関東大会決勝では1発を含む3安打でチームの優勝に大きく貢献した。千葉の好投手として呼び声高かった専大松戸平野 大地投手(2年)からも、左翼芝生席へのソロを放ってみせた。

 1年秋から遊撃手のレギュラーを獲得。昨年の秋季関東大会から2番遊撃手として打率.357をマークするなど活躍していた。今年のセンバツこそ8番で無安打に終わったが、春季大会から再び2番に戻り、この秋の関東大会では打率4割をマーク。大事な準決勝、決勝の2試合では9打数5安打と大当たりだった。

 打席での構えはごく普通だが、トップを作った際のシルエットが、巨人・坂本 勇人内野手(光星学院出身)にそっくり。グリップの位置が高く、左足を上げる仕草が似ている。決勝戦の3安打は、1本目が内角への、ややシュート気味の直球をおっつけるように中前へ運び、2本目は外角ギリギリのスライダーを逆らわずに右前へ。そして3本目は、平野の真ん中に入ってきた甘いスライダーを見逃さず、左翼ポール際へソロを放って見せた。初球に大きなカーブを見せられた後の2球目のスライダーでも自分の打撃を崩されることなくスイングできていた。流行のフルスイングではなく、コンパクトに鋭く振るイメージだが、そのインパクトが強いのか、飛距離を稼げている。

 守備では、1年生からレギュラーを奪っただけあって、安定感は抜群。大柄ながらフットワークも機敏で、バウンドの合わせ方、握り替え、スローイングと流れるように処理している。

 兄・進藤 中さんは袋井(静岡)の捕手として活躍。3年時には主将を務め、夏の静岡県大会で準優勝している。

 時間がたてば自然と長打力も身につきそうで、将来性は高いとみる。明治神宮大会の舞台でどこまで羽ばたけるか注目したい。

情報提供:2022.11.15
  • 2022 年 11 月

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

関連記事

選手検索

名前
高校
都道府県
学年
ポジション
投打

RANKING 人気記事